2005年08月30日

シンデレラ・マン Cinderella Man見てまいりました。

シンデレラマンの試写会に行ってきました。

前評判が高い映画なのですが、劇的な盛り上がりやはらはらどきどきシーンで勝負ではなくて(そういうシーンもありますが)、激動の時代に揉まれる庶民たちの生活が切々と歌われていて、感動しました。
親の視点で描かれているので、若い人より、ある程度年取った人のほうが実感が涌くでしょう。

第2次世界大戦の前の不況にあえぐアメリカの実情も分かり、興味深かったデス。

まあ、ストーリーに一ひねり欲しいかなという気もしましたが、実話をベースにしている話なので、ラストがある程度読めてしまうのも仕方ないですかね。


チラシに書いてある「家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にか、”アメリカの希望”になっていた・・・・――――これはそんな父親の物語です」というのがそのままやんけ!というストーリー展開。

ま、個人的にはこういう耐乏物語は結構好きだったりします。大草原シリーズでも「長い冬」が一番すきです。


ラッセル・クロウ痩せた!というのが第一印象。マスター&コマンダーのときの面影はなく、貧乏で苦労続きのボクサーという感じが外観からもにじみ出ておりました。今まで見たこの人の作品の中でも一番痩せていた気がします。

しかしこの人、本当に作品に恵まれてます。いや、演技力があるからこそなんでしょうが、今回も誠実な男の役を好演。

夜中に「電話がつながらね〜〜!!」と切れて、人に電話機を投げつけて警察に捕まる人とは思えません。


Renee Zellwegerが良かった! 
この人ってどんな役をやってもめちゃくちゃ可愛いと思うのですが、今回は「こんな奥さんがいたら夫は必死で家族を守るだろうなあ」と思わせるかわいらしさ。
日ごろの自分を振り返って反省しました。

ところでRenee Zellweger、今まで日本では「レニー・ゼルウィガー」って書いてましたよね。
でもこの映画からは「レネー・ゼルウィガー」って書かれてます。
まあ、「レネイ」が一番本当に近い発音かな、と思いますけれど、固有名詞のカタカナ書きには泣かされることが多いので、こうして正しい発音に近い表記になるのはいいことですね。これで統一されるのかしら。



以下、ネタばれあります。ご注意〜〜〜〜〜〜〜****



息子がサラミソーセージを盗むシーンからのエピソードがしみじみしました。ラッセルが抱き寄せる息子の体がか細くて、父親の切ない心がひしひしと感じられます。

最初のリッチな家からド〜〜ンと落ちぶれて半地下のアパート生活。絶望的状況で必死に子供を守ろうとする親。この子役がまた可愛かった! 年がたっても成長しないのはご愛嬌。階段の下に隠れてラジオを聴くシーンも可愛い!

ボクシングのシーンはひたすら痛くて、「ああ早送りしたい」と思っていたけれど、見終わってみると、もう一回お金を払ってみてもいいな〜と思わせる秀作だと思いました。

 
posted by jester at 07:21| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

ロード・オブ・ザ・リングス 一人芝居

Charles Rossというカナダのコメディアンの一人芝居のビデオクリップをお友達に教えてもらいました。(ARちゃん、読んでないと思うけれど、ありがとう〜)

めちゃくちゃ笑えました! ネットで見られるのは4分少々のクリップなんですが、ガン爺とビルボの会話がおかしすぎ〜〜〜
ああ、もっと先が見たい。ストライダーが出る所を見せてくれ〜〜

ビデオクリップはこちらからvideoをクリックして、one man Lord of the Ring をクリックで見られます。

ロード・オブ・ザ・リングの台詞とか演技を暗記しちゃうほど憶えている人なら爆笑間違いなし。
あまりよく憶えてない人は第一作の最初の部分をちょっと復習してから見るともっと笑えます。しかし全然見たことがない人は、まったく分からないかも。

ちなみにSWのファンの方はSWバージョンも笑えますよ〜〜(画像はSW用らしいです)

2005年08月13日

しかしこの髪型は・・・・

♪長い髪が好きだとあなた〜〜♪
♪前に〜〜誰かに〜〜話したでしょ〜〜♪

などとわけの分からない古い歌を歌いたくなる心境デス。(しかも意味が違うし)

Viggoには長い髪が似合うと思うんですけど、最近はオフになるとばっさり板前さんのように短くしてしまうのね。

きっと長い髪がうっとおしいんだろうなあ。暑苦しいんだろうなあ。それは分かるけれど・・・・。
この写真を周りの人に見せても、ロード・オブ・ザ・リングでアラゴルンをやった人だと分かる人が何人いるだろう・・・・。

Entertainment Weekly にのった写真デス。
大きい判はこちらで見られます。

記事も結構面白いデス。今までも何回も書かれてきたことも含んでますけれど、なにせ「Welcome to the eccentric world of Viggo Mortensen」 ですから。

HoVで子役の女の子が使うはずだった12インチもある鱒の魚のおもちゃをお守り替わりにいっつも体のどこかに隠して撮影に望んでいた、とか。
どこに隠したの?? ズボンの後ろポケット、ブーツの中、バックの中・・・・

それからヴィゴは同じ映画は2度みないようにしてるそうです。全部見てたら一生見てても時間が足りないから。
そんで、ただひとつの例外、毎日でもいつでも見たい映画がHappy Gilmore

どんな映画なのか、検索してみました。
1996年につくられ、主演はAdam Sandler。
日本では公開されなかったけれど、VTRは出ている模様。
副題が「俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル」・・・・
いったいどんな映画なのでしょうか・・・・コメディらしいですが・・・・

それからスペインで撮影の「Teresa」の出演は断ったそうです。(トンスラはなしだ!)
Viggoは息子のHenry君がハイスクール最後の年になるので、なるべく一緒にすごしてあげたいのだそうです。
Pals relationship(友達みたいな関係)な二人ですが、ほんとにいい父ちゃんだなあ・・・・


でもこの髪型は、これはこれで素敵ですだ。
写真が見られるなら文句は言いません・・。はい。
この雑誌、絶対欲しい〜〜
なんとしても手に入れます!

いつものViggo Worksさんから拾ってきました。
posted by jester at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

Voldemortはこのお人

ハリーポッターの『ゴブレット』でVoldemortが登場! で、俳優は誰かというと、レイフ・ファインズですって〜〜(友達に教えてもらいました)

むむむ、この人、「シンドラーのリスト」や「レッド・ドラゴン」なんかで悪役でをやったお方ですね〜〜
悪の権化、Voldemortを見事演じ切れますかどうか、スッゴク楽しみです!
posted by jester at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

イライジャ・ウッドの新作(ちょっとネタばれあります)

イライジャ・ウッドが主演した新作、Everything is Illuminatedのトレーラーが見られるようになりました。
こちらから右クリックして保存してからご覧くださいませ。

コミカルに始まるけれど、中にはホロコーストの重いシーンも。しっとりした音楽や美しい画面とあいまって、良質の映画をみられそうな期待が高まります。

しかしなあ。イライジャの美貌をなんだと思っておるんかのお。
この髪型・・・・。このめがね・・・・。ハリポタのProfessor Trelawneyかと思ったがね・・・・。ぐりぐりおめめがさらに強調されてる〜〜

充分売りになる美貌とつるつるのお肌があるというのに、外観で勝負より演技で勝負を選んでいるところがイライジャらしいといえばらしいです。フロドのイメージから離れようと必死なのかなあ。頑張れイライジャ!!

こういう格好をするとさらにトビー・マグワイアに似てます。イライジャが来日したときに「英語でしゃべらないと」で自分でも言ってましたね。

とにかく楽しみに待つ映画がまた増えて嬉しいな〜!!
posted by jester at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | acter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。