2005年09月30日

デヴィッドさん、ジェリーと共演!?

9月28日に書いたショーンのシャープの記事にコメントを付けてくださったemilyさんが「デヴィット・ウェナム(ロードでファラミアの役をやった方です)さんがジェラルド・バトラーさんと共演」というお話をしてくださったので、大慌てで調べてきました。
(emilyさん、教えてくださってありがとうございました)

友達(DDさん、読んでないと思うけど、ありがとうございます)に聞いたり、ネットで調べたりした結果、この話の大元は こちら のサイトで、Ring*Conをデヴィッドさんがドタキャンしたという記事から発しているようです。

9月26日に「Cancellation David Wenham」と題して載っている中に、Ring*Conをドタキャンした理由について、

I have now spoken with David Wenham in Montreal, and despite his best efforts and ours, he will not be able to attend RINGCON in Bonn in October. David is personally devastated that he can't be there to meet with all his fans, and keenly shares the disappointment in not being able to attend. It is extremely, unfortunate that due to the intense physical preparation and training for his role in "300" that he is unable to travel to Bonn.

とあります。

「いま、モントリオールにいるデヴィッドと話したのですが、彼と私たちの必死の努力にもかかわらず、彼はBonnで10月に行われるRINGCONに出演することはできないでしょう。・・・・・中略・・・・これはとてもアンラッキーだけれど、彼が”300”でやる役のための激しい肉体的準備とトレーニングのために、彼はBonnに来ることができなくなってしまったのです。」

わお!「300」ですね!! コスチュームものですか!!!
3$に引き続き、3に縁のあるデヴィッドさん。

ImDbなどでこの映画の情報を見ても、今のところ、デヴィッドさんが出るとは書いてないのですが、これが本当になったら嬉しいです!


ところでこのドタキャンでこの記事を書いた人は相当怒っているようデス。
だって、サインのためのクーポンとかも売っちゃってた後だったので、それの払い戻しもしなくちゃいけないし。
で、

OR, you can exchange that money for our replacement guest (if we find one in time).

「そのクーポンに払ったお金を、代わりに呼ぶゲストに使うこともできます。
(もし私たちが代わりのゲストをちょうど時間に間に合って見つけられたら・・・)」  

う〜〜ん、現場のどたばたが分かるようだわ。
かわいそうに・・・・・。
posted by jester at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | デビッド・ウエナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

ドア・イン・ザ・フロアの試写会に行ってきました。

DOOR IN THE FLOOR の試写会をみてまいりました。

もともとジョン・アービングの  原作、A Widow for One Year  ( 和訳は未亡人の一年 (上) 未亡人の一年 (下)  )を読んで、おもしろくて結構好きだったので、どう映画にするのか大変興味があったのです。(まあよくわからなかった部分が映画を見たら分かるかもというのもあり・・・・)
ジョン・アーヴィングが1ドルで映画化権をうったという話も有名ですし。

(ちなみにこの作品は、彼の作品の中では比較的読みやすい英語だとおもいます。アメリカの現代文学に挑戦してみたい方には入門としていいかもしれません。映画に使われているのは本の1部分ですが) 


さて、ヘラルドさんはこの映画を「大人の愛」を描いたと宣伝していますが、私は 「喪失感とそこからの出発」 がテーマなんじゃないかなと思います。
いや、大文字にするほどのことじゃないんですけれど。ヘラルドさんの広告の仕方はいつも巧くないな・・・なんかはずしてるな・・・と思うので・・・・。


深緑、ベージュ、くすんだ青、そして若葉色・・・と、アースカラーが美しい静かな海辺の街。
海を臨んで建つ瀟洒なコテージを舞台に、人間模様が展開されます。

「海辺の家」などとちがって、「泣かせてやろう」という意図はなく、ただ淡々と、心に傷を負った男と女が、そこからどうやって生きていくのかが描かれています。


キム・ベイシンガーはアメリカで最も美しく年をとることに成功した女優といわれるそうですが、うなずけます。悲しみから何とか立ち直ろうとしながらも、どうしても立ち直れないうつろな表情がとてもうまい。
彫刻のように無表情で、夕暮れのようにはかなげで、成熟した美しさがあります。

対する夫役のジェフ・ブリッジスは シービスケット のときよりずっと色っぽくて(いい脱ぎっぷり!)、浮気性だけど暖かいといった役柄です。

それと、エル・ファニングちゃんを初めておねえちゃんのダコタの子供時代の役(アイアムサムとかTakenとか)じゃなくて、本人の役(?)として認識しました。とはいえ、お姉ちゃんそっくり。特に悲鳴まで(そう、「宇宙戦争」のときの・・・・)そっくりデス。

 
    以下、ネタばれあります。


もともとエキセントリックなところがある美しい妻と、作家で自分もエキセントリックな夫。
この夫婦が突然の事故と家族の死亡という傷を癒そうとしてもがき苦しむ。

映画は事故から数年たった後のこの1家に、作家志望の少年が助手として住み込むところから始まります。(詳しいあらすじは公式サイト こちら 
そして少年は妻・マリアンに惹かれていく・・・

SEXって女にとって、快楽の対象ではなくて自虐の手段になることがあるのですよね。ラストまで見てから、マリアンの表情を思い出すと、切ないです。
女は悲しみを感じる脳の部分が男より大きいそうですが、マリアンの癒されない悲しみは私にも伝わります。

夫のテッドは自分なりに妻を何とか立ち直らせようとしますが、どうしても彼では癒せない傷があります。テッドも傷を負っていますが、マリアンの傷とはまったく異なる傷で、彼は充分立ち直っています。
男と女の間には深くて暗い川があるんですね・・・。


人間は愛するということを知ったために、その愛を喪失したとき、深く傷つく。
その心の傷は肉体の存続を危うくするほど深い。

何で人間は愛するのでしょうね? 
愛すれば縛られるのに。
それでも愛さないと生きていけない。

お釈迦様(?)の「色即是空、空即是色」の悟りを開くことは凡人にはむずかしいです。


時が悲しみを癒すとしても、一生癒されない傷もあると思います。
そんな悲しみを背負わなければならなくなったとき、人は自分の存在をのろうのでしょう。

人間の存在って、本質は悲しいなあ・・・なんてまた思ってしまったjesterでした。



秋の季節にふさわしい、味わい深い映画でした。

でも、今まで映画化されたジョン・アーヴィング原作の サイダーハウス・ルール とか ガープの世界 があまり好きでない、という人にはあえてお勧めはしません。

アーヴィング特有のコミカルなシーンやベッドシーンもありますが、全体的にドライで地味な、お金もかかっていない、ドラマチックな展開もない、静かな大人向けの映画です。

                

しかしずっと、あの広い家を誰が掃除しているのだろうと気になり続けていた自分が悲しくもあります・・・・・・。

この記事は本サイトゆきてかえりしひびから転載しました。
posted by jester at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

ショーン・ビーンのシャープが・・・

昨日あたりから、ロード・オブ・ザ・リングやショーン・ビーンのファンサイトでシャープがミステリチャンネルで放映!というニュースを流していて、へ〜〜ホントかしら? 公式には発表されてないけれど・・・・と思っていましたら、ついにミステリチャンネルのHPにもそのニュースが載りました!

「ショーン・ビーン主演「炎の英雄 シャープ」(字幕版)
12月からミステリチャンネルにて日本初放送。
尚、先行プレミア放送として、11/6(日)19:00他で、
シリーズの第1話「第95ライフル部隊」を放送いたします。
ご期待下さい!」

とのことデス。


これで本決まりですね〜〜 わ〜〜いわ〜〜い!

シャープ(というか、私には時々シャーペ、とも聞こえるんですが)というのはSharpe'sというイギリスの歴史ドラマで、イギリスではかなり話題になったものですが、今まで日本では見ることができない作品でした。
ボロミアの役をやったショーンが主演しています。

わたしはイギリス版のVTRで4巻まで見たんですけれど、若い細いショーンが大活躍。
ショーンファンなら必見です。

2005年09月23日

トイストーリー2

最近のディズニーアニメはあまり見ないんですが、Toy Story 2は大好き。

Toy Story の最初のものより、Toy Story 2 のほうが大人向けで感動的です。
いつまでも心に子供が住んでいる大人にお勧め。
とても和む1作です。

キャラクターはアメリカのおもちゃなので、「かわい〜〜!!」というものじゃないんですけれど、おもちゃが持ち主の子供に持つ愛情、というのが、おもちゃ側からせつせつと語られ、切ないです。

特にカウガールのお人形が『少女が大人になって、あきられ、取り残され、捨てられたおもちゃの悲しさ』を切々と歌う歌は秀逸。

おもちゃが子供に愛情を持つか?

私はそういうの、信じちゃうんです。愛着を持って長年そばに置いたものは、気がうつってきて通じるようになると思うのです。

ストーリーのテンポも心地いいし、笑えるシーンが盛りだくさん!

おもちゃオタクのデブのおじさんが、アンティークのおもちゃを売ろうとしているのが日本のおもちゃの博物館・・・。やっぱり日本ってオタクが多いのかな?

ダックスフンドやティラノザウルスやぶたのおもちゃの動きも可愛いし、ロボットが悪役キャラと戦ってた途中の台詞、
「I am your father・・・・」には爆笑。

スターウォーズ5の名台詞のパクリですけれど、20年前の映画・・・・。
これを見る子供のうち、何人が分かるのかしら? 
アメリカの子供は分かるのかしら? と思いましたけれど、もしかしたら、子供と一緒に映画館に来た大人へのサービスかもしれませんね。

子供が見たら、おもちゃとか絵本とか大切にしてくれるようになるかもしれません。

トイストーリー2



本サイトゆきてかえりしひびから転載しました。
posted by jester at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

亀も空を飛ぶ

岩波ホールで『亀も空を飛ぶ』を見てきました。
フセイン政権崩壊後初めてイラクで撮られた映画です。
それも、フセイン政権下で迫害を受けたクルド人の子供の目を通してみたイラク戦争。

重いテーマで、いろいろ考えさせられるものでした。
しかし残虐というよりは幻想的なシーンも多く、映画としての完成度は高かったと思います。各国の映画祭で沢山の賞を受賞したのもうなずけます。

強いメッセージ性を持つ映画は敬遠されがちですが、自分たちの生きている地球をグローバルな視野で見るためには、こういう映画を見て考えるのも大切だと思いました。

孤児や難民の子供が助け合って知恵を尽くして生きていく姿は微笑ましくて感動的。でものしかかる現実はかなりしんどい。

情報が欲しいと、衛星放送用のパラボラアンテナを市場で買ってきて、それを取り付けて村人が先進国のテレビ番組を垣間見るのですが、確かにそれらは私にも「穢れたもの」に見えました。

日本で平和ボケしている場合じゃないぞ、何かできないのかしら?
と考えさせられました。

映画についてはこちらに詳しくあります。


あらすじはこんな感じ(ネタばれあり)(上のサイトからいただいてきたものです)


アメリカ軍によるイラク侵攻の直前、トルコ国境に近いイラクのクルディスタンの村で。口が達者で便利屋でもある戦争孤児サテライトは、子どもたちを使ってのアルバイトの元締めをしていた。そんなサテライトが孤児の少女アグリンに一目惚れした。アグリンは両腕のない兄のヘンゴウと、目の見えない赤ん坊と3人で避難して来たのだった。ある日、ヘンゴウが不吉だと告げたトラックが爆発した。彼には予知能力があったのだ。ヘンゴウは戦争が始まることをサテライトに告げる。

本サイト、ゆきてかえりしひびから転載しました。
posted by jester at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。