2005年10月12日

A History of Violence のサントラ盤CD

ヴィゴの話題が続きますが、友人が早くも

A History of Violence B000B9EYHA
Howard Shore



を入手したそうです〜〜。(Cちゃん、情報ありがとう〜)

ロード・オブ・ザ・リングスの音楽を担当した、Howard Shore さんがこちらも担当しているということで、曲想は かなりロード・オブ・ザ・リングスのものに似ているということ。

ううう、欲しいなあ・・・・。 でも見てからのお楽しみにしようかな?
(音楽のネタばれも避けたい私)
悩みの日々です・・・。


(CDの画像はAmazonからお借りしました。)
posted by jester at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夜中のピアニスト

真夜中小.jpg

   寂しい

   理解してほしい

   そばにいたい

   必要とされたい

   ぬくもりを感じたい

   表現したい

   胸が痛いよ・・・・




  だから今日もドアをたたく


  だから今日もドアをあける


    

ふう。おつかれさま。ゆきてかえりしひび からJUNeK-CINEMAの小部屋にようこそ。
まま、どうぞ、ソファにお座りくださいませ。 お飲み物は何にいたしましょう?

引越しして、初めてのおしゃべりは 「真夜中のピアニスト」 です。


ルパンの感想 で書いたのですが、ロマン・デュリス扮するところのルパンに物言いあり、のjesterでした。

でもこの映画から先に見ていたら、ロマン・デュリス=ルパンにそれほど違和感がなかったかもしれません。

この映画でロマン・デュリスの演技力に驚かされました。
切れやすい青年が、暴力に染まった生活の中で、心のそこに抱えている芸術へのあこがれ。
思うようにピアノが弾けないジレンマ、父への愛憎、孤独、憎しみ・・・・。
ピアノを弾くときに彼が見せる表情はとてもセクシーでありました。

夜のパリの底を流れる車のウィンドウから、ぼんやりと輝くネオンを見つめている横顔が切なかったです。

とはいえ、やっぱり口元と髭剃りあとが気になってしまうのですが、それにしても今後楽しみな役者さんです。 

暴力表現もかなり出てくるし、答が用意されている映画ではなく、見終わったあと重くなる映画なので、誰にでもお勧めというわけではありませんが、jesterは傑作だと思います。  
☆☆☆☆です。

(☆評価ですが、☆5つ…一食抜いても ☆4つ…お勧めです! ☆3つ…価値あり ☆2つ…お暇なら ☆1つ…jesterはだめでした)

公式サイトはこちらです。


posted by jester at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。