2005年10月21日

ドイツのインタビュー

お誕生日の次の日企画が続いてますが・・・・。いつものViggo Worksさんから拾ってきました。

ドイツのZDFという放送局が、"German Dream"という番組で、ヴィゴにインタビューしてます。こちらから、English のロングバージョン(14分ほど)をダウンロードできます。

ヴィゴらしい、いいことを言ってます。国とか民族に縛られずに、相手の立場に立ってみよう、みたいなことをいつもの調子でぼそぼそと・・・・。
でもヴィゴにしてはかなり聞きやすい英語のファイルなので、ファンの方がいらしたら、ぜひ聞いてみてください。

インタビュアーもとっても聞きやすい英語です。
ドイツ人ってどうしてあんなに英語が上手なんでしょう。
ドイツなまりはありますが、とってもクリアで聞きやすいです。

それにインタビューの出だしから

「あなたのように有名になった俳優はジェット機とか山荘とかカリブの島を買ったりするけれど、あなたは自由な作家を応援する出版社を作りましたね。あなたはどんな夢に駆り立てられているの?」

なんて聞いてくれちゃって、とってもセンスのいいインタビューですよん。
 
posted by jester at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誕生日の次の日企画〜〜(殴・☆

h-l.jpg

Joyeux anniversaire,Viggo! ということで、クロネンバーグ監督のA History of Violence のポスターです。
(このポスター、ほしいの・・・・)

nouilles-sautees さん、フランスでは11月2日から公開されます。
アメリカやイギリスではもうやってます。

いいな〜〜〜 しくしくしく。
日本ではいつやるんだろう???

あつかましいですが、もしフランスでなにか情報があったら、(こんな雑誌に載っていました、とか・・・)目に付いただけで結構ですので、教えていただけると嬉しいです。
(あの〜〜〜実を言うと、いまParisにいるらしいのです。TシャツをGパンにTuck in して、はだしで歩いてる怪しいおっさんにご注意ください!)


クロネンバーグ監督作品なんですが、彼の作品にしては、正統派の映画らしいです。
カンヌでグランプリを取るか?って大騒ぎになったけど、結局無冠でした。

Viggoは「映画の賞はビジネスだから」といって、指輪物語のROTKのときもアカデミーの授賞式に一人だけ欠席したような人なので、受賞に興味はないらしいですが、ファンとしては、受賞したら注目度も違ってくるし・・・とちょっと残念でした。たらーっ(汗)

posted by jester at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。