2005年11月05日

上海の伯爵夫人  ホワイト・カウンティス

thewhitecountess.jpg
このあいだテレビで、ジェームズ・アイボリー監督の第2次大戦前夜の上海を舞台にした『ホワイト・カウンティス』についてやっていて、主演のレイフ・ファインズさんが映ってました。この画像では一番奥&真田広之さんの後ろに映ってます。(画像はワイズポリシーのサイトよりお借りしました)(あの、真田さん、そのひげは・・・聖徳太子みたいですよ・・・・・)(殴



このお話、IMDbによると

Set in 1930s Shanghai, where a blind American diplomat develops a curious relationship with a young Russian refugee who works odd -- and sometimes illicit -- jobs to support members of her dead husband's aristocratic family.

『1930年の上海で、目が不自由なアメリカ人外交官が、若いロシアからの難民と不思議な関係を持つ。そのロシア人は彼女の死んだ夫の貴族階級の家族を支えるために、奇妙で時には違法な仕事をしていた・・・・ 』って感じでしょうか。
(blind American diplomat って、まさか文字通り『盲目』? )

レイフはこの blind American diplomat なんでしょうね・・・・。

ちなみにこちらでは

In 1930s Shanghai, a blind and disillusioned former U.S. diplomat forms a relationship with a young refugee White Russian countess who has been reduced to a sordid life in the city's bars, working as a taxi driver and occasional prostitute to support members of her late husband's aristocratic family.

て書いてありました。外交官の仕事はもう幻滅して辞めてるんですね。それと、ロシアから避難してきた伯爵夫人はタクシードライバーで時には娼婦もしていた、と。
ふ〜〜ん、面白そう。

The White Countess.jpg

番組自体は共演の真田広之さんが出たプレミアの取材だったのですが、ちゃんと一緒にレイフが肩を組んでいましたよ。なんかオーラが出てる感じで、旬の俳優さんだな〜と思いました。
この映画、真田広之さんが出ているから(?)、ワイズポリシー配給により、2006年に日本公開予定だそうです。
原作は大好きなIshiguro Kazuoさんだし、「眺めのいい部屋」「日の名残」のジェームズ・アイボリー監督だし、jesterとしてはかなり楽しみデス。

(ちなみに真田さんは、工作員の役とか・・・。
日本の俳優さんのなかでは好きな方なので、こちらも楽しみ〜)


そだ、今度12日の土曜日、BS2でレイフのでる「オネーギンの恋文 」やりますね!
録画しなくちゃ〜

彼はもともとシェイクスピア俳優ですが、舞台も見たいな。
それと、今年の「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」の声の役でも出ております。グルミット好きだから、これも早く見たいですだ。


posted by jester at 10:07| Comment(13) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。