2005年11月09日

ヴェニスの商人 その2です(ネタばれあります)

はあはあ、ヴェニスの商人の続きです・・・・

この映画、公開されたばかりですが、原作がかなり有名ですから、ネタばれのお話を早くも載せています。
もしまだ映画未見の方が読まれるようでしたら、ご注意くださいませ。


さて、『キャスト編』!です・・・いや大文字にするほどのことではありませんが。

でも豪華なキャストでありました。


まずアル・パチーノ・・・・やっぱりすごいこの人。

金貸し以外の職業に就けない法律の下で、さげすまれ、つばを吐きかけながら耐えるユダヤ人。
娘を愛し、守ろうとしながら裏切られるおろかな老親。
最後に意地になって自分を虐げるキリスト教徒に一矢を報いんとする男。
この人なしにはこの映画は成功しなかったと思われます。

He hath disgraced me,
and hindered me half a million,
laughed at my losses,
mocked at my gains,
scorned my nation,
thwarted my bargains,
cooled my friends,
heated mine enemies;

and what's his reason?   

I am a Jew.
  
ううう、シャイロックのこんな台詞、アル・パチーノがいうと泣けます!
(このシーン、トレーラーで見られます。こちら。   日本語字幕つきの違うヴァージョンで裁判シーンのネタばれありのはこちらです。

実はjesterは最近ひそかに「一人ジェレミー・アイアンズ祭り」も開催してて、この映画の秘めたる目的はジェレミー・アイアンズだったのですけれど、アル・パチーノには圧倒されっぱなしでした。
(「一人ジェレミー・アイアンズ祭り」についてはぽつぽつとそのうちアップします・・・・)



そして、そのジェレミー・アイアンズなんですけど・・・・



「いつバッサーニオに襲いかかるんだ」 



ってなぜかはらはらしてるjester・・・・・。あせあせ(飛び散る汗)(ファンの方、ごめんなさい!!)

ジェレミー・アイアンズが実生活でゲイかどうか知らないんですが、『永遠のマリアカラス』なんかをみてから、どうも彼が男の人を見る目には欲望を感じてしまうあほjesterです。

だって、マリアカラス見るつもりなのに、しょっぱなからうるさい音楽に乗って飛行機から降りてきたジェレミーが若い男の子をナンパ、っていうのがショックだったんですもん。「え、これ、何の映画よ???」でした。
そんで、映画が気に入って、繰り返し見てるうちに、そのイメージが固定化してしまいました・・・・

だから、最初、お金の相談をしてて、バッサーニオがアントーニオと二人っきりの部屋でベットに横たわるところでは、



「あ、借金の代金を体で払うのか」


 
と素直に思ってしまったわたくし。パンチ(殴パンチ(殴パンチ(殴
(だって、なななな、なぜそこにベットが・・・・その上、なぜそこで横たわる???)

公式サイトのインタビューでジェレミーは

「アントーニオは、自分が若い男たちに囲まれているとき、とても幸福に感じていることを知っていると思う。とくに、自分がこうありたいと望むすべてを兼ね備えているバッサーニオと一緒にいるときは。アントーニオとバッサーニオの間には、ある種の奇妙な父子的な関係があるんだ」

なんていってますけど・・・・  
ほんとに『父子的な関係』なのか? そうなのか? 正直に言ってくれ、アントーニオ!パンチ(殴

1000367_03.jpg
 
胸をはだけられて、椅子に縛り付けられ、もだえ、苦悩しながらバッサーニオの手にKissするところなんか、すごくありませんでした??


もう色っぽくて、薔薇の花が散って、万感の思いがこもっているように見えました・・・・
(きゃあああ、ファンの人、ごめんなさい。わたし、ジェレミー・アイアンズ好きなんですけど、目が腐れてます・・・)



そして映画を見ていて、新たなる発見! 
最近のjesterが一人レイフ・ファイアンズ祭りを開催してたのは以前の記事を読んでいただければ分かるんですが、

バッサーニオをやった人、レイフに似てる・・・・

この人誰だっけ・・・・。 
えと、「恋に落ちたシェークスピア」の人だよね・・・・

Joseph Fiennes・・・・ファイアンズ????

確認したら、レイフ・ファイアンズの弟でした〜!  
しらなかったっす! パンチ(殴
(無知なjesterです、笑ってください)

う〜〜ん、なかなかいいぞ・・・ 髪型は気に入らなかったけど・・・
お兄ちゃんが気になってると、弟まで自然に射程範囲に入るらしい。(爆)


ポーシャ役のリン・コリンズは最初「眉毛ないジャン」と思ったけれど、とってもきれいでした。ケイト・ブランシェットを連想させる人デス。

シェイクスピアがぴったり、と思っていたら、テキサス出身なんですね! ぜんぜん南部なまりなんか感じませんでした〜
これからが楽しみ。
新作でまたジェレミー・アイアンズと共演するらしいですね。


それと、Hidalgoでうらやましい役を  しやがった してくれたズレイカ・ロビンソンも、シャイロックの娘役で熱演。
最後は捨てた親をおもって海を見つめる彼女のアップでエンドタイトルでした。
トルコ石の指輪(素敵なデザインでした)、お猿さんと替えたっていうのは、単なる噂だったのですね。たらーっ(汗)


まあ、ストレート・プレイの緊迫感というか、生のみたいのがない分、冷静に見られるので、この展開で、シャイロックを受難者としてみるのは、ちょっと無理があるのかもな、と今回思ったのです。

原作の台詞を全部残そうとすると、コミカルなシーンがシャイロックの苦悩とかみ合わないという気がしました。
シャイロックの解釈をああいう風に変えて撮るなら、もしかして脚本段階でもうちょっとカットしていい台詞があったかもしれません。


それと、『指輪』に関して、ポーシャたち意地悪すぎませんか?
責めるときの顔が怖すぎ!

あのへん、劇場で見ていると遠目だし、さらっと笑えるんだけど、映画の大画面で責められておろおろしてるバッサーニオのアップを見てたらかわいそうになったデス。

「Why, I were best to cut my left hand off and swear I lost the ring defending it. 」おろおろおろおろ・・・・・(かわいそうだよ、そこまで言わせたら!)

うちの家族Aにああいうジョークをしたら、絶対怒りくるってますよ。あせあせ(飛び散る汗)

アントーニオが「僕の愛するバッサーニオをコケにするなあ」ってポーシャに怒らないか、はらはらしちゃった。(それはjesterだけです〜パンチ


が、それにしても、ヴェニスの街でヴェニスの商人を演じてるって、すごいことでした! 
2時間10分と長い映画なんですが、まったく長さを感じさせない素晴らしさ。

お勧めの☆☆☆☆でございます。


aisyou
ちなみにjesterがみた、新宿のテアトルタイムズスクエアでは、衣装展もやってました。

これがバッサーニオの逆玉・婿入り衣装です。
もうとってもきらきら王子さまファッション。
写ってないけど、白いブーツまで力が入ってます!




posted by jester at 10:04| Comment(10) | TrackBack(1) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dear フランキー

やった〜〜! ジェラルド・バトラーさんの Dear フランキー のDVD、予約受付中です!
(DDさんに教えてもらいました!)

これ、大好きなんです。前に感想をこちらに書いてますけれど、これでジェラルドさんが好きになりました。

ムビスタの今月号に、ジェラルドさんのお気に入りの女優さんがこれで共演したエミリー・モーティマーさんだって書いてありましたね。

コレクターズ・エディションと普通のと、どう違うのでしょう?
ううう、2000円もちがうし、ちょっと迷う・・・

もうすぐ、新文芸座での再映も始まるし(いくぞ〜〜)、嬉しいニュースです♪
posted by jester at 09:06| Comment(4) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。