2005年11月17日

ハンニバル・ライジングのヤング・ハンニバル〜〜

『ハンニバル』を見るべきか、見ざるべきか、それが問題のjesterでございますが、
下の記事へのコメントで、どなたかが(名前を入れ忘れてますがたぶんあの方だと思います)(爆)

>既にココロは若き日のハンニバルをやるというギャスパー君に飛んでおります〜(爆)
 (わははは、なぜかまたピンクでしかも大文字で引用)

と書いてらしたので、こちらに見に行ってみました。

yh2t.jpg
レクター博士、昔は美少年だったのね!!

確か「ハンニバル」の原作にも、レクター博士の小さい頃の悲しい思い出のシーンがあったと思うのですが、あれをギャスパー・ウリエル君に脳内変換すると 揺れるハート

↑この、第2次大戦のあと、両親を殺されたレクターとミシャがどう過ごしていったか、という話を詳しく書いたらしいのデス。(こちらなどからの情報による)


こんな話、トマス・ハリスって書いてたかしらと思って調べてみたら、題名は Behind the Mask
Behind the Mask

というのですが、まだアメリカでも出版されてない模様。(日本のアマゾンでも予約を受け付けてました。)
それなのにもう映画化!! 

寡筆なトマス・ハリスだけれど、これなら左団扇ね〜〜


posted by jester at 08:59| Comment(6) | TrackBack(2) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。