2005年11月19日

君に読む物語 DVDでまた見ました〜

届いたままみてないDVDの山(爆)をひっくり返して、少しずつみているんですけど、そのなかに「君に読む物語」を見つけました。



う〜〜ん、これどうして注文したんだっけ・・・・?パンチ(殴

そうそう、映画館で見たとき、確か出だしの、オレンジ色に染まった朝焼けの川を、ボートでゆっくり漕いで行くシーンでやられたのでした。
あまりに美しい映像で、ボ〜〜ッとなったのでした。


しかしね、年取った夫婦の感じがすごくいいのに対して、若い二人には不満があります。
なぜ彼は彼女を好きになったのか? 
それにしてもあんな迫り方ありか? まるでストーカーですよ、あれじゃあ。
 
女の子はいくら17歳だからといって、
「きゃあああきゃあああ」って言い過ぎ。頭が痛くなるデス。なにやっても「きゃあああ」
やめんか。

しかも17歳の初恋で、相手の口についたアイスなめるもんなんですか、普通。

彼女、あまりに勝手過ぎますよね。婚約者の人、本当にかわいそうです。


・・・・という感じでですね、若い頃の2人のエピソードには次々突っ込みを入れながらも、老夫婦のシーンになると、しんみりしてみてしまうjesterでありました。

最後は泣かせます。
最初と最後のシーンが美しくてこのDVDオーダーしたんだっけなっ、て思い出しました。


posted by jester at 13:42| Comment(2) | TrackBack(1) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。