2005年11月27日

Thomas Jouannet 発見!!

jouannet.jpg11月15日の記事で、「Thomas Jouannet を捜せ!」というのを書いたのですが、これに、ジュネーブに住んで5年というK.Sさんが丁寧なコメントを下さってます。
K.Sさん、ありがとうございました!!!

下のほうのコメントなのですが、なるべくたくさんの方にご紹介したいので、ご本人の許可をいただいて、以下に引用させていただくことにしました。




・・・・「Du rouge sur la Croix」(または「Red on the Cross」)は、2006年はじめにFrance 2で放映予定のようです。90分のTelefilm。
19ものTV局が完成前にすでにこのフィルムを買ったとか。
ヨーロッパ中心になると思いますが、他の国でも放映されるようです。
日本でも放映されるといいのですが。

トマについて
現在35歳(生年月日不明)
パパ:フランス人、ママ:ドイツ人
ジュネーブ生まれ
高校卒業時、俳優になる条件に親から提示されたバカロレア取得を無事に果たし、自由の待つパリへ。

3年前に別れた元恋人Alexendra Lamy (TVシリーズ「Un gars une fille」の共演者Jean Dujardin -「Brice de Nice」でさらにブレーク、とくっついてしまった) との間に、8歳の女の子(クロエちゃん)がいる。

映画
「Narco」(2004) 事情聴取する刑事役、
「Ma vie en l’air」(2005)シミュレーターを使ったパイロット試験で副パイロットとけんかして不合格になる役、両方とも出番が五分あるかないかのチョイ役、トマの魅力ぜんぜん出てなく残念。
「Mariage mixte」(2004)主人公のユダヤ人マフィアの娘と結婚する考古学者で良家のお坊ちゃま役、出番まあまあ、トマ美しい。
「Tout pour l’oseille」(2004)仲間とある会社の金庫のお金を盗むコメディ。売れない画家役。DVD発売してないのでTVでスクランブルのかかった画面で見る(変なやつでしょ・・)トマ出番多し。

特筆すべきTelefilm
「Le silence de la mer」(海の沈黙)(2004年10月France2で放映、2005年1月DVD発売)
1941年ドイツ占領下、ドイツ将校(トマ)が老人と孫娘(「ドミニシ事件」で次男の嫁を演じたJulie Delarme)の家へ間借りする。愛国心を守るため老人と娘はドイツ将校に対して沈黙を続ける。礼儀正しく、フランス文化に造詣深く、作曲家でもあるドイツ将校と娘の間に恋愛感情がうまれるが、戦争が二人を引き離していくお話。
トマの演技はもちろん作品もすんばらしい!!!
ドイツ語なまりのフランス語を話すトマがなんとなくかわいい。
これほどドイツ将校の軍服が似合う俳優は他にいないのでは?
美しすぎる、セクシーという意見多し。
この作品でトマのファンになった人多いよう。私もその一人です。

TVの刑事もので犯人役などをやっていましたが、2003年頃からTelefilmで主役陣を演じるように。
残念ながら今のところ映画よりTVのほうが多く、そのためでしょうかフランスでは格下(?)俳優扱いのような・・・
本人も映画に出たがっているよう、それと舞台も。
いつの日かカンヌ映画祭で赤じゅうたんの上を歩くトマの姿を夢見ています!!

私がよく見るサイトは、
http://www.citeartistes.com/thomasjouannet.htm
です。




以上引用終わり。


K.Sさん、ありがとうございました! またなにかありましたら、ぜひ教えてくださいませ〜〜

「Le silence de la mer」見てみたい〜〜!! フランス語版字幕なしですよね・・・・うううう。
ご紹介のサイトもほとんど意味が分かりましぇ〜〜ン・・・しくしくしく。

(画像だけいただきました・・・・)

やっぱりフランス語か? jesterに次なる挑戦はフランス語にしろ!という神のお告げ??

大学のころ、『メグレ警視』をフランス語で読んだんだけど・・・・
それも過去の栄光(といえるのだろうか・・・・・)
もう、すべて忘れたよ。エートルの変化すらいえないですだ。たらーっ(汗)



posted by jester at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | acter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。