2005年12月03日

わんこ柄のTシャツ疑惑分析

wannko2.jpg

ファンの方なら誰でも知っているような話題なんですけれど・・・

まず、この画像をご覧ください。
ヴィゴの顔ばっかり見てちゃだめですだ。(それは自分だろ!)
(いえ、大事なのはむくむくの犬でもないです・・・)

この写真、1997年に撮られたものデス。

さすがに若いですが、よおくみると
へんなTシャツ着てるでしょ

胸にあるプリント、アメリカでポピュラーな漫画の犬らしいんですが・・・・

40才目前でこういうTシャツ着て写真の仕事するな〜〜〜!

でしょ?(しかし彼、若く見えますよね〜〜)

しかも、この時点ですでにちょっと襟が伸び気味。

すごく愛着ありそうです。
息子が誕生日にくれたとかそういうのかなあ。

そういうのをどんなデザインでも、めちゃくちゃ愛用するような人間だし・・・・


そして時は流れて2005年・・・・

wannko.jpg

ファンと一緒に撮られた写真ですが・・・・・・



まだ着てるし!!


しかもいつものフリースを上に着て!!
いつものGパンで!!
(アラトリステの撮影中なので、ひげもあるし!)
襟はさらに伸びて、別のデザインのようになってる・・・
嬉しそうな顔で・・・・


というわけで、ヴィゴのファンはいつも
「これでも愛せる?」という究極の選択を迫られつついるのです・・・。


ご参考までに、誕生日の記事で載せた写真も、いつも彼がシャツとして着てるけど、ファンのあいだでは「これってパジャマだよね??」 という疑惑が飛び交っているものなのでした・・・・たらーっ(汗)



画像はViggo Worksさんからいただきました。 






posted by jester at 09:46| Comment(6) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。