2005年12月19日

L'equipier(灯台守の恋) その6(ネタばれあります)

2回目は多分それほど泣かないのではないか、という予想を裏切って、またかなり泣いてしまったjesterです。

ミリオンダラー・ベイビーですら2回目は泣かなかったのになあ・・・・


(もう公開から大分経っているのと、もともと『ネタばれ』を警戒するような内容の映画ではないので、以下はかなり深く内容に触れています。未見の方はご注意くださいませ)




2回目は最初から「友情もの」と割り切って、男性二人に焦点を合わせてみていたので、よりメッセージがクリアに伝わった感じがします。
二人がお互いを理解し、歩み寄っていくところはとても丁寧に描写されていました。
なぜ、イヴォンが今までの同僚から反感を買うのを覚悟してまで、アントワーヌを「L'equipier」として受け入れるようになったかが、細かい描写で丁寧に積み重ねられていました。

 
それに対して、アントワーヌとマベがなぜ惹かれあうのかは、ほとんど説明がありません。まるで出会った瞬間にお互い一目ぼれしていたんだよ、とばかりに話が進みます。
男と女ならそういうのがあり、と割り切っているのでしょうか?
ちょっと納得いかないところデス。
ま、父の手作りのアコーデオンとか自転車とか、ささっと手早く直してくれたりした青年が、熱いまなざしを投げかけてきたら、女心は揺れるでしょうね。うんうん。
なんしろ相手はグレゴリ・デランジュールですし。
jesterなんかもう、グラグラかも。パンチパンチパンチ

しかし、なんとなくいい雰囲気でしゃべっていたのに、突然「島に住むブルターニュ人は字も読めない野蛮人?」とアントワーヌに突っかかるマベ。
フランスでブルターニュ人がどう偏見をもたれているのかはまったく知りませんが、それにしても言いがかりのような台詞で唐突な感じがします。

そのくせ、アントワーヌに「つらすぎる」といわれると「私も」とすぐ答えてしまうし・・・・
(いや、あのシーンを見ながら、jesterも思わず「私も」とすぐ答えてましたが・・・・)パンチ


でもアントワーヌはマベに惹かれながらも、イヴォンとマベを引き裂こうとはまったく思っていなかったのですよね。
最後の別れを告げるとき、アントワーヌが「一緒に島を出よう」といったら、マベはついていったと思います。(物干しに立って、アントワーヌが一人でこもっていると思われる納屋に向かってマベがいう言葉、「私はどうすればいいの?」って、=「一緒に連れて行ってね」という意味じゃないかしら?と思います)
アントワーヌもそれを知っていて、あえてその一言は言わなかったのでは。
「行き先は?」とマベに聞かれても
「わからない。僕にもわからない」と、きっぱりと終わりを告げています。

アントワーヌは身を引くことを堅く決意しているのだと思います。
それはマベに対する愛と比べても勝るとも劣らないほど、イヴォンに友情を感じているからではないのかしら。
イヴォンを傷つけたくない、という気持ちが強かったのだと思います。自分の幸せより、友達の幸せを祈る・・・ううう、いい男だねえ。たらーっ(汗)


最後のシフトに出かける2人を、土砂降りの雨の中自転車に乗って船を追いかけ、岬に立つ十字架の横で手を振るマベ。イヴォンに気を使いながら、マベにおずおずと手を振り、その手を下ろせなくなってしまうアントワーヌ。
(泣けます・・・・・・身を引く決意は固いけど、別れがたいんですよね・・・・)
自分が手を下ろしても、多分いつもよりずっと長く手を振っているマベを見て、妻が自分に手を振っているのではないと気がついてしまうイヴォン。

過剰な台詞もアップもなく、地味な色合いの風景の中で、ほとんど動きのない抑えた演技なのに、これほど人間の心が伝わってきてしまうのはなぜでしょう・・・・
俳優陣の演技力と監督の手腕に脱帽です。


今回つくづく思ったのは、イヴォンを演じるフィリップ・トレトンの演技の素晴らしさ。
最初、いけ好かないおっさんだったのが、アントワーヌに心を開くうちに、どんどん可愛く見えてくる・・・・

彼もあの島ではよそ者で、マベを愛するあまり、頑張ってやっと仲間入りしたものの、本当は打ち解けていない・・・・
いつかは出て行きたい「地獄」だって思っているのが本音です。

静かに家具を作るのが好きな無口な男だけれど、妻をひたすら愛している。
だからこそ「地獄」のような馴染めない場所でも、地道に暮らしているイヴォン。
アントワーヌが来て、心を開ける友人が来たと一番喜んでいるのはイヴォンだったと思います。だからこそ、仲間から「ブルターニュ人だろ! 恥を知れ! 面汚し!」とののしられてもアントワーヌをかばうのだと思います。

「気に入ったか? 花火だよ、驚いたろ?」というときの少年のような瞳。

そんな友人に対して、その花火の下で、彼の愛する妻を抱いたその事実がどれだけアントワーヌを苦しめたでしょう。


でもあの、花火の下のラブシーンは、私には色っぽく見えず、それよりも、「よかったね、アントワーヌ、やっと素直に思いをぶつけることが出来たね」と母のような気持ちで見てしまいました。(あんなでかい息子を産んだ覚えはないが・・・・)

初めての場所で、仮面のように微笑を浮かべ、自分の気持ちを抑えて抑えて何とかコミュニティに受け入れられようとがんばってきた彼が、やっと素顔にもどって泣くことができた一瞬だったのではないかと思います。

それが世間からは後ろ指指されることであったとしても、あそこでアントワーヌを抱いてやらなきゃ女じゃないよ! よくやった、マベ!!!



と啖呵を切って、また続く模様・・・・・・。ふう。パンチ


あ、灯台フィギュアは買いませんでした・・・・。ぐっと我慢我慢。
だって13000円もするんだも〜〜ん。しくしく。

ああああ・・・・でも、あれをうちの出窓に飾りたいなあ。
嵐のとき、あの灯台があれば心丈夫だろうなあ・・・(まだ心が揺れている)あせあせ(飛び散る汗)


posted by jester at 18:11| Comment(11) | TrackBack(8) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。