2006年01月31日

プライドと偏見、見ました♪

コリン・ファースじゃないMr.ダーシーが許せるだろうか。
これがjesterの大きな課題でした。
なにしろ、BBCのテレビドラマはコリンの出世作。魅力爆発でしたもん。
これが放映されている時間帯、イギリスの街角から人影がなくなったといわれるほどの高視聴率を誇った番組も、瑞々しいコリンの魅力のおかげ大でしたから。

そしてもっと大きな課題は、キーラ・ナイトレーのリジーが許せるか、ってことでした。

BBCの「高慢と偏見」のファンだったので、いちいち比べちゃうだろうし、粗捜ししちゃうだろうし、それほどの期待なく見たのデス。

でも良かったんですよ、結構。期待してないのが返ってよかったのかも。


jesterはキーラが苦手なんです。

綺麗だな、と思うんだけど、あの口元とか、表情の作り方(笑い方が人を小ばかにしてるみたいな感じがする)が、どうも個人的に苦手。
それに、BBCの「高慢と偏見」でリジーの役だった、ジェニファー・エイルが好きなんですよ〜〜

結婚を焦るにはキーラは若すぎるし、本が好きで知的な女性を演じられるのか? などと思ってましたパンチ(ファンの方、ごめんなさい!)

でも、ま、それなりにキーラもいい味だして頑張ってましたね。
今みたキーラの中で(カリブ、ベッカム、キングアーサーetc.)一番いい感じ。
ふっくらしたジェニファー・エイルと比べてがりがりのぺちゃんこ胸ですが、勝気な感じは良く出てました。

そして何よりもストーリが無駄がなくてよかったかも。

高慢と偏見
テレビシリーズはDVD2枚組みで全部で5時間ぐらいあったと思います。

それを127分に縮めちゃうんだから、どこをカットしちゃうのかな?と不安だったんですが、重要な筋はほとんどカットされずに、うまく整理してあって、かえって話の筋が分かりやすかったかもしれないと思いました。

テンポが良くて、でも、はしょってる感じはなくて、リジーに感情移入できたました。
まあBBCのを見ていたから、というのもあるかもしれませんが・・・


リジーの家がBBCのよりもっと貧乏に描いているんですね。といっても一応使用人は複数いるし、働かなくても食べていけるのだから、そこそこのお家なのですけれど。
それに比べて、金持ち軍団の家・・・というかお城は、パワーアップしちゃってて、「身分違い」 というのがものすごくくっきりしてました。
中のインテリアも、王族のお城みたいで、さすがにお金持ちの規模が日本と全然違うのね、と思いました。

そんなに身分が違うのに、キーラ演じるリジーが卑屈にならず、胸を張って堂々としてるのが気持ち良いです。

Mr.ダーシーはねえ・・・・・
う〜〜ん、ちょっとマシュー・マクファデンじゃ、弱いと感じました。
ブルーの瞳が綺麗で、いい表情するんですが、コリン・ファースの魅力にはかなわないかもしれません。

コリンのMr.ダーシーを見たあとじゃなければ、それなりにいいのかもしれないけれど・・・・
どうしても「ただの暗くて頑固な金持ち」に見えてしまいました。
しかも髪型がシャビイで、雨にぬれながら恋心を打ち明けたりすると、情けない感じ・・・・
もうちょっと髪型を考えれば、もうちょっと貴族っぽいプライドが高い雰囲気がでたのに、と残念です。

髪型で言うと、Mr.ピングリーも寝癖みたいに見える変なスタイルでしたけどね。

あと、BBCでは「全体にしけっぽい」感じだったMr.コリンズは、映画では「サルっぽい」感じで、とっても笑えました。
「嫌悪感を持つような男性」の演技がうまい!

それと、色男Mr.ウィッカムは、ちょっとオーリー似のいい男でした。(きゃあ、オーリーファンのひと、怒らないで〜〜)

なんといっても迫力があったのが、ジュディ・デンチのキャサリン・デ・バーグ夫人・・・
もうエリザベス女王かって言うほどの迫力で、あんな人が怒鳴り込んできたのに、泣かないで対応できるリジーはすごい!って思いました。

それから、リジーの父親役、いい芝居をするけれど、どこかで見た人、と思ってたら、キファー・サザーランドのお父さんのドナルド・サザーランドでした。キファー、年取ったらこういう顔になるんだな〜
父娘の会話がいいんですよ。父のリジーに対する愛情が伝わってくる感じでした♪

テレビシリーズの、オペラ序曲みたいな軽い音楽も好きだったけど、映画の静かな感じのピアノ曲もなかなか良かった。

それに画像がとても綺麗で詩的ですし、カメラワークもいい感じ。

ぜひ、コリン・ファースとジェニファー・エイルの配役で、この脚本の映画Pride & Prejudiceを見てみたいな〜と思ったjesterでございました。



posted by jester at 19:31| Comment(10) | TrackBack(4) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。