2006年02月08日

ミュンヘン その2(ネタばれを含みます)

「未知との遭遇」「E.T.」「シンドラーのリスト」は好きな映画ですし、初期のスピルバーグはいいと思っていたのですが、最近の「ターミナル」とか「宇宙戦争」は、
ギャラの高い俳優を使い、金をかければいい映画ができると思ったら大間違い
のいい例だったとjesterは思ってます・・・パンチ

で、今回もあまり期待してなかったのです。
トレーラーを見た時点でも、「なんか良さそう。でも最近のスピルバーグはね・・・ターミナルもトレーラーは良かったし・・・」と割り引いていました。

しかし結論からいうと、「ミュンヘン」はいい映画でした。

いい映画、というのは見る人それぞれに感じることではありますが、しかし作られること自体に意味のある映画というのも含むかな、と思います。

この映画は、真実を多くの人に伝えて「考えるヒント」にする、という観点で見ると、とても意義のある映画だと思うのです。

その上、スピルバーグですから、スリルとサスペンスを盛り込んであり、娯楽としてみても見る人を飽きさせないし。

そして、いろんな視点から映画が作られていることに、スピルバーグの賢さというか、したたかな計算を感じました。

イスラエル側からだけでなく、パレスチナ側の言い分も映画の中で語らせているのです。

ミュンヘン事件を強く憎みながらも、この作戦で暗殺されるパレスチナ人もまたかけがえのない人間である、という事実をしつこいほど繰り返して画像にします。



********以下、ネタばれあります********



たとえば、最初に殺されるアラブ人は、アラビアンナイトをイタリア語に翻訳し、街角で朗読会をしています。
帰りがけにマーケットに立ち寄り買い物するときも、イタリア人と和やかに談笑し、インテリジェンスを感じさせる人間です。

2番目の爆弾で吹き飛ばされるアラブ人は、妻と小さな娘と暮らし、パレスチナ問題の根深さをインタビュアーに感情的に語る妻を、まあまあ、となだめる穏やかな夫です。

主人公アヴナーは3番目のアラブ人と、その暗殺直前にベランダで会話を交わします。
初めて会った人にもユーモアたっぷりに会話し、思いやりを見せる標的に、爆弾のスイッチを入れる合図をためらいます。

そしてアテネでは、偶然同じ部屋に泊まってしまったパレスチナ系のテロリストの若者と、話し合います。
パレスチナ人が祖国再建を願う心は、ユダヤ人のそれとなんら変わりありません。
反論をしながらも、相手の意見に共感するアヴナー。

しかし次の日、その時の標的のそばにいたその若者を殺すことに。
見詰め合う二人。前の夜には熱く語り合ったのに、一瞬にして「祖先からの恨み」で敵同士になり、冷たい弾をその体に撃ち込んで命を奪うのです。

そういう過程を経て、アヴナーたちは変わっていきます。

一人目に成功したときはカフェで乾杯してお祝いしていたのに、だんだんに
「こんなことをして何の意味がある? 殺しても報復があり、殺した人間の後任はもっと過激なやつだったりする。 これは解決になっていないのではないか」と疑いだす。

さらに「自分たちが殺しているアラブ人たちは、本当にミュンヘン事件の首謀者なのか。何も証拠がない。もし責任があるとしても、暗殺でなく逮捕させるべきなのではないか」とも考え始めます。

「俺たちは高潔な民族のはずだ。その魂を忘れるなんて・・・」

しかしそう考えつつも、仲間を殺され、個人的な憎しみもまた抑えがたいほど強くなり、殺し、殺されの負のスパイラルに巻き込まれていきます。


報復は答えにならない。憎しみは何も生まない。

「目には目を、歯には歯を」は根本的な問題の解決にならず、憎しみをより過激にしていくだけだと主人公は悟りますが、また、惨殺されたミュンヘンでの同胞の姿がフラッシュバックし、憎悪の泥沼にとらわれて身動きが出来ず、ついに精神を病んでいきます。

ミュンヘン事件で罪もないのに殺された、オリンピック選手たちの最後の姿が、まぶたの裏からどうしても消し去れないのです。


ラストシーン、立ち尽くすアヴナーの後ろ、はるか遠くに、ツインタワーが。
いまだに同じ、報復の負の連鎖を繰り返している、おろかな人間への警告ですね・・・・・。


続きます・・・・・・たらーっ(汗)






posted by jester at 11:52| Comment(26) | TrackBack(16) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。