2006年03月07日

ナルニア国物語 ライオンと魔女とワードローブ その1

ああああ・・・・・

またもや使い物にならない・・・・・たらーっ(汗)

本当に良くぞここまで作ってくださいましたと、

神様・仏様・監督様・ディズニー様に感謝!ぴかぴか(新しい)


映画館に出かける前は
「だめ。期待しちゃだめ。期待が大きいとがっかりするんだから!」
と家族Bと声をかけ励ましあい(違


でも最初から鳥肌立ちっぱなしでした・・・・・

良かった!! すごく良かった〜〜!!



小学校の頃、jesterの友達は本でした。

友達がいなくても、ナルニアや100エーカー森やメアリーポピンズがいれば大丈夫。
岩波書店のハードカバーの本に育ててもらったようなものです。

本に読みふけって、字が読めなくなってふと気がつくと、真っ暗になっていた部屋・・・
柱時計の振り子の音だけしか聞こえない部屋で、何時間も何時間も本を読んでいられれば、独りでも、それで幸せという少女時代でした。

そのなかでもナルニアは10代の間、ずっと私の逃避場だった。
現実から逃げたいとき、ナルニアはいつも迎えてくれた。

だからこそ、変な風に映画化されるのが怖かったのでした。


でも、泣けました。

良くぞここまで、映像にしてくれた!

その感動だけで、たっぷり1リットル、泣けました。(頭イタイ・・・・


早くもう一回みたい! 

映画を見る歓びをまたまた深く味わってしまったjesterでありました。



帰ってすぐにアマゾンにナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 スペシャル・エディション オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 スペシャル・エディション オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)

を注文しました!
だって音楽もとても良かったの。

初回限定のDVDつき、売り切れてないかしら?
一応オーダーは通ったみたいだけど・・・・・
どきどき。間に合ったらいいな。


posted by jester at 18:46| Comment(6) | TrackBack(1) | Narnia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。