2006年04月16日

ファンタジーのアニメ化

ゲド戦記がジブリでアニメに! の衝撃の後は、バルサがアニメに!でありました。
こちらの公式サイト
でその動画が見られます。(画像をお借りしてきたかったのですが、どこにも見つけられなくて・・・・すみません、興味のある方は公式サイトでご覧ください)(MARYさんに教えてもらいました揺れるハート

精霊の守り人
精霊の守り人

をはじめとする「守り人シリーズ」には思い入れが強くて、つい最近も再読したのですが、(その感想はjesterの別ブログ、「ゆきてかえりし日々」のこの記事なんかに書いております) 愛着がある原作の映画化ってとっても怖いです。

昔、「赤毛のアン」とかミヒャエル・エンデの「はてしない物語」の映画でこけまくって、自分の頭のなかにイメージが出来上がってしまったファンタジーを、他の人が映像化することの恐ろしさが身にしみているので、「指輪物語」のときも、すごくびくびくして、期待しないで見たのです。

でも、ピーター・ジャクソン監督の「指輪物語」は私のイメージ以上のもので、どっぷり首まで浸かることになってしまいました。

今やっているナルニアも、BBCのテレビシリーズを見てこけて、全然期待しないで見て、大感動しちゃったって話は前にも書きましたよね。

なので、バルサも不安と期待でいっぱいです。
というか・・・不安のほうが大きいかも・・・・あせあせ(飛び散る汗)
これがバルサ・・・・・目つき悪いし・・・やせてるし・・・若いし・・・
(バルサは中年でがっちりした体で、でも目つきに優しいところがあるはず←jesterのイメージ)


ゲド戦記のトレーラーも見られるようになりましたね!(えりこさん、情報ありがとうぴかぴか(新しい)
ジブリのサイトでみられます)
ghibli_ged_poster.jpg
これは、監督が宮崎吾郎さんになっても、「どっぷりジブリ〜〜!!」という感じです。
最近ジブリはちょっと食傷気味のjesterには不安材料なんですけれども。

ゲドのアニメは3巻の「さいはての島へ」が話の中心になるらしいですが、原作のもつ硬質なファンタジーの味を損なわず、うまくアニメ化できるのか、こちらも不安と期待で待つことになりそうです。



posted by jester at 08:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。