2006年05月15日

ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー
ボーン・スプレマシー

前に映画館で見たときは、大画面で繰り広げられるカーチェイスに、車酔いしてしまったjesterでしたが、DVDで見たら落ち着いて見られました。

マット・ディモン、それほど好きな俳優さんではないですが、これははまり役でしたね。
話の展開に無駄がないので、こういうアクションものはどちらかというと苦手のjesterでも楽しめました。

わけが分からないのに、嵐の中に巻き込まれて、何とかそこから逃れようしてる姿は、超鉄人みたいに強い(強すぎ)ボーンでも思わず手に汗握って応援してしまいます。
しかし、車ごと水に落ちて、一緒に乗っていたマリアに水中で人工呼吸って・・・いくら超鉄人でもそんなに息が続かないよ・・・・
と、何度も一緒に息を止めてみて、確認していたjesterです。(ああ苦しかった・・・)
あせあせ(飛び散る汗)

DVDを買ったのは、カール・アーバンが出てるのと、インドのゴアの風景が懐かしかったのと、980円と安くなってたから(爆)なんですけれど、小さい画面で見ると画面が暗くて、この映画をDVDで始めてみた家族Aは『何が何だか分からない・・・・』とぶつぶついってました。パンチ

カールはすっかりアクション俳優として定着しちゃった感じですね・・・・
「ミルクのお値段」みたいな可愛い男役もこなせる人なので、またああいうカールも見たい!とカールファンの友人は嘆いてました。

でもああいう渋い、『戦う男』はエオメルのときからぴったり。下目使いのにらみは、まさにロシアのエージェントですわ。黒ハート


ちょっと気分が落ち込んでるときなんかに、気分転換に見るのにはぴったり。何も考えずにジェットコースターに乗った気分で」きゃ〜きゃ〜とストレス発散できました。ぴかぴか(新しい)



posted by jester at 08:11| Comment(2) | TrackBack(1) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。