2006年05月16日

ナイロビの蜂 その1

レイフ・ファインズのファンだもんで、かなり期待してみてきました。
だって、ハリポタであのおいたわしい、はなぺちゃなお姿を拝見したばかりですから・・・



妻が殺され、その謎を追っていく夫、という展開なのに、哀愁を帯びた音楽といい、かわいたアフリカの風景といい、とても静かな映画でした。
(いま、公式サイトを別窓で開いてずっとテーマ曲を聴きながらこれを書いてます)

日本では『ラブストーリー』を全面に押し出して宣伝してますが、ちょっとちがうと思います。
確かに主人公を突き動かすものは正義感ではなくて妻への愛なんだけれど、そしてそれは謎解きをしているうちに次第に深まっていくのだけれど、ただのラブストーリーじゃないです。
どちらかというとサスペンス映画として作ってあって、『愛』はサブストーリーという感じかな。

しかしなんといってもレイフ・ファインズが好演!
あの湖のほとりに座る後姿がなんともいえません・・・・

1800円払って見る価値のある、いい映画でした。黒ハート


サスペンス仕立てで、アフリカの貧困、そしてそこに漬け込む先進国の企業や政府の役人の腐敗を描いていて、こういうことに関心がない人にはショックを与えてくれるでしょう。

一見リアリティがないような話ながら、結構ああいう話はアフリカやアジアにはごろごろしてます。もっとひどい話もあるかもしれない。

もしそういうことを知らない人がこの映画を見てくれたら、そこから「自分に何ができるかな」と考えることができたらいいと思います。

そう考えると、「ラブストーリーだよん」といって、若いカップルに現実に大人がやってることの怖さを見せるのもいいかも←なんだこのいやみ発言は!猫


根底に流れるのは夫婦の愛で、妻の死の謎を解く夫は、正義感に駆られているわけではないのですが、謎を追ううちに、妻への愛は深まって行きます。


ただjester的には二人が愛をはぐくむ辺がはしょりすぎと感じました。
いい映画といいつつ、この辺はちょっと苦言になります。

見詰め合った瞬間に理由もなく恋に落ちるっていうことがあるのでしょうけれど、それで真実の愛に到達することはめったにない、ってjesterは思ってます。(経験上・・・たらーっ(汗)
だから一目ぼれなんてあんまり信じていません。(不幸せな野郎だ!と思われる方もいるでしょう)

ごく普通の容貌で、ごく普通の環境にいるjesterにとっては、愛って全然違う人間同士が、ぶきっちょに歩み寄り、少しずつ理解しあって深まっていくもんじゃないかな、なんて思うのです。
愛がテーマというと、その辺を期待してしまう。

ま、時間がないからはしょったんでしょうけどね〜

あれじゃ「テッサ、アフリカに行きたくてジャスティンに結婚申し込んだんじゃないの?」と思いますよねえ。
実際ジャスティンだって、従兄弟の息子に来たメールを読むまではいろいろ疑心暗鬼だったし。


というわけで、長くなりそうなので(久しぶりですが)・・・・続きます。


posted by jester at 19:17| Comment(6) | TrackBack(2) | な行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。