2006年05月24日

ダ・ヴィンチ・コード

いや〜〜すごい宣伝ですね〜〜
ケーブルテレビでも特集番組の多いこと。

六本木で見たのですが、さすがに混んでました。
あれだけの話をどうやってまとめるのかなと思ったけれど、映像ってすごいなと思いました。
特に古代のローマの映像なんかが実写で見られるのが感動です。

とはいえ、基本的には謎解き物なので、ねたがばれていると、それほどはらはらしません。
原作が出てすぐに読んじゃったjesterはところどころストーリーを忘れかけていて(爆)とってもお得だったのですが、それにしても
「ああ、そうだったね〜」
と確認しながら見ているって感じ。

原作を読んでなくてはじめてみたら、いろいろビックリするかもしれないですけど・・・・


個人的には、ラングドンのイメージがトム・ハンクスではちょっと線が太すぎるかんじ。
あのおでこはなんなんだろう・・・・あせあせ(飛び散る汗)
jesterはもうちょっと学者っぽい感じで原作を読んでましたがな。


ソフィのオドレイ・トトゥは期待してましたけど、あの髪型、変〜〜
鬘かと思うような暑苦しさ。
アメリのおしゃれで可愛い髪形と全然違うし・・・・・たらーっ(汗)
足が細くて、痛々しかった・・・ 
女刑事というより女子学生みたい。

英語で台詞が言えるのだろうか、という不安があったのですが、かなり早口で流暢に話してました。
Hとかも発音できてたけど・・・・ 
でもなんか変ななまりなんですよね。
フランス人じゃないみたいな感じ。
もっとフランス語なまりを強く出して、フランスっぽい雰囲気を出したほうがかえってよかったかな?


あと、サー・イアン・マッケランも「ガン爺・・・あんなになっちゃって・・・・」とちょっと寂しかった。(違パンチ


その中で輝いてたのが「シラス」のポール・ベタニーでしたね〜〜

まあ、もともとベタニーさんが好きで、友達とも「『シラス』見に行こうよ」といって出かけたほどでしたから、当然といえば当然なんですが、
もう痛そうだし、かわいそうだし、綺麗だし(爆)この人見るためだけにお金払っても損はなし。

それにしても「悪いことする前に、痛い思いをして、罪悪をチャラにしよう」なんて事考え付くなんて、教会の欺瞞を感じました・・・
ライラ・シリーズでもこういう神父が出てきたなあ・・・

右の頬を打たれたら左をだすんじゃなかったの?


posted by jester at 08:19| Comment(8) | TrackBack(5) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。