2006年07月01日

プルートで朝食を

1001027_01.jpg映画館の狭い廊下に並んで、キリアン・マーフィのポスターを見ながら、「どおしよお・・・キリアン君のファンになっちゃったら・・・」と友達といってました。(爆)(DDさん、ごめんなさい!!)(またもや名指し!)


爆笑しながら、かなり泣きました・・・・ そして後味もよかった〜
これ、傑作ですよ♪ キリアン君も今まで見た中で一番よかったかも。


女装のゲイって、まさにキリアン君のためにあるような役柄。(殴

腰や体がとっても華奢なんですよね。
そのためにパーマで髪型が膨らむとやけに頭が大きく見えるけど、背が高いので全体的に見ればかっこ悪くはありません。
学生時代の制服のキリアン君も可愛いし。

しかし、ただ化粧してるってだけじゃなくて、目つき、振る舞い、しゃべり方がほんと女性的。髭剃りあとはうっすら見えても、もしかしたら本物の女性より女性的で、
「ふ〜〜ん、こういうひとって男性が見たら可愛いおかまなんだろうなあ・・・」
と思わせる、ひたむきなキトゥンことパトリックを、キリアン君が見事に演じてました。(すみません、「おかま」って差別用語でしょうか?)

フーテンの寅さん、おかま・アイルランド版って感じ・・・。(やや違

こんな友達、jesterもほしい。黒ハート


『Father』(二つの意味あり)役のリーアム・ニーソンがまた、真面目くさってる神父だけど実はスケベ、というはまり役(爆)であります。


音楽のセンスもよかったです。
のりの良いオールデイズのなかに、クラシックの名曲がしのんでいたりして。
HandelのZadok the Priestって、jesterが大好きな曲なんですけど、これもちゃんと溶け込んで、感動的に使われてました。
良かった良かった。

(以下ネタばれあり・・・・・・です!)

アイルランドの小さな町で教会の前に捨てられたパトリック。父も母も知らず、里親には冷たくあしらわれ、孤独な少年は、女装が好きなゲイに育つ。

そして母を捜して、ロンドンへと旅立つ・・・・。

これにIRAのテロや、性同一性障害(Gender Identity Disorder)の問題などが絡み合って、お話が進みます。

「人という字はぁ、棒と棒が寄りかかって、一人と一人が寄り添っていますね〜」なんて、金八先生みたいに言いたくなっちゃうように、そっと歩み寄ってぎこちなく寄り添う、寂しい人たちがたくさん・・・

そして、何も駆け引きなく愛してくれる存在の親が、物心ついてずっといなかったキトゥンは、他の人の何倍も寂しがりや。
それは生きる意志を持ち続けられないほど。
(その、『死んでもいいし』という投げやりな危なさがまたキリアン君にぴったりなんです。)

それでも何とか生きていけるのは、人とのふれあいがあるから。

すがる手を支える手があるから。

そしてキトゥンの手も、誰かを支えることでより強くなる。

♪人はみな、一人ではいきられないのだから〜♪


見終わったあと人に優しくしたくなる映画でした。



しかし銀座シネスイッチ、いい加減指定席にするか、せめて順番制入場にしてください・・・・・
始まる前に狭い廊下にぎっしり並ばされて、走って席を取るのって、もう時代遅れです!!


posted by jester at 17:51| Comment(18) | TrackBack(7) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。