2006年07月12日

サハラ -死の砂漠を脱出せよ-

サハラ~死の砂漠を脱出せよ

ま、このジャケットからも分かるように、サハラを舞台にした冒険活劇でありまして、それ以上でも以下でもありません。(爆)パンチ


Allcinemaさんところからもらって来たあらすじによると
「米国特殊機関NUMA(国立海中海洋機関)のエージェント、ダーク・ピット。彼は、ナイジェリアとマリの国境付近で発見された一枚の金貨が、南北戦争時に莫大な財宝と共に姿を消した甲鉄艦テキサスを見つける手掛かりになると確信し、金貨の発見現場へ向かう準備に取り掛かる。一方、WHO(世界保健機関)の女性研究医エヴァは、ナイジェリアで発生した謎の病原体の感染源がマリにあると判断し、調査に向かう。ところが、内紛が勃発したマリでは、国境が閉鎖され、通常ルートでの入国は不可能だった。そこでエヴァは、ピットたちがボートでマリを目指していると知り、ピットに頼み込み同乗させてもらい、一緒にマリ国境へと向かうのだった。」
というわけです。(なげやりあせあせ(飛び散る汗)



爆弾ペネロペ・クルスが「アフリカで起こるなぞの病気が〜〜」と、最近どこかの映画で見たばかりの熱血おねいさんのそっくりさんで、らくだに飛び乗ったり、井戸に降りたり、頑張ってます。
かっこいいけどねえ・・・

・・・jesterはペネロペのなまり英語が嫌いなんです。
こないだ「ペネロペのなまりフランス語が気持ちいい」って書いたばかりだけど、それはフランス語がまったく分からないからそう思うだけでして。
英語だと、ずっとしゃべられると、うう、なんか気持ち悪。

これからも英語圏のメジャーな映画に出るのなら、もうちょっと綺麗な英語勉強して欲しいな〜(お前に言われたくないだろう・・・


爆弾マシュー・マコノヒーは軽〜い軽〜いのりで楽しそうにやってますね。
ペネロペとの絡みより、相棒とのコンビネーションが笑えます。
(そういえばこの人の、FAILURE TO LAUNCH は日本公開されないのですかね?)

この二人、「熱々カップル」とか言われてましたが、今年の1月のゴールデングローブ賞の授賞式では、別々に歩いたりしてて、「破局か?」なんて騒がれてましたね〜

まあそれはどうでもいいや。猫


喫茶店よくね、こういう映画を見て「話しのつじつまがあってない!」というと、
「こういう映画をみてそういうことをいうのは無粋ってもん。こういうのはつじつまなんて考えてないで、ただ楽しめばいいの!」
っていわれますけど、jesterは作り物でも、本物らしく作ってないと嫌なんで、結構細かいところまで凝っていて欲しいほうです。

そう考えると、この映画も突っ込みどころ満載でございました。
(あくまで無粋者パンチ
ま、いちいちそれを上げませんけど・・・・。

らくだに乗ったり、船に乗ったり、南北戦争の頃の甲鉄艦テキサスから大砲打ったり、その辺に乗れれば、お定まりのローラーコースタームービーとして楽しめるんじゃないでしょうか。


posted by jester at 09:08| Comment(7) | TrackBack(1) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。