2006年07月13日

M:i:3(ミッション・インポッシブル・3) その1

前〜から言ってますが、トムクルみたいなペコちゃん顔はjesterのアンテナに引っかからないので、トムクル目当てじゃなくて、ジョナサン・リス・マイヤーズが見たくて行ったのです。

なので、心の奥底にそういう腐った目を隠してる(爆)わけですし、映画自体にはあんまり期待はしてなかったのですが・・・・

クール!!

面白かった〜〜!と映画館を出てきました。黒ハート

だからって後に残るものがあるとかいうのじゃないですけど、「退屈しないで過ごせる」。
これだけでもすごいことですよ。ほんとにもう。
Popcorn flick(ポップコーン食べながら気楽に見る映画)の真骨頂であります。


実は〜 J.J.エイブラムスの「エイリアス」(TVのスパイアクションドラマです)が好きだったりするのであります。
1から全部DVDにとってあるも〜〜ん♪
(ロストも見てますだ)

で、同じ監督だから展開とか似てるし、すごく楽しかった。
まあ誰が黒幕かはかなりはじめのほうでばればれでしたけど・・・


よく考えると、1作目も2作目も映画館で見てました。
スパイ物って好きなのかも、自分。
ああ、『インファナル・アフェアーズ』も好きだったし。(あれ、スパイ物か??)

映画館を出てからは、交差点でふと電柱に隠れたり、人の足元をじっと見て「この泥のついた靴・・・雨の後、沼地を歩いたな。怪しい・・・」と推理したり、携帯を持ちながら全速力で走ったり・・・

・・・すっかりスパイ気分のjester・・・(迷惑だからやめれ!パンチ


リゾートトムクルが好きかどうかはおいといて、頑張ってました。

思わず帰りに「Dianetics」なんて本を買ってしまった・・・・(爆)
この本、トムが入ってる宗教の「サイエントロジー」の聖書みたいな本なんですよ。

あの、トムについて知りたかった、とか言うのではありません。
ジョナサンが「トムは危ないシーンでも落ち着いて演技してた。あれは宗教のせいかな」なんてコメントしてたので、そっちつながりです。

いや、古本屋さんで100円で売ってたんですけどね・・・・(殴パンチ


リゾートフィリップ・シーモア・ホフマンさんは、演技は怖かったけど、悪役としての背景が説明ないし、いまいちその冷酷さが伝わってこない。
「運ぶの重そう〜〜 ジョナサン、腰痛めないで〜」なんて思ってました。
(結局なんでもジョナサンなわけね)



リゾートで、お目当てのジョナサンはねえ・・・・

メジャーな映画に出てくれてウレピイ!

けど、ジョナサンの持ち味が発揮されてたかといえば、それはなしです。
あれなら別の人がやってもできるわな〜 しくしく。

ジョナサンの魅力は、ふと気を抜いたときにする色っぽい目つきとか、ダークサイドに落ちたときの凍りつきそうな視線とか、欲望にぎらぎらしてるお顔なんかに顕著にあらわれるので、ただヘリコプターを操縦してるだけじゃだめよ・・・

裏の裏の黒幕はジョナサンだった・・・っていうのがいいけど、あの映画じゃ年齢的に無理だわさ。

まあジョナサンのお話は長くなりそうなので、そもなれ初めなどは(爆)またあとで書くとして、映画について。



*******以下ネタばれあります*****

リゾート↓の「サハラ」で「こういう映画の突っ込みどころをいうのは野暮」ってことを人にいわれるって書いたのですが、この映画も突っ込みどころはそれなりにあります。

「なんで訓練されたスパイが悪者の前で実名で呼び合って、しかもその名前で結婚して届けるんだよ〜!妻を誘拐して仕返ししてもいいよ、といってるみたいだろうが!! 」とか。

「バイオハザードマークがついてたけど、結局ラビットフットってなによ。それに盗み出すのに侵入した後、盗んでるところはカットで、仲間が車で待っているところに走って出てくるって、手抜きじゃないの?」とか。

「48時間、と時間を切られて、これから緊迫するのか?と期待したら、次の場面ではもうあと2時間だし、その次は5分だし。」とか。

「ミッション・インポッシブルといえば『君もしくはメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても当局は一切関知しないからそのつもりで』なはずなのに、部下を救出? しかも本部は丸出しに出てくるし〜 上役もでてくるし〜 秘密組織のはずが橋の上でも上海でもバチカンでも派手にやりすぎ〜」とか。


 でも、さすがはJ.J.エイブラムス、とってもテンポが良くて緊張感があるので、そういう疑問がわきあがってきて頭を占領する前に、話がどんどん進んでくれるのでした。


最後、ここまで話を広げて、どうやってまとめるんだろう、と不安になってきたら、一般人が黒幕を射撃・・・・大体、電気ショックで頭の中の爆弾壊せるのかよ〜とか、そんなに電流を通して、その後いくら看護婦さんが蘇生術やっても、生き返るのか?とか、ラストの落ちには笑えましたが、細部にお金をかけてるせいでその辺の荒さもさほど気にもならず、でした。



というわけで、長くなりそうなので、ジョナサンに関しては続く、であります。←またそれかい!!


posted by jester at 09:05| Comment(6) | TrackBack(2) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。