2006年07月26日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

う〜むむむ、jesterは期待したほど楽しめませんでした、この映画。

ただ、わははは!ってわらって楽しもう!と思っていったのに・・・


だもんで、このシリーズがお好きな方はどうぞ以下は読まないで、スルーしてください!!




猫   猫

  

あの〜、実は1作目もだめだったんです。
過剰に期待しすぎてたのもあるんだけど。

でも、1作目、ジョニデはすごいと思いました。
こんな演技もできるんだ!ってびっくり。


2作目は予告編をみて、ジャック・スパロウの映像が面白すぎ〜と思ってまたまた懲りずに期待していきましたけど、・・・・予告編のほうが面白かったかも・・・

いや、ジョニデは1作目に引き続き、楽しげに怪演してます。
あのくねくねした動き、上手ですよね〜 
そっくりかえって走るのも、すごくおかしい。
台詞も一つ一つ凝ってて、小出しに笑えます。

でもjesterはこういうジョニデより、「ネバーランド」みたいなシリアスジョニデのほうが好きですだ。


予告編ではジョニデばっかり目立ってたけど、オーリー、本編ではすごく出番多かったですね。
アクション、身体を張って頑張ってました。


キーラもお姫様の格好より、男装してたほうがかわいい。
ちゃんばらはかっこよかったわ。
「ベッカムに恋して」といい、ボーイッシュな格好がお似合いです。


夏休みにぴったりな海の映像も綺麗だし、脇役さんたちは豪華だし、小道具も凝っていて、良くできてます。


でもあの、ヌルネバイガイガの化けもんたち、しつこすぎません?
気持ち悪くて・・・・
気持ち悪すぎて笑えましたけど・・・
もうおなかいっぱい。

島の現地人(?)の描写も、いいんかね?こういうの??と思ってしまいました。
キング・コングでもそうだったのだけれど・・・
気にならない方もいると思うのですが、jesterは気になってしまいます。
いろんな意味で『土人』と呼ばれるような人々と、jesterは仲良いので、笑えないんですよ・・・


ジェットコースタームービーならそれなりに、もうちょっと話の必然性があってもいいと思うけれど、そういうのを求めてはいけない映画なんでしょうね。
しかし意味が分からないところもあり・・・


なんかセットとかCGとかにお金がかかっているのは分かるけど・・・・・・


とにかくjesterは、すごすご帰ってまいりました。



しくしくしく。たらーっ(汗)


posted by jester at 20:05| Comment(10) | TrackBack(1) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。