2006年07月29日

クラッシュ、真夜中のピアニスト、スタンドアップ

昨日は実家の猫(猫年齢100歳以上、癌で闘病中)の付き添い(?)で実家にこもり、最近届いたDVDを見まくっておりました。


いつも看病している母が1日でかけるというので借り出されたのですが、ずっと寝ている猫の、薬、トイレとえさやりなどをし、時にはなでてやったり、顔を拭いたり。
その合間に掃除や料理などをしながらDVDをかけっぱなしというお仕事。(仕事というのか、そういうのを!)

どれも映画館で見た作品なので、途中で中座してもかけっぱなしです。


クラッシュまず見たのは「クラッシュ」。
やっぱり「クラッシュ」はいいですわ〜黒ハート
いろんなところに監督の工夫があると思うけれど、音楽もまたかなりいいと思います。
(あ、前に映画館でみたあとのレビューでも同じことを書いたか!)

人間、いいところも悪いところもある。
それをでこぼこさせて、人とぶつかりながら、若い人も年取った人も、差別を受けてる人もしてるほうも、何とか生きてる・・・
自分もでこぼこしてるけど、それなりに前向きに生きていこう、なんて気にさせてくれます。ぴかぴか(新しい)


「真夜中のピアニスト」はチンピラの主人公が、ピアニストへの夢を捨てきれずに、2重生活を送りながら一生懸命ピアノを練習するところがとっても好きです。
ロマン・デュリスがおでこにしわを寄せながら、必死で指を動かしては、かんしゃくを起こすところがなんともいえません。
ラストはかなり辛口で、後味はあまりよくないけれど、ロマン・デュリスが主演した映画の中でも、好きな1作。
(しかし、しつこいけど、この邦題、なんとかしろ〜)パンチ


スタンドアップ 特別版3枚目を見始めて、なんかしんどいのばっかり買ってるかも、自分・・・と気がつく。
この映画も途中はしんどいなあ・・・ 自分にも同じような経験があるだけに、主人公は馬鹿なことしてるなとおもいつつ、共感してしまいます。
男と女のあいだには、深くてでっかい溝がありますねえ・・・

最後は予定調和って感じだけど、実話をもとにしているだけに、すごく救いがあって良いです。



で、最後に口直しに、ショーン豆さんの機長姿でもみるか、とフライトプランを取り出したところで、母が帰ってきてしまった。
なので、jesterのタスクも終わり。

枝豆のゆでたのをたくさんもらって家路についたのでした・・・


posted by jester at 08:48| Comment(7) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。