2006年08月25日

え〜〜!ベタニさんがInkheart?!

Inkheartといえば、作者のCornelia Funkeさんが

「Dustfingerはヴィゴをイメージして書きました」

といったことから、一部のヴィゴファンがこぞって読んだ本。

ニューラインシネマが映画化の権利を買ったこともあって、ヴィゴがDustfinger(作品中の重要な役がらです)を演じるのでは、という噂も昔しつこく流れておりました。

これがですね〜 こちらの記事によると、ポール・ベタニーさんがDustfingerをやるらしいという噂です・・・
(DDさんに教えてもらいました〜 DDさん、ありがとう!)

ベタニさんは、「黄金の羅針盤」でアスリエル卿をやる、という噂が流れ、一部ファン(jester)が鼻血を流して喜んだところ、結局ダニエル・クレイグに持っていかれてしまいましたが、今回は本当になるでしょうか・・・
本当になって欲しいです!!


ちなみに、この記事によりますと、Brendan FreaserがMeggieの父親役(物語を読むと登場人物が生きて出てきてしまう不思議な能力の持ち主)に決まっていて、そして主人公のMeggieはこれからオーデションということです。


「黄金の羅針盤」「エラゴン」そして「Inkheart」と、ファンタジーが次々映画化され、ファンタジーファンとしてはどきどきはらはら。

『ゲド』みたいにならないといいけれど・・・・・ あせあせ(飛び散る汗)



Inkheartの和訳はこちらです。



posted by jester at 17:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。