2006年10月08日

ユナイテッドシネマ豊洲 10番スクリーン ロード・オブ・ザ・リングスSEE鑑賞

オープンしたばかりのユナイテッドシネマ豊洲で、ロード・オブ・ザ・リングスのSEE(スペシャルエクステンデッドヴァージョン)を見てきました。

6日だけしかも朝1番の回だけ、日本で最大級という宣伝の、10番スクリーンで上映してくれるのです。

だもんで、合併台風&秋雨前線で大荒れの中を豊洲に出撃してきました。

10番スクリーンは音響をYAMAHAがやった「コンサートホール並みの音響」というのも売りです。

画面はTohoシネマ六本木(jesterはいまだにヴァージンシネマ六本木と呼んでますが)の7番スクリーンより大きいのに、客席はそれより少なく、とても贅沢なつくりになっています。

トイレがウォシュレットだったり、海の見えるバーがあったり、いろいろ素敵な映画館なんですけれど、なんといっても座席の一人が占められる面積が広いんですね。
椅子の座面が上がらないタイプなんで、座るとき楽なのですが、これは座面が上がらなくても人が行き来できるほど座席の前が広いからで、座っても充分前を人が通れます。
足を延ばしても前の席に届かない〜〜ぴかぴか(新しい)

それと、一人に一つづつ肘掛があるのです。
隣の知らないおじさんとひじの置き場所をめぐって争う必要とかないわけ。
これもかなりリラックスできます〜〜黒ハート

オンラインチケットを買うときに、周りの席がどのぐらい埋まっているかを画面で確認しながらLの15とか、ピンポイントで買うことができるのもうれしいです。
ユナイテッドシネマのこのシステム、TOHOシネマもぜひ見習って欲しい。
(ヴァージンシネマ六本木のオンラインチケットは、『このエリアから』でしか選べなくて、映画館に行ったらもっといい席が空いていたりしてがっかりすることがあります)

不満といえば、新しいので新築の匂いがきつく、シックハウスが不安だったのと、ちょっとヘッドレストの位置が高すぎるかな、と思いました。
jesterは普通の人より背が高いのですが、それでも後頭部が前傾に押される感じがやや気になりました。


さて、そんな10番スクリーンで見たロード・オブ・ザ・リングスは・・・・


素晴らしかった!!


画面が広くて、まるで映画の世界に入ったかのように臨場感があり、旅の仲間といっしょにミドルアースを旅している気分です!

ピーター・ジャクソンやリチャード・テイラーが凝りに凝ったデティールを堪能できます。

この映画、SEEだけでも10回以上、劇場版もいれると数十回みてますけど、これほど素晴らしいのは初めてかもしれません。

新たな発見がまたありました。
何しろ洋服の模様までくっきりはっきり見えるのですもの。ぴかぴか(新しい)

シャイアの袋小路屋敷の中から、アイセンガードの部屋の奥まで、今まで見えなかったところもばっちり鑑賞しました。

そして、ガン爺がモリアで落ちるシーン、そのあとのフロドの涙、ボロミアが逝くシーン・・・・
何度も泣いたのに、また泣いてしまった・・・・たらーっ(汗)

この映画、jesterにとっては特別な映画だな〜 とまた思いました。


そんな映画が大画面で今なら500円!!


・・・・なのに、お客さんはまばら・・・・たらーっ(汗)
残念。


10番スクリーンでTTT(二つの塔)やROTK(王の帰還)もやってくれるなら、どんな嵐の中でも通うわ〜〜と思ったけれど、来週からのTTTは小さい9番スクリーンでしかやってくれないようです。
しくしく。

それでも、昨日9番スクリーンで見た友人に聞くと、こじんまりしたスクリーンながら、音響などは良かったということですので、また行きたいな、とは思うのですが。


それと、さ来週(14日〜20日)は「歓びを歌にのせて」もやってくれるのですよ!
これも500円!

いくっきゃないですね〜〜爆弾


posted by jester at 08:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。