2006年10月12日

Tristan + Isolde (トリスタンとイゾルデ)

001t.jpg
やっと日本公開が近づいてきた「トリスタンとイゾルデ」の試写会に行ってきました。
それほど期待せずにでかけて、夜の歌舞伎町のぎらぎらと、シアターアップルのかび臭くてシャビイな座席に始まる前はうんざり気味でしたが・・・

映画は良かったです♪ハートたち(複数ハート)

1500年前のイギリスとアイルランドが舞台。
ローマの支配が終わって、混乱する国土のなかで、歴史の波にもまれ、運命のいたずらに苛まれる人間たち。

「トリスタンとイゾルデ」というと、ワグナーの美しいオペラが有名ですが、もともとケルトの伝承にあった「トリスタンとイズー」が数々の作家の手を経て形を変え、この映画では、単なる「媚薬をのんじゃった男女の狂おしい愛」から、残酷な境遇の中で必死で生きていく人間劇に完成されています。

宣伝では「ロミオとジュリエット」の原作とも言うべき恋愛物、とあおってますけれど、歴史物としても立派なできですし、ただ甘いだけの話じゃないです。

見ていて恥ずかしくなるようなべたつく甘さがなくて、それぞれが心に秘める切ない思いが胸を刺します。

戦闘シーンもかなり迫力あり。
お金をかけた大規模なものではないですけれど、上手な演出で臨場感があります。
それもそのはず。
「グラディエイター」のリドリー・スコットが製作総指揮、「モンテ・クリスト伯」のケヴィン・レイノルズが監督をしているのですよね〜。

恋愛物を見るぞ〜と期待していくのではなくて、古い時代にあった物語に浸りに行く、と思っていったのが正解でした。


ぴかぴか(新しい)アイルランドの王女でありながら、政略結婚のコマとして使われ、海辺にたたずんで、外の世界にあこがれるイゾルデ。

ハーブを熟知し、看護法なども良く知っている彼女は、負傷して流れ着いたコーンウォールの騎士、トリスタンを助けます。

この辺、二人が恋に落ちる過程が丁寧に書かれていて、無理がありません。
トリスタンはそりゃあイゾルデに惚れるわねえ〜〜
見ていて、「そうならなきゃ嘘だわ・・・」と思いました。
看護婦さんに恋する入院患者ですよね〜

イゾルデだって、ブルドックみたいな婚約者より、若くてつるぴかのトリスタンのほうがなんぼかいいでしょう。

しかし今両国は戦争状態にあり、お互いの国民の間には憎しみと恨みが渦巻いている。
海辺で泣きながら分かれる二人。

強力で残忍な王を抱くアイルランドに対して、イギリス内部では、いくつかの領主が裏切ったり裏切られたりしながら勢力争いをして、まとまりがない。

そして次に二人が出会うのは皮肉な場所。

喜びと驚きと、深い悲しみが瞬時にして二人を襲い、混乱した気持ちのまま、二人の立場は大きく交差して・・・・・たらーっ(汗)


という展開です。


001ttttt.jpgぴかぴか(新しい)なんといってもマーク王役のルーファス・シーウェルが良かったです!!

主役、トリスタンのジェームズ・ブランコをくっちゃってました・・・
(ジェームズも頑張ってましたが、決めのシーンでいまいち表情に華がないんですよね〜) 

ギョロッとしたオメメに坊主頭で、「渡辺謙に似てるかも」とおもっていたら、同行した友人も「あたしもそう思った!!」といってました。

心優しい王で、政略結婚のために嫁いで来た妻を精一杯幸せにしようとする切ない、得な役柄でした。
いままで悪役が多かったけど、やっと役にめぐまれましたね〜

この話、マーク王の物語といってもいいのでは?(またまた)


001tt.jpgぴかぴか(新しい)それから、ヒロインのソフィア・マイルズもかなり好き。
婚礼のシーンの美しさといったらなかったです。


しかしな〜〜
トリスタンなんか、さっさと忘れて、マークのことだけ考えてればいいのに!!
わたくしは、そう忠告したくなりましたね〜

もしどうしても忘れられないなら、せめてトリスタンをちらちら見て切ない顔なんかしないで、公共の場ではしゃんとしてなさいよ、あなた・・・

そしてこっそり逢引するなら許すよ。うん。


001h.jpgぴかぴか(新しい)あと出色だったのはメロート役のヘンリー・カヴィルかな。
ヘナチョコな役柄ですが、なかなかかっこいいのですよ。
ジェームズと一緒に写ってるシーンではついついヘンリーー・カヴィルを見ちゃいました。
ジム・カヴィーゼルと共演した「モンテクリスト伯」では可愛い男の子だったんですよね〜〜 最初あの子だとは気がつきませんでした。
立派になっちゃって〜〜♪

jester的にはこの人がトリスタンだったら嬉しかったかも。
それで、ジェームズ・フランコがメロート。
うんうん、そのほうがいいぞ!!イメージぴったりじゃんか。(殴パンチ(ひ〜〜ジェームズファンの方、ごめんなさい〜〜)


001ttt.jpgぴかぴか(新しい)全体的に暗くて地味な画像なんですが、幻想的で美しいんですよ。


それから衣装も素敵でした。
普通の人たちはごくごく粗末な洋服なのですが、王族のドレスは派手ではないけれど、とっても美しい。
マーク王の毛皮を使った衣装もカッコよかったです。


それから、邪魔にならず、心に残る音楽は、アン・ダッドリーが担当しています。

話の流れが自然で、分かりやすいので、余計な頭を使わずに、物語にしっとり浸って帰ってきました。


しかし、あのあと、残されたものはどうなるのかしら。
結構幸せに暮らしたりして・・・(殴パンチ
なんて思ってしまったjesterであります。


posted by jester at 10:38| Comment(16) | TrackBack(3) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。