2006年10月28日

KAMATAKI 窯焚 その6 インタビューその四

このインタビューの前は、藤竜也さんについてあまりよく知らずにいたjesterなんですが、いろいろお話をうかがって、藤さんの印象が変わりました。
マット・スマイリーの話から、藤さんの英語の話になって、とても美しい英語をしゃべられると聞き、思わずjesterは失礼にもこんな質問を・・・あせあせ(飛び散る汗)


猫    猫     猫     猫     猫

j; そうなんですか?(映画では藤竜也さんはひどい片言の英語でしゃべります。) 

Gagnon監督(以下G); 彼は最初の日すごく怒ったんですよ。
私のところに来て、完璧なシェークスピアイングリッシュで話したので、
「だめだめ・・・うまくしゃべれ過ぎですよ!だめです」といいましたら、
「英語で映画に出るために、ずっと英語を勉強し続けてきたのに、ブロークンジャパニーズイングリッシュ??」とね。
でも彼は本当に英語が上手なのです。

k14.jpgだから朝から晩までマットと藤は一緒で、ず〜〜っと一緒に話してました。
ちょっとここでは話せないような「男同士の話」も・・・『愛のコリーダ』の頃の話とか・・・お〜〜恥ずかしい・・・(爆笑)
でも俳優としての勉強ですからね〜〜
「あの時、どうしたの? どうやったの??」なんて。(さらに爆笑)



Mさん(カナダ大使館広報の方です); あの映画(「愛のコリーダ」)、見られましたか?

G; ええ、もちろん。

j; 私は見ていないのですが・・・

G; あれは見るべきです! 『愛のコリーダ』はとても美しいフィルムです。最初に見たときはもちろんショッキングかもしれませんけれど、でもとても美しいラブ・ストーリーなんですよ。


大島(渚)監督があれを撮ったときはたぶん時期が早すぎたんでしょうね。
私も最初に見たときはあまり好きではありませんでした。「ショッキングすぎる」とおもったのです。もちろん今ではそうは思いません。とても優しいラブストーリーだと思います。見るべきですよ〜

j; あれが公開された頃はまだ少女だったもので・・

G; 今はDVDでみられますよ。
モントリオールで私の映画、『Kamataki』が公開された後、『愛のコリーダ』が再発売されたんですよ。藤の写真があらゆるところにあり、みんな彼の話をしてましたから。
藤はカナダでは今や有名人です。新しい世代の人たちにもね。

j; 「KAMATAKI」の撮影にはどのぐらい日にちがかかったのでしょう?

G; 実際の撮影は、計画では38日を予定していましたが、37日で終わりました。
難しかったのは窯焚シーンです。ヒゲをそらないでやるので、だんだんに伸びなくちゃいけないから、助監督は大変でした。
「今日はひげが伸びてないからこのシーンは撮れないわ」とか考えなくちゃいけないのでね。窯焚シーンでは10日間、ノーストップで撮影したのです。

j; その辺が一番苦労なさったシーンでしょうか。

G; ええ、たくさんのシーンを撮影して、窯焚のシーンは大変でしたが・・・
私自身2回も窯焚を(神崎)先生のところで経験させてもらっていましたから。シナリオを書いているときに、どんな感じなのかプロセスをよく知っておく必要があったので。

窯焚シーンでは100時間フィルムを撮りました。私のアシスタントも窯焚の過程をよく知っていたので、撮影の計画ができたのです。
だから、他のいくつかのシーンのほうがもっと難しかったですね。

吉行(和子)さんとケンのシーンもとても難しかった。ケンは日本語がしゃべれない。彼女は英語がしゃべれない。コミュニケーションができません。こういう種類のシーンのほうが窯焚のシーンより難しいのです。

前にお話した仏教の話のシーン、お茶の出てくるシーンですが、何回も撮りなおしました。こっちのほうが私にとっては難しかったのです。

京都の撮影、「たぬきさん」の撮影もやはり難しかったですね。技術的にも、群集をコントロールしたりするのが大変です。だから、簡単に見えるシーンが、実は撮影は難しかったりすることがあるのです。


喫茶店   喫茶店   喫茶店   喫茶店   喫茶店   喫茶店   喫茶店   

まだまだお聞きしたいお話がたくさんあったのですが、この辺で時間が来てしまいました。
jesterがした質問はこれで終わりです。
この後、ご一緒させていただいたえりこさんが『なぜ信楽焼きを選んだのですか』などの質問をなさいました。
(えりこさん、わたしばかり時間をとってしまってごめんなさい〜〜!!)

そして最後に、

j ;写真を撮らさせていただいてよろしいでしょうか?

G; もちろん! それで、このまま?それとも脱ぐ?

j; じゃあ、脱いでくださいますか?

G; ああ・・・じゃ、ちょっとワイフに許可を得ないと・・・

j; う〜〜ん、じゃあ今回は着衣のままで・・・

などという爆笑会話があって、写真を撮ったりいたしました。


作り手のお話を聞くことによって、より映画について、そして映画製作について、わかることができて、とても勉強になりました。
へたくそな質問&英語に寛大に、そしてフレンドリーにお答えくださったガニオン監督、こんなチャンスを下さった皆々様に感謝!!です!黒ハート


そして最後まで読んでくださったあなたにも、心から感謝〜〜!ハートたち(複数ハート)



このインタビューの内容、写真などのコピーライトはガニオン監督、カナダ大使館広報部とjesterに帰属します。無許可の転載は絶対なさらないでください。文責はjesterにあります。


posted by jester at 11:20| Comment(9) | TrackBack(0) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。