2006年10月31日

カポーティ

capo.jpgなんかね、とっても清潔というへんてこな感想を持ったjesterです。

でも好きです、こういう映画。猫


話の内容は「冷血」や「ティファニーで朝食を」などで名を残すトルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説である「冷血」を書き上げた6年間の伝記映画です。

血も凍るような殺人事件と、犯人たちの死刑に向けての苦しみ、そしてそれを取材する作家の苦悩が題材ですから、見ている人も神経ぴりぴりしてくるようなダークで重い内容なんですよ。

トルーマン・カポーティを演じたのは、この映画で第63回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞したしたフィリップ・シーモア・ホフマン。
MI3でジョナサンに引きずられていた小太りの悪者役だった人。(殴パンチ

冷血
カポーティはこの本しか読んだことがなかったjesterは、カポーティがこんな人だったとは全然しりませんでした。

カミングアウトしたゲイで、恵まれない少年時代を送ったけれど、小説家としては成功し、セレブとも付き合う派手な生活を送る。
しかし「冷血」を書いてからは、短編をいくつか書いただけで、長編をのこすことなく、アルコール中毒で亡くなる。

こういう人を、フィリップ・シーモア・ホフマンがとても上手に演じてます。
甲高い声、気取って人をひきつけるおしゃべり、小指を立ててグラスからレモンを浮かしたアルコールをひっきりなしに飲む・・・・
ほんとなりきってますねえ〜〜


なんで「清潔」と思ったかというと、とにかく身奇麗にしてるんですね、カポーティは。
お風呂に入りたてみたいにぴかぴかで、ちゃんと洋服を着こなして、きっちり片付いたお部屋で原稿を書く。
ちょっと病的なほど。

それだけじゃなくて、刑事さんのおうちも綺麗だし、死刑囚たちも清潔でした。パンチ

capo2.jpgカポーティの興味を引いた(そしてもしかして、恋愛感情に似たものも?)死刑囚のペリー・スミスを演じたクリフトン・コリンズ・Jrのきらきら光る目が印象的でした。

貧しい少年時代を送り、芸術的な才能がありながら、そして道徳観もあるのに、突然殺人鬼に変貌してしまう異常性も持ち合わせている。

冷血
jesterは昔撮られた白黒映画「冷血」も見たのですが、これ、とっても怖かったです。
殺人事件がとてもリアルに描かれているのです。
そして事件後の犯人たちの生活、つかまるまで、そして処刑も・・・・

この映画の中ではカポーティは出てきませんが、それらしき雑誌記者がチラッと最後に出てきます。

そして、昔の映画のペリーは小太りで、ギターを弾いて芸能界デビューを目指す人のよい青年って感じでした。

『カポーティ』のペリーは芸術家っぽくて神経質な感じです。
絵も上手だし、陰がある感じで、う〜〜んこれなら、カポーティ、惚れるかも・・・・

華やかな世界で恋人(男性です)とリッチに暮らしながら、死刑囚に共鳴してしまう。
「飯の種」「死んでくれないと本が出せない」といいつつも、ペリーの死刑が近づくにつれて廃人のようになってしまうカポーティ。


「ヒューマンドラマ」なんていう宣伝のうたい文句が笑えますが、かなり人間観察は細かいです。

できたら「冷血」の本を読んで映画も見てから見たほうが、より「カポーティ」が楽しめるかもしれません。
映画は事件についてはあまり詳しくかかれてませんから・・・・


脇を固めるクリス・クーパーがかっこいい!
キャサリン・キナーも落ち着いた演技で映画を引き締めてます。


カポーティはインタビューなどをしたらその内容の94%は記憶していたそうで、6%ぐらいしか記憶できないjesterにはショックでした。
(頑張れ!jesterの海馬!!)


フィリップ・シーモア・ホフマンがゴールデン・グローブ賞主演男優賞をとってくれてよかったな〜
じゃなきゃ、こういう地味な映画、日本では公開してくれなかったか、レイトショー公開だったかもしれないもん・・・・たらーっ(汗)



posted by jester at 20:51| Comment(6) | TrackBack(5) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。