2006年11月04日

上海の伯爵夫人 White countess

S1.jpg

いつ日本では公開になるんだろう〜〜ってどきどきしながら待っていた、『White countess』がついに公開!
(しかしまたもや、邦題ですべる予感・・・このセンス、何とかならんかのお。)

ジェームズ・アイボリー監督で、原作がカズオ・イシグロっていったら「日の名残」のように、静謐で燻し銀の渋さだろうな〜と思って行きました。

少々テンポが遅めだけれど、期待通り!

宣伝では「激動の上海を舞台に、盲目のアメリカ人元外交官とロシアから亡命してきた美ぼうの伯爵夫人の運命を描くラブストーリー。」なんて安っぽいことをいってますけれど、
jesterは絶望と再生の物語だと思います。
深い絶望の淵から何が人間を再生させるのか。その過程をじっくり描いています。


暗闇の雪の中でワルツを踊る人たちをスローモーションで流す冒頭部分で一気に物語りに引き込まれます。


主人公の盲目の元外交官、トッド・ジャクソンはレイフ・ファインズ
ただ死ぬまでの時間をはかなくこの世に漂っているだけになっている男。

その柔らかい笑い、すべてに無関心な表情は非人間的に見え、不気味なほどで、救いようのない絶望がその抜け殻の底に重く静かに横たわっているのがわかる。

そしてもう一人の主人公、ソフィアは亡命してすべての財産を失なった伯爵夫人。
夫亡き後、プライドだけは高いのに凍るように冷たい夫の家族たちと、最愛の娘カティアを養うため、身体を張って色町で働らく。
落ちぶれた己の惨めさを感じないように無感覚になりながらも、人間の尊厳だけは保とうとしている心の美しい女性。

そんな二人が偶然のようにかかわりを持ち、バー「White countess」を作る。
それぞれの深い絶望の淵から、二人はRebornできるのか・・・・


日本侵攻直前の1936年、激動の上海を舞台に、静かに話は進んでいきます。

途中ちょっと話の進みがのろいと感じる方もいるかもしれませんが(jesterもそうおもいました)後半、港へ行くシーンあたりから緊迫感がどんどんと高まります。


S23.jpgレイフ演じるトッドも、ナターシャ・リチャードソン演じるソフィアもとてもおしゃれ。

ソフィアの着ている、深緑のコーディロイのロングコートと帽子がとても素敵です。
ナターシャ・リチャードソンは、テッドが求める「erotic&tragedy」というイメージではないように思ったけど、いぢめられっこの嫁さん役で、必死で一家を養っていたのに、さげすまれ、汚れ物扱いされ、裏切られ、最愛のものと引き裂かれる絶望・・・
階下に住むユダヤ人に「You belong to each other」っていわれて、娘を捜しに必死で走るところでは思わずもらい涙しちゃいます。

そして、謎の日本人、マツダを演じる真田広之さん。
英語、すごいトレーニングしたんでしょうね〜
とってもお上手でした!はらはらするような発音がほとんどなくて、安心して聞いてられました♪
分け目きっちり、ペッタンコの髪型はあまりお似合いではないですが、あれだけ台詞を堂々と言えれば、怖いものなしですわ〜


背景になる、第二次世界大戦直前の上海もオリエンタルでロマンチックで怪しくて、とても素敵です。
音楽や寸劇も東洋的なのにヨーロッパの匂いがしておしゃれ。

ロボットのように侵攻してくる日本軍がちょっと怖いけど・・・・あせあせ(飛び散る汗)


しかし『盲目の元外交官』ってレイフにはまりすぎです・・・揺れるハート
あの、今にも壊れそうな柔らかくて病的な笑顔がぴったり〜〜
絶望しているといっても、周りの人の同情を買うようにしょんぼりしているわけではなく、背筋を伸ばしてプライドは高い。
でも心の中は空洞なんです・・・

最後、泣けましたたらーっ(汗)

どうもjesterはどこか線の細い、繊細な陰のある俳優さんに弱いみたいですだ!パンチ


posted by jester at 09:17| Comment(10) | TrackBack(3) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。