2006年12月04日

トゥモローワールド Children Of Men

予告編を見た感じでは、かなり暗そうな内容・・・?と覚悟して見に行きました。
(実は先々週に見に行ったので、007より前に鑑賞してたのですが、記事が前後してしまった・・・)
これがjester的にはヒットでした。
ぐんぐん引き込まれて、自分が映画の中にいるように錯覚してしまい、ピシュウウ!!チョイ〜ン!!と弾丸が飛んできたときには思わず首をすくめるほど。

戦闘シーンでもカメラがずっと長回しで追い続けるので、自分の視点で見ているような臨場感と迫力があるんですね〜

画面もそうですが、音が迫力があっていい映画なので、ぜひぜひ音響のいい映画館で見て欲しいです。


人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年のイギリス、という設定で、なんで子供が生まれなくなったかとかそういう細かい説明はなしに、ど〜んとそのワールドに放り込まれて、クライブ・オーウェンと一緒に「なぜじゃ〜〜」と叫びつつ、母子を助けるのに思わず必死になっちゃいます。←単純猫


クライブ・オーウェンさん、キング・アーサーで見たときは、首の線がたぷたぷしててだめかも・・・と思ったけど、なんかそれから見るたびに「結構いい!」とおもい、この作品では「かなりいいじゃないですか、はい!」に変化しました。黒ハート

あのよろよろさ、ぼろぼろさ、酒臭さ、小汚さ・・・
でもなんか誠実そうな感じがにじみ出てて、ジュリアン・ムーアが「この人なら信頼できる」って言ってるせいだけじゃなくて、信頼できちゃうんですよ・・・ 


ジュリアン・ムーアは昔は、目から鼻の辺の線が気になるし、よろめく人妻みたいな湿っぽいイメージがあったのであまり好きじゃなかったけれど、「ハンニバル」からどんどんタフな女が似合うようになってきて、今回もカッコよかったです。


それと、マイケル・ケインさん。
いや〜彼が出てるとは聞いてましたけど、聞いてたのに、見ながら「それでどこに??」(今画面にでてるよ!)「でないね、ケインさん」(今出てるってば!!)状態。←ソファの上の猫とか、犬とかばかり見てるからだ・・・・

さすがに途中で「あ〜〜! このヒッピーのおじちゃん、ケインさんだあああ」と確認して、ビックリしました。
すごいいい味だしてます。
バットマンビギンズなんかの上品なバトラーもお似合いだけど、実生活はこういう人なのかな?なんて思ったり。

音楽もつぼでした。
ジョン・レノンの歌声が切なかった・・・たらーっ(汗)


以下、ネタばれあります**********




音がいい、って上に書いたのですが、最後のほうでの赤ちゃんの泣き声がなんとも印象的でしたね。
「戦場のピアニスト」で瓦礫の町に響くベートーベンの「月光」のように。

あのぐらいの生まれたての赤ちゃんって、jesterはどんなときでも目が釘付けになっちゃうし、「きゃ〜〜可愛い」とかいうんじゃなくて、もっと本能的な「この子を守らねば!」みたいなオーラが胸の辺からどわ〜〜っとあふれてきちうんですよ。最近は特にそうです。
どこかで泣き声がしたら、たとえ遠くで泣いていても、絶対「何で泣いてるんだろう?」ってすごく気になっちゃうし。

ま、それは皆さんそうなのかもしれませんが、映画を見ていてそういう気持ちが映画の中の人たちと共感できて、感動しました。
猛々しい戦場の狂気の兵士ですら、正気に引き戻す無垢な泣き声です・・・

(しかしあの赤ちゃんはCG?ですよね、もちろん。 生まれたてほやほやであんな埃っぽい撮影現場に持ち込めないよねえ・・・・)

設定では日本もアメリカも香港も、イギリス以外はみんな荒廃しきっちゃって人間が住めない状態になっているんですよ。
でもそういうイギリスですら、強制収容所はそれはそれはひどい状態。
すごいお金をかけたと聞きましたが、それはこの辺のセットに使われたのでしょうか。
とてもリアルでした。もうすぐあんな世界が来るのかも、と緊迫感があって・・・

「何百億円かけた豪華なセット!」が売りの娯楽映画を見ると、時々は「金の使い道は他にあるだろ?」なんて心のどこかにちくちくしちゃうもんがある貧乏人jesterでありますが、これは「お金をかけただけの意味ありかも」なんてうなずいたりしておりました。

ラストシーンもjester的には良かった。

霧の中で、これからどうなるのか不安だけど、とりあえず明日への扉は開かれた・・・という暗示で、救われました。



posted by jester at 09:34| Comment(8) | TrackBack(8) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。