2007年03月28日

善き人のためのソナタ

NZで見た映画のレビューは一休みして、最近見た映画のレビューもかかなくちゃ、というわけで、「善き人のためのソナタ」 であります。
20061221002fl00002viewrsz150x.jpgネタばれ嫌いなjesterなんで、鑑賞前はレビューは全く読まず、「ちょっと暗そうな映画?音楽が出てくるの?」ぐらいの予備知識(なのか?)だけで見に行きました。

ドイツの映画はわりと好きなんですが、ナチ時代をテーマにしたものその後の東西分断時代のものも、テーマがテーマだけに後味が重いものが多い気がします。

でもこれは全然ちがいました。

残虐さはなく、それどころかコミカルなシーンが時々あります。背景は暗くても、その中でひときわ光るものにスポットを当てていて、後味いいです。
心地よい人間愛に酔いしれました。

アカデミー賞外国語映画賞をとるものって、時にアカデミー賞作品賞を取るものより感動したりします。(今回は特に!)


ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツが舞台です。秘密警察シュタージで働くヴィースラー大尉は、命令により脚本家のドライマンの盗聴を命じられる。

体制に疑問を感じることなく、くそ真面目だったヴィースラーが、最初はドライマンの恋人のクリスタに惹かれ、そして芸術や音楽、詩などに触れるうちにドライマンの自由な心を尊重したくなる・・・・

エレベーターに乗り合わせたボールを持った少年との小さい会話の中でも、次第に目覚めていくヴィースラーの心理が描かれます。
最初は体制を批判していると思われる親の名前を聞き出そうとしていたのに、ふと気が変わり、「そのボールの名前は?」って聞く変なおじさんになる。
この辺、上手ですね〜

体制に疑問を感じるものと、体制を守ろうとしながら悩むもの、相対する立場の二人の人間が、非常に厳しい環境の中ながら人間の尊厳を守ろうと、密やかに、しかし意思を持って動き始める。

静かな感動を味わいました。

人として生きていくのに何が大切なのか、寡黙なヴィースラーの瞳が語っていました。

人間から悪を引き出すのは何なのか。
そしてその人間を善に導くのは何なのか。


分かりきっていることなのに、時々思い出させてもらわないと、うっかり忘れて流されてしまうjesterであります。

人間性を抑圧するゆがんだ社会体制と、そんな中で殺伐としてしまう心に人間の尊厳を教える芸術というものの素晴らしさ。

私の隣にいらした白髪の男性も、しきりに目をぬぐってらっしゃいました。

赤いリボンのタイプライターを触ると、指に赤い粉がつき、それが紙についてしまう。
痛々しくも見える赤い指のあとが、触れ合うことのないはずの二人の心を通い合わせる・・・・たらーっ(汗)



ぴかぴか(新しい)ヴィースラーを演じたウルリッヒ・ニューエ↑は、台詞が少なく寡黙な役柄ながら、そのビー玉みたいな目にいっぱい感情をたたえて不器用な男を演じきりました。
クリスタに、立場を超えて酒場で声をかけてしまうとき、そして彼女を尋問するときの、精一杯切ない愛を秘めた瞳。ハートたち(複数ハート)
う〜〜役者です!

2007年度、輝くおっさん大賞はこの人だ!!


ぴかぴか(新しい)そしてもう一人の2007年度、輝くおっさん大賞はセバスチャン・コッホ揺れるハート

同じドイツ映画で、jesterが大好きな「トンネル」(ドイツではテレビシリーズだったのを、日本では短縮され映画にして公開されました)では、主人公を演じるハイノー・フェルヒと一緒に西ドイツ側からトンネルを掘る仲間で、残してきた恋人カロラへの気持ちに苦悩する男、マチス・ヒラーを好演していましたが、今回は東独の体制下にあって、才能ある自由人を伸びやかに演じてます。

時々見せる少年のような表情、大人の色香、豊かな教養と、友人の名誉を惜しんで命をかけて体制を告発する勇気・・・ 
うひ〜〜 ドライマンにもやられました・・・パンチ


ぴかぴか(新しい)そういえば途中で冗談を言ったために左遷された若者、ヴィースラーの後ろで封筒開けながらラジオ聞いてましたね(笑

逆境の芸術家と、華々しい才能がない一般人のふれあい、という点では、これまたjesterが大好きなイタリア映画「イル・ポスティーノ」に通じるところがありました。
くしくも郵便配達、というところまで似ているわ〜



見終わったあと、誰かを(誰?)愛したい、芸術に触れたい、人生捨てたモンじゃないという気持ちにさせてくれる、完成度の高い秀作でございました。
公開が続いているうちに、何度か劇場で見たいです!
(しかしシネマライズはレディスディがないのよね〜)



猫ところで、明日から花見に京都に行こうかなと思ってます。
またちょっと中断しますが、来週には帰ってきます。(今度は絶対!(殴)パンチ



posted by jester at 10:17| Comment(18) | TrackBack(14) | や行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ヴィゴ・モーテンセンinマイアミバイス

ご存知とはおもいますが、明日深夜(29日)AM0:00と、明後日(29日)の早朝5:00、AM9:00から、CSのAXNで放映される「マイアミ・バイス65話」にヴィゴが出ます!

Aragornになるまえの若いヴィゴが見られますよ〜黒ハート
posted by jester at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

Open Season(邦題;オープンシーズン)

NZでみた映画レビュー、第6弾、Open Season(邦題;オープンシーズン)!
これ、ソニーピクチャーズが作った初めての長編アニメなんですよね。

CGアニメはなんだかんだいって大体見てますね。最近日本では吹き替えばっかりになっちゃって、なかなか字幕でやってくれないのでかなしい。
ハッピー・フィートまでほとんど吹き替えなんだもん。


さて、この映画、人間に育てられたクマが、悪いことばっかりして森に話され、仲良くなった鹿とともに成長していく、というお話。

子どもむけのアニメですが、なぜか〜 出てくる動物が可愛くない。

もともとアメリカのぬいぐるみなどは「なぜこんな不細工な顔・・・」というのがいっぱいあるので、可愛さのポイントが違うのでしょうが、ウサギとかリスなんて怖すぎです。(爆)

ま、主人公のクマ、ブーグはかわいくて、お菓子屋さんに忍び込んで、お菓子食べて盛り上がるところなんか楽しかったデス。でも小さい子向けの映画なので、「みんなは真似しちゃだめよ〜 こういうことすると森に捨てられちゃうよ〜」というメッセージなんでしょうかね。

Open Seasonというのが「狩猟のオープンシーズン」であって、野生の動物vs狩猟者(人間)たち、という図式になっているのがなんとも皮肉。
その辺のストーリーは練が甘くて、大人は笑えるけど、ちょっとさめつつ見ておりました。

でも川を流れるシーンなどのCGはとても美しかったです。あれだけでみる価値あり、かな。


posted by jester at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

Copying Beethoven(邦題;敬愛なるベートーヴェン)

NZで見てきた映画第5弾は『Copying Beethoven(邦題;敬愛なるベートーヴェン)』でございます。

アマゾン
敬愛なるベートーヴェン
見てきたら、もうDVDの予約が始まっていた・・・(レビュー書くの遅すぎ!)


じつは〜たらーっ(汗)

この映画のトレーラーを日本でたくさん見て、そのたびに「なんかよさそう!!」と涙ぐんじゃうほど期待してたjesterだったのでした・・・

「第9」の初演まであと4日にせまり、耳は聞こえないし、人間関係がうまく調節できなくて孤独だし、溺愛している甥はだめだめだし・・・、のなかで苦悩するベートーヴェン。
それを演じるのがエド・ハリスですもんね〜〜
わくわくわく。

でもですね・・・
そう、「期待してるとだめ」というjesterの法則はまたもや正しいことが証明されてしまった・・・・(爆)


だもんで、少々辛口レビューです。この映画がお好きな方、スルーしてくださいませ〜

*****


でだしの画像がぐらぐらするのが「長すぎ〜目が回る〜」と文句を言ってたのですが・・・・


1.jpgぴかぴか(新しい)ダイアン・クルーガーはとっても知的で綺麗でした。
うんうん。
やっぱりお化粧控えめのときのほうが綺麗。
『トロイ』のときより「毅然とした絶世の美女」にみえた。
ペンでベートーヴェンの楽譜をコピーするところも素敵でした。(あそこをもっと見たかった。Copying Beethovenなんだからさ。)

でも・・・あの盆踊りみたいな指揮はなんなんだ。(爆)
えらやっちゃえらやっちゃよいよいよいよい〜 みたい。

ま、100歩ゆずって、あれは隠れてベートーヴェンにサインを送ってるから小振りに動いてたんだ、そのせいなんだ〜とする。

でも指揮しながら恍惚とするのやめれ。

しかもそれを顔だけ・アップ・長回し・にしないで欲しい・・・
おまけに意味ありげに合唱隊のおばさんのアップも写るし。なにかの伏線かと思って顔憶えてたのになんにもないし。


ぴかぴか(新しい)エド・ハリスは、ダイアン・クルーガーよりは、それから玉木宏の千秋やら竹中直人のミルヒーよりは、指揮のまねがうまかったと思いました。

だれか指揮者について練習したんでしょうね。
ただ拍子を刻むんじゃなくて、次に何の楽器が来るのか、楽譜が分かってる感じがでてました。
それは今現役でオケにはいってる家族Bも言っておりました。

しかし・・・
いくら役づくりで太ったんだとしてもさ・・・

(あの腹はないだろう、あの腹は!)こそこそ。

・・・・しかも腹毛が渦巻いてるし。髪の毛はふさふさだし。だれなのあのおっさんは。
私のエドを返して〜〜!(爆)

それにベートーヴェン、耳聞こえすぎでは? 
第9の頃は会話のときはほとんど筆談だったはず。
まあ筆談じゃ映画にならないと思ったのかもしれないけど、それでこそ耳の聞こえない音楽家の苦しみが伝わるのでは・・・


森を散歩して豊かな自然に触れ、構想を練る、というシーンでも、画面にひろがりや森の美しさが感じられないから、ベートーヴェンに共感できないかんじ。


第九のシーンはさすがに感動的でしたね。

でもトレーラーのほうが感動したし。(?)
第九は映画じゃなくても感動する曲ですからね。


ぴかぴか(新しい)全体に、「『アマデウス』を狙って、あんな衝撃のアーティストの苦悩する姿を描きたいな」と思って作られた映画だけど、微妙にはずしちゃったのではないか、などと思ったわたくしです。


とにかく音楽がねえ・・・ exclamation×2

『ニュー・ワールド』のときのモーツアルトは「安売りしないでくれ〜」と思ったけど、『ベートーヴェン』では「この曲をここでこういう編集は?」「こんな楽器、この頃あったのか?」みたいな曲自体に関する違和感があったのです。

『アマデウス』のミロシュ・フォアマン監督はホランド監督より音楽が分かってる・・・というか、音楽監督のネヴィル・マリナーが良かったのかな。

責任者出て来い!
ベートーヴェンの音楽監督はだれなの??(海外で見るとパンフレットがないからわかんない。IMDBにも出てないぞ〜)

とにかくこの映画、音楽は特に好きじゃない、って言う人が作ってるんじゃないの?と疑問符が涌いてしまいました。パンチ

それぞれの演奏はいいんですけどね〜 
場面展開で音楽を切るにしても、つぎはぎするにしても、あそこでするか?という編集に感じてしまった・・・
エンドロールの曲でまで編集されててがっくりきたし。(あくまで当社比でございます)
映像に合わせて作るサウンドトラックと違って、もともとあるクラシック音楽を画面に当てるのは難しいから、画面を編集するときにどうしても音楽も一緒にカットしてしまうのでしょうか。



でもね〜 楽しいことも♪
 
まえにdimさんがこの映画を見て「ベートーヴェンはうちの父にそっくりだった」と書いてらしたので、

「あ、dimさんのお父さま、そんなところで水をかぶっては!」とか「あ、dimさんのお父様、橋の模型をぶっ壊すことないでしょ!」とか「あ、dim父さま、ズ、ズボンを」とか・・・・
変な盛り上がり方をしてしまったjesterでした。

ああ楽しかった。黒ハート(爆)


dimさん、ごめんなさい。これ、読まないで。(殴パンチ


posted by jester at 10:18| Comment(10) | TrackBack(1) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

The Golden Compass 黄金の羅針盤

The Golden Compass (黄金の羅針盤)の画像がネットに出始めましたね。
こちらなど。ぜひみてください〜黒ハート

二コール・キッドマンのMarisa Coulterの美しいこと・怖いこと。ぴったりです!

そしてLord Asrielのダニエル・クレイグ!! んも〜〜かっこえ〜〜! 
一時ポール・ベタニー説が流れたとき、嬉しいながらも「え?Lord Asrielがベタニーってちょっとあわないかも・・・」と思ったのですが、ダニエルさんなら最終巻までぴったりだと思います。

そのほか魔女のSerafina Pekkalaをエヴァ・グリーンもはまりすぎです〜!

それにIorek Byrnison の兜とかalethiometerとかの小物もよだれ物!!

すごく楽しみになってきたわ〜揺れるハート


お話のほうは、もう一つのブログゆきてかえりしひびで原作についてお話してますので、よかったら覗いて見て下さい。
posted by jester at 15:49| Comment(8) | TrackBack(0) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

The Illusionist 

NZで見た映画第4弾。

これもとっくに日本では公開されたかしらと思っていましたが、まだみたいですね。
なかなかあちらでは評判良かったみたいなのですけれど。
コメント欄でもレビューのご要望が多かったので早速取り上げてみました。

th-6.jpg舞台は20世紀初頭のオーストリア。貧しい若者、アイゼンハイム (アーロン・ジョンソン君。結構美形です。成人してからはエドワード・ノートンが演じます)は仲良しで身分の高い家柄の少女ソフィーを相手にいつもマジックをみせていた。
しかし身分の違う二人は親の手によって引き裂かれ、アイゼンハイムはイリュージョニスト(手品師)としてウィーンに現れる。人気になった彼の舞台に皇太子レオポルトが現れ、その婚約者はなんとソフィーだった・・・・
とまあ、こんなちょっと『シックスセンス』っぽい雰囲気もあるオカルト・ミステリーな展開です。


ネタばれしちゃうとつまらないお話なんで、これ以上はいえませんけど、恋人を取り戻そうと、権力に向かって全力を振り絞り、ついには死んだものの霊を呼ぶイリュージョンを始めるアイゼンハイムを、エドワード・ノートンが乗りに乗った鬼気迫る演技で好演してます。

仕掛けがあるマジックなのか、本物の降霊会なのか・・・どきどきくらくらの展開。

でもって、「人に取られるなら殺したほうがまし!」というほど嫉妬深い皇太子が
ルーファス・シーウェル!!
あの大きなオメメでじっとりと演じてます。やっぱり『悪やってなんぼ』のルーファスですわ〜黒ハート
(いや、『トリスタン+イゾルデ』のマーク王は永遠の恋人の一人なんですけど・・・・)

そして、狂言回しの警察官Uhlにポール・ジアマッティ。なかなかはまり役で、ラストでいい味を出しています。


アイゼンハイムのイリュージョンは映画のCGに見慣れちゃった目には新鮮な喜びがないんですけど、展開自体が面白いので、充分楽しめます。


日本でも早く公開されるといいな〜♪
posted by jester at 10:52| Comment(14) | TrackBack(0) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

The Departed(邦題;ディパーテッド)

NZで見た映画第3弾はThe Departed(邦題;ディパーテッド)
でございます。

皆さんご存知、傑作の香港映画、インファナル・アフェアーズのハリウッドリメイク。

で、きっと腹立つから比べちゃだめ〜と思いつつ、トニー・レオンファンのわたくしはもちろん最初から最後まで比べまくってました。(爆)



で、比べまくった結果ですが。


どの俳優さんも、だめ。
ラストも、だめ。なんなの、あの終わり方は。

音楽はまあまあ。

(え〜〜、元の映画と比べまくった結果です〜)
(俳優さん一人一人についていちいち書いていると怒りがこみ上げてきてまた何ページも書いてしまうので、やめておこう)

どうしてこれがアカデミー賞とるんだろう・・・たらーっ(汗)

審査員はインファナル・アフェアーズを見てないのね。
私が審査員なら、絶対インファナルに1票いれてます。(だから、インファナルは審査対象じゃないんだって!パンチ
posted by jester at 08:29| Comment(7) | TrackBack(5) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

Little Miss Sunshine(邦題;リトル・ミス・サンシャイン)

1001449_02.jpg
NZで見た映画レビュー第2弾。

いまさらなんですが、もう東京では公開が終わっているのかなと思っていたら、まだ池袋などではやっているんですね〜(iguさん、情報ありがとうございます)
アラン・アーキン、アカデミー賞とりましたしねハートたち(複数ハート)


ほのぼの家族ロードムービー映画です♪(ロードムービー大好き♪)

といっても、『負け組』ぞろいのだめだめ家族。
それぞれの年代の、ゲイとか老人問題、麻薬に引きこもり、そして美少女コンテスト、などなど重い話題を盛り込んでいるのですが、なんといってもオリーブちゃんのむちむちしたおなかがかわゆくて、すべてを凌駕してました。はい。

“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストのオリーブ以外の出場者は『ジョン・ベネちゃん殺人事件』を思い起こさせて気持ち悪かったです。
美少女コンテストといっても全然可愛くないし。

あの、「ならしてないのにクラクションが鳴り続けちゃう、スターターが壊れてて、みんなで押さないと走らない、しかも走り出したら止まれない」黄色の車が笑えました。
皆さん最後には飛び乗るのもお上手になっていて。

最後のダンスシーン、舞台に踊り出る男たち、最高です。予定調和だなと思いつつもにっこりほんわか。
問題は解決されてないのに、なぜか明るい気分になれるのはなぜ?
結論は「やっぱ、家族っていいな〜」でしょうか。黒ハート


しかし・・・おじいちゃんの体はどうなったのでしょう。
あれでいいのか???

posted by jester at 12:35| Comment(4) | TrackBack(1) | ら行、わ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ニュージーランドでみた映画一覧。

ニュージーランドでなんの映画をみたっけ、とおもいだしつつ一覧をつくってみました。

The World’s Fastest Indian(邦題;世界最速のインディアン)
The Queen
Little Miss Sunshine(邦題;リトル・ミス・サンシャイン)
The Illusionist
The Departed(邦題;ディパーテッド)
Scoop
Open Season(邦題;オープンシーズン)
Copying Beethoven(邦題;親愛なるベートーヴェン)
Eragon(邦題;エラゴン)

う〜〜ん、jesterにしてはいっぱい見てますね。
こうしてみると、まだ日本公開されてないのもあるなあ。

あと飛行機の中では行きはロード・オブ・ザ・リングス3部作をみてました。(さすがNZエアです!イッキミができるのだ♪)
帰りもロードと、あとThe Queenをまた見たり、マイアミバイスを見たり〜という感じかな。

posted by jester at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

世界最速のインディアン

これ、ニュージーランドで見ました。

なんしろアンソニー・ホプキンズ演じるところのバート・モンローさんはキィウイー(NZ人のあだ名)、ニュージーランド人ですからね〜
飄々とした台詞の中に、のんびりしたNZならではの笑えるポイントなんかもたくさんあって、楽しかったデス。

前に予告を見たとき、「アンソニーがライダー?(サイコライダーか??) それにインディアンって、ネイティブアメリカンの役??」なんて思っていたのでした。
映画を見ていてやっとインディアンがバイクの名前だと分かりました・・・・・


NZ滞在中は彼らのNZ英語がところどころ聞き取れず、何度も聞きなおしたりしてショックを受けていたjesterでしたが、バートがアメリカに到着したシーンで、アメリカ人はNZ英語が聞き取れず、バートはアメリカ英語がわからず・・・・という場面がありました。
「な〜〜んだ、ネイティブ同士だってお互い聞き取れないんじゃん!」とほっとしました。パンチ
(でもアンソニーのNZ訛りはお上品すぎだとおもいますが・・・)


ちょうどその頃泊まっていた農家のおばちゃんが、
「ニュージーランドには蛇がいないの。夜歩いても危険な動物はいないわ!」と言っていて、
「そうか〜だからキィウィのような『飛べない鳥』が生き残れるのか・・・」と感心したのですが、バートがアメリカにいって、ガラガラヘビにおびえて飛び上がり、
「蛇を生まれて初めて見たみたいね」といわれて
「NZには蛇がいないんだ!」なんて言い返す台詞には笑えました。


実話ベースの『心温まるストーリー』なんですが、全体的にみんな善人過ぎて、ちょっと臭いと感じるひともいるかな〜とも思いました。

しかしNZってほんとに大体こんな感じなんですよね。
細かいことにこだわらない国民性で、のびのびしてて、許容範囲が広くて、老人でも成長中みたいに元気があって。
なんでなんだろう・・・うらやましいなあ。

jesterもカリカリしないで、のんびり暮らしたいです。(←あんたは充分してるだろうパンチ

人口密度が全然ちがうし(日本の1/24)道は広々してて、広大な公園だらけだし、少しいけば海や湖、川に草原と、豊かな自然があふれてるし、そんな国土ならではなのかな。

質素でも広い庭のあるおうちで、動物いっぱい飼って、あんまりおしゃれなものも凝ったおいしいものもないけど、量だけはたらふく食べて、笑って暮らしてる〜
そんなイメージを持っちゃう人々なんですよね。
(わ〜〜NZランドの人、ごめんなさいね〜)


この映画、人生に疲れた時見たら、元気がでるかもしれませんね。ハートたち(複数ハート)

posted by jester at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

Dream Girls ドリームガールズ

とにかくジェニファー・ハドソンの歌声にお疲れ様・・・・(汗)

実話ベースの話らしいですが、その辺jesterは詳しくありません。
しってたらもっと楽しんだろうな猫

エディ・マーフィの髪型にはのけぞりましたが、歌はうまかったですね。

これ、実際の舞台でみたらパワーをもらえそうですが、映画館で見るとバービー人形のくねくねダンス(爆)とこぶしの聞いた熱唱に、はいりこめずに押し捲られ(?)

もうちょっと「引く」部分があったら疲れなかったかもしれないです。(虚弱体質)

最後のほうでは、登場人物が歌いそうになると「もういいです、はい」と密かに思っていた。(殴

古くは『コーラスライン』、最近では『シカゴ』『オペラ座の怪人』『RENT』のときも思ったけど、やっぱり舞台は生・・・。
生の歌声やダンスの持つパワーはすごいです。

あれを期待しちゃうと、ミュージカルの映画でパワーをもらうのはなかなか難しいのかな、と思うjesterです。
『プロジューサーズ』ぐらい笑わせてくれないとだめなのかなあ?
やっぱり銀幕越しでは少し醒めてみてる部分があるのね。


ビヨンセは綺麗でしたハートたち(複数ハート)
posted by jester at 09:25| Comment(6) | TrackBack(0) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。