2007年03月20日

The Illusionist 

NZで見た映画第4弾。

これもとっくに日本では公開されたかしらと思っていましたが、まだみたいですね。
なかなかあちらでは評判良かったみたいなのですけれど。
コメント欄でもレビューのご要望が多かったので早速取り上げてみました。

th-6.jpg舞台は20世紀初頭のオーストリア。貧しい若者、アイゼンハイム (アーロン・ジョンソン君。結構美形です。成人してからはエドワード・ノートンが演じます)は仲良しで身分の高い家柄の少女ソフィーを相手にいつもマジックをみせていた。
しかし身分の違う二人は親の手によって引き裂かれ、アイゼンハイムはイリュージョニスト(手品師)としてウィーンに現れる。人気になった彼の舞台に皇太子レオポルトが現れ、その婚約者はなんとソフィーだった・・・・
とまあ、こんなちょっと『シックスセンス』っぽい雰囲気もあるオカルト・ミステリーな展開です。


ネタばれしちゃうとつまらないお話なんで、これ以上はいえませんけど、恋人を取り戻そうと、権力に向かって全力を振り絞り、ついには死んだものの霊を呼ぶイリュージョンを始めるアイゼンハイムを、エドワード・ノートンが乗りに乗った鬼気迫る演技で好演してます。

仕掛けがあるマジックなのか、本物の降霊会なのか・・・どきどきくらくらの展開。

でもって、「人に取られるなら殺したほうがまし!」というほど嫉妬深い皇太子が
ルーファス・シーウェル!!
あの大きなオメメでじっとりと演じてます。やっぱり『悪やってなんぼ』のルーファスですわ〜黒ハート
(いや、『トリスタン+イゾルデ』のマーク王は永遠の恋人の一人なんですけど・・・・)

そして、狂言回しの警察官Uhlにポール・ジアマッティ。なかなかはまり役で、ラストでいい味を出しています。


アイゼンハイムのイリュージョンは映画のCGに見慣れちゃった目には新鮮な喜びがないんですけど、展開自体が面白いので、充分楽しめます。


日本でも早く公開されるといいな〜♪


posted by jester at 10:52| Comment(14) | TrackBack(0) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。