2007年03月26日

Open Season(邦題;オープンシーズン)

NZでみた映画レビュー、第6弾、Open Season(邦題;オープンシーズン)!
これ、ソニーピクチャーズが作った初めての長編アニメなんですよね。

CGアニメはなんだかんだいって大体見てますね。最近日本では吹き替えばっかりになっちゃって、なかなか字幕でやってくれないのでかなしい。
ハッピー・フィートまでほとんど吹き替えなんだもん。


さて、この映画、人間に育てられたクマが、悪いことばっかりして森に話され、仲良くなった鹿とともに成長していく、というお話。

子どもむけのアニメですが、なぜか〜 出てくる動物が可愛くない。

もともとアメリカのぬいぐるみなどは「なぜこんな不細工な顔・・・」というのがいっぱいあるので、可愛さのポイントが違うのでしょうが、ウサギとかリスなんて怖すぎです。(爆)

ま、主人公のクマ、ブーグはかわいくて、お菓子屋さんに忍び込んで、お菓子食べて盛り上がるところなんか楽しかったデス。でも小さい子向けの映画なので、「みんなは真似しちゃだめよ〜 こういうことすると森に捨てられちゃうよ〜」というメッセージなんでしょうかね。

Open Seasonというのが「狩猟のオープンシーズン」であって、野生の動物vs狩猟者(人間)たち、という図式になっているのがなんとも皮肉。
その辺のストーリーは練が甘くて、大人は笑えるけど、ちょっとさめつつ見ておりました。

でも川を流れるシーンなどのCGはとても美しかったです。あれだけでみる価値あり、かな。




posted by jester at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。