2007年05月18日

ハンニバル ライジング HANNIBAL RISING

映画化が決まった頃から
「うぎゃああ〜 ギャスパー君がハンニバル・レクター博士に!!」とここでも騒いでいたjesterですが、公開が近くなって、トレーラーを映画館で見るたびに、逃げ腰に。あせあせ(飛び散る汗)

「やっぱだめそうだ・・・・」猫

このシリーズ、トマス・ハリスの原作はどれも結構好きで、映画も「羊たちの沈黙」は映画館で見たのですが、それ以降の作品は、「見たい、でも怖い・・・・」と迷いに迷って、結局DVDで見たりしてごまかしてきたのでした。

だってjesterはスプラッタが苦手!!

だからね、見なきゃいいの。見なきゃ!
見るなよ、もう!!


でも見たい・・・みたい・・・レクターなギャスパー君・・・。


というわけで、「怖いのはトレーラーにあったシーンだけ〜〜るんるん あそこだけ目をつぶれば、大丈夫のはず〜〜るんるん
と呪文のように歌いながら、映画館に。 (自己欺瞞!!!!)



そんなわけないし!!たらーっ(汗)


・・・いや、そんな訳ないのは、原作読んだから知ってたんだけど。(文字で読むのはスプラッタでもホラーでも戦闘シーンでも結構平気なの)

出だしこそ「この綺麗な森、澄んだ水、ほらやっぱりスプラッタじゃないわ、この音楽」などといってましたが、その数分後には腰が浮き、63%ぐらいは目をつぶってましたね・・・・(爆)パンチ


20070312008fl00008viewrsz150x.jpgしかし! 

ギャスパー君、美しかったわ〜
見る前は「え〜〜どうしてギャスパーがハンニバルに??」と思っていたけれど、見ているうちに、だんだんにアンソニー@ハンニバルの面影があるような気がしてきました。
オールバックにしてくれるととっても気分出る。
怖いけど哀れで・・・


なんちゃってジャパネスクが出てくるという噂は聞いていたので、
「これは日本じゃない〜るんるん」とまた歌って鑑賞しました。
なので、別に違和感なし。
(別の国だと思えば腹も立ちません)

PP.jpgぴかぴか(新しい)しかし、コン・リー、綺麗でしたね〜
髪型がちょっと「幽霊導師」してましたけど、あの静謐な美しさ、見とれちゃいました。
今まで見た中では一番綺麗に感じました。お化粧控えめのほうが絶対綺麗♪

日本ではなかなかいないんですよね、こういう女優さん。
だから日本人女性の役をみんな香港スターに持ってかれちゃう・・・


ぴかぴか(新しい)あと、幼レクターを演じたAaron Thomas 君が可愛かった♪
(子役から青年役への変化がショックじゃなくて嬉しかったし)


というわけで、ヨーロッパ映画風ね、とおもったらイギリス映画なんですね。
半分は目をつぶっていたので、綺麗な画像とか、ストーリー上大切なところを見逃しているような気もして・・・・
いえ、気じゃなくて、かなり見逃してると思われます。(殴


もうちょっとたって、怖いの忘れたらまた
「これはスプラッタじゃないの〜るんるん 綺麗なおねいさんと、かっこいいギャスパー君が出てくる映画〜〜るんるん」と歌いながらもう一回見なくちゃいけないかも・・・・
(か、DVDで早送りしつつかな・・・)

と思っている、懲りないjesterでした。


posted by jester at 07:10| Comment(19) | TrackBack(5) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。