2007年05月27日

アンネ・フランク 

ご存知「アンネの日記」のアンネ・フランクの生涯をえがいた、ABCテレビ・ミニ・シリーズです。

アンネ・フランク

「アンネの日記」では描かれていない部分もドラマ化。
特に、警察に踏み込まれ連行されて日記は終わりますが、ドラマでは強制収容所に入ってからのアンネや家族、そして戦争が終わってからのオットー・フランクやその他の人々のことも描かれています。

お父さんのオットー・フランクがベン・キングズレー。

さすが名優、背筋をピッと伸ばした、見るからに誠実そうな父親で、出てくるたびに画面が引き締まる感じがします。
絶望的な状況下でなんとか家族を守ろうとする姿に感動。
特にアンネと引き離されるシーンは泣きました・・・。

ストーリーについては皆さんご存知でしょう。

「アンネの日記」はjesterの小さい頃からの愛読書で、アンネのまねをして秘密の友だち宛ての手紙風の日記をつけたりしてました。

成長してから繰り返して読むとまた味わいが違い、こんなに生き生きと青春を送っていた少女の命を奪った戦争が許せないと思いました。

photo_annie.jpgそれからアンネはずっと心の中に生きつづけ、大人になってから、どうしてもいってみたくて、アムステルダムのプリンセンフラハト263番地にある隠れ家を訪れました。

あの、本棚の後ろにある扉をくぐったとき、その狭さに胸が痛みました。

そして、アンネの日記の中の文章を思い出しながら、今は大きく開けられている窓に寄り添って外を眺めたり、アンネの部屋に当時のまま張ってある写真などを眺めながら、そこで1日過ごしました。

このドラマをみていたら、隠れ家の内部は本物とそっくりにできていて、そんなアムステルダムの1日を思い出しました。


隠れ家に入るまでも丁寧に描かれています。
そして、強制収容所にはいってからのシーンは日記では(もちろん)書かれていない部分なので、いままではリアルに捉えていなかったのですが、実際にアンネがその場で姉や母を支えながら生き抜こうとする姿はあまりにも残酷で、涙をそそりました。

あと少し頑張れば、アンネも解放され、普通に結婚し、たくさんの子どもを生み、そして孫に囲まれる老後が過ごせたのかもしれないのに・・・・


アンネを演じるハナ・テイラー・ゴードンは、聡明そうで想像力のある明るい少女を好演しています。
自由な生活、友人、太陽、風・・・ そのすべてを奪われてもなお希望を持ち、美しく明るいものに心をよせながら生きようとする姿は爽やかです。


ホロコースト映画に関しては「映画にはそういうものを求めてない」とご覧にならない方も多いかもしれませんが、人類が通ってきた道の一つとして歴史を振り返り、そこから学ぶためにも、こうした良質のDVDやテレビ・シリーズ、映画などを、若い世代の人にみてほしいな〜と思ってしまうjesterであります。


しかし・・・ホロコースト物ではドイツ軍は鬼に見えます。
迫害される側から見ているので当然ですが。

中国映画の「鬼が来た!」も最近見たのですが、迫害する側が日本であるのが、同じ日本人としてつらかった・・・・

この感想もまた書きます。




posted by jester at 10:21| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。