2007年06月16日

プレステージ THE PRESTIGE

ネットでトレーラーを見たり、原作を読んで興奮していたのが去年の夏(原作のレビューはこちらです)ですから、それから1年。

やっとの日本公開に待ちわびて、初日にびし!猫っと見に行ってきました。

1326220thumb005.jpg原作を読んでますので、完全にネタばれもいいとこなんですが・・・

jesterの場合英語で読んだものは短期記憶にすら残らないという、とってもお得(涙)な海馬を脳の中に備えておりますので、もうほとんどストーリーを忘れている状態で挑みました。

その上、映画では出だしからかなり原作と変わっている部分があるので、最初は、ああ、全然違うようになったのね〜〜なんて思ってみておりました。

まあ、見進むにつれて、だんだん思い出してきて、中心になるからくりは、あまり変わってないというのが分りました。
(だもんで、原作を読まずにご覧になった方と、視点が違うと思いますので、その辺はご容赦をお願いいたします〜)


しかし・・・

あれ、原作を読まずに突然見た方は、皆様一回見ただけでお分かりになったでしょうか?あせあせ(飛び散る汗)




いや、お分かりになった方も多いと思うのですが・・・

私の後ろに、ヒューのファンらしくで、とっても楽しみにしていて初日に駆けつけたのだな〜という、うら若き女性二人が座っていて、始まるまでわいわいきゃあきゃあとはしゃいでたのですが、終わったらしばらくし〜〜んとして、
 「・・・一回じゃ、わかんないぐらい、・・・深かったね?」
「ね?」

などとつぶやいてましたので・・・。


原作を読んでいても、いまどこの時点で誰が誰の手記を読んでいるのかが混乱したのです。
何度か戻って読み直したぐらいです。

でも、映画なら個別に人間が動く画像があるのだから、もっと分りやすく出来ているはず、と思っていましたが・・・
そうでもなかったですね。

映画ではあれ?と思ったとき戻って読み直したりできないので、より混乱なさった方もいるのではないでしょうか。


その辺は『メメント』のクリストファー・ノーラン監督ですから、見ているものをくらくらさせるような展開にしたかったのでしょうね。
あの作品も見終わったあと「表」を作って確認しながらもう一回見たくなりましたもん。
分らない人はもう一回見てください、というところかな。

でもこの場合は、視点が多すぎるので、一般大衆向けに公開する作品としては、脚本がちょっと意地悪かな、という気もしましたのですが、どうでしょうか・・・。
(パイレーツと違ってこれはさすがに「終わった後にお読みください」の模範解答は入り口で配ってなかったですけどね〜)


ぴかぴか(新しい)クリスチャン・ベイル、ヒュー・ジャックマン、マイケル・ケイン、アンディ・サーキス、デヴィッド・ボウイ、そしてスカーレット・ヨハンソンと、一人でも話題を巻き起こしそうな(当社比)実力派俳優さんをずらっとそろえていて、その点でも迫力充分。

暗くて怪しげな画面作りはまずまず成功です。


クリスチャン・ベイルはどことなく陰があるけど、暖かいところも秘めている、男の可愛さを出すのがうまいです。黒ハート
いろいろ微妙な演じ分けもちゃんとこなしていて、イギリス英語しゃべってるし、さすがの演技力に納得。


ヒュー・ジャックマンの舞台姿はびしっと決まっていて、かっこいい〜。
さすが舞台を何回も踏んでいるミュージカル・スターだけありますよね。
この人も、脱ぐと筋肉モリモリなのに着やせする〜〜パンチ


マイケル・ケインは相変わらず渋くて良かったけど、どうもバットマンの執事!のイメージが強いので、どうしてベイルのサイドにいないのだ??と混乱(爆)しましたが・・・・


そして、「アンディ・サーキスはどうみてもスミーゴで可愛いぞ」だとか、
「デヴィッド・ボウイも年とったけど、訛り英語もいい味だわ」とか、個人的にはとっても楽しみました。


テスラの迫力も画像で見るとバチバチとすごかったし。


もともと幻想文学なんで、リアリティとかは追求せずに、不可思議な世界に漂うのを楽しめばそれでOKなんですよね。


原作を読んでいたときに感じた、どうしようもない「中だるみ」感もなかったと思います。
かなりカットされていたのが良かったのかもしれません。
あの時間内に収めるなら、子孫のエピソードとかはカットしないと無理ですよね。
(でも子孫のエピソードは、それこそ幻想っぽくて好きだったので残念ですが・・・)

究極的に無意味だと自分には思われた『熾烈な復讐の応酬』も、本で読んでいたときよりは乗れたかも。

その辺は『舞台で人が死んじゃう』みたいな衝撃のシーンが盛りだくさんで、目が離せないつくりになっていたというのが大きいですね。


まあ、最初Angierの奥さんが水槽の中で死んじゃうところで、
「泣いてないで、さっさと人工呼吸してやれよ! 心臓マッサージすればまだ間に合うよ!!」などとおせっかいを焼きたくなったり、雪が積もってる林のシーンがチャチイなあなんてため息ついたり、助けようと水槽を割ろうとしてたのに首吊りかい?と突っ込んでではいましたが・・・(爆)

あ、それと、ラストシーンは、原作のほうが「テスラ」についての伏線がほとんど意味不明だっただけに、ショックで怖かったですね。

映画のほうも、もっと伏線を弱くして、最後ど〜〜んと、ずらずらっと見せてほしかったです。
(意味不明ですみません。ネタばれを避けて書くのがむずかしいなあ・・・)



・・・しかし、やはりこういった話は、基本的にネタばれしちゃってると、映画を見るのが『確認作業』になっちゃいますね。たらーっ(汗)


jesterはたいてい映画の前に原作を読んでしまう派です。

本が好きなもんで、原作が出て、評判になった時点で手を出していることが多いので、映画化するころにはどうしても読んじゃってます。

それに映画を見ちゃってネタばれをしているミステリーの原作を読む根性をだすのは苦痛です。

原書が英語なら絶対英語で読みたいけれど、先が分ってしまうと、続けて読もうというモチヴェーションが涌きません。

本を読むときは自分なりに想像しながら読むのが楽しみなので、イメージがくっきりと限定されてしまうのも好きじゃないです。
だから「先に原作」派です。


だって映画なら、先に原作を読んでいても「あの話をどんな風に作ったのかな」
「他の人はどんなイメージであの原作を理解したのだろう」と少しは楽しみに見ることができますもの。

(原作じゃなくて、「映画本体の(画像やオチなどの)ネタばれ」は面白さをそぐので、避けていますが。)

しかし、『ダヴィンチ・コード』にしろ、この映画にしろ、ストーリーに関しては、どうしても「あの話をどう画像にしたのかな」以上の面白みを感じることが出来ませんでした。たらーっ(汗)

ま、それは仕方ないですね。
主役二人の「そこまでしても、そんな目にあっても、まだマジックしたいの??」という執念は鮮やかに描かれててとっても怖かったし、俳優さんの演技と画像を楽しめただけでも見る価値があったな〜ハートたち(複数ハート)
と思っております。



そんなことで、ちょっと冷めてしまったものですから、レビューを書くのが1週間遅れと、いつもにもまして亀のようなjesterでございました・・・(とだらだらと言い訳して去る。)パンチパンチ





posted by jester at 17:35| Comment(8) | TrackBack(3) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。