2007年07月26日

ハリーポッターと不死鳥の騎士団  Harry Potter and the Order of the Phoenix  その1

Harry Potter and the Order of the Phoenix (ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団)、すごく良かったです!

Harry Potterシリーズの映画の中では一番良かったとjesterは感じました。
Harry Potterシリーズとしてだけではなく、映画として出来がよかったと思います!


実はjester、7月21日に発売されたハリポタ最終巻の、Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult Editionを読んでいるところです
そっちに熱中していて、こちらの更新が滞ってたほど。(映画はそこそこ見てたのですが・・・)

(『ハリーポッターを原書で一緒に楽しみましょう』キャンペーン(爆)をただいまjesterの別ブログの 「ゆきてかえりしひび」 で実施中です! ぜひ覗いてみてくださいませ)

だもんで、現在頭の中はHarry Potterで一杯。

そのせいもあるかもしれませんが・・・あせあせ(飛び散る汗)

いままで原作を全部読んで、映画も全部見てきたものとして思うに、今回の映画はとても良く出来ていました
いままでのHarry Potter映画を見て、もういいか、と思っている方はぜひ見て欲しいです。

何しろ泣けました・・・・

新しく監督になったディヴィッド・イェーツさん、監督作品を初めて見ましたが、才能あると思います。
感情の盛り込み方がすごい!
『演技指導に優れた監督』とパンフで紹介されてましたが、さもありなん。
CGとか子供だましの仕掛けに頼らず、Harry Potterを大人も楽しめる人間劇にしあげてました。


この映画の中心人物、Harry、Ron、Hermioneの3人の演技がヴァージョンアップしてました。
これは彼らが成長したのもあるけれど、監督の力によるところが大きいと見ました。
もちろん原作自体も、1巻から順を追って深い内容になってきていると思うのですが。

クリスマスHarry Potterを演じたダニエル・ラドクリフは、今までは「性格良さそうで、イギリス人っぽくシャイな感じがいいなあ〜」とは思ってましたが、今回、Harryの内面の苦しさを、ただ顔をしかめるんじゃなくて、内面からあふれる感情で演じていて、演技がうまくなったな〜、と思いました。
人間的にも成長しているのを感じました。


クリスマスそれから、映画の4作目の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のときは、「昔かわいかったのに、汚く成長しちゃったな・・・」とちょっとがっかりしていたRon役のルパート・グリントがとても良くなった

髪型のせいもあるかもしれないけど(前はすごくうっとうしかった)、演技から力が抜けて、かえって迫力がでていた感じ。
あまり表情を作りすぎてなくて、クールに見えます。

おかげでHarryの添え物としてのRonじゃなくて、個人として魅力のあるキャラクターになっておりました。


クリスマスHermioneのエマ・ワトソンも、やはり演技が知的になってきてすごくよくなったと思います。
前はセリフを言うだけで必死、という感じだったのに、安心してみていられました。
もともと顔だちは美しい女優さんだから、これからが期待できます。
シックなセーターの着こなしも学生らしくて爽やかで素敵でした。


雪原作ではかなり重要なキャラクターであるNevilleを演じるマシュー・ルイス君も、前回は「これであの役がこなせるのか?」と心配だったけど、今回はちゃんと『変わり者だけど、味のあるキャラクター』になってましたね。

ただし映画の中ではNevilleの誕生日に関するエピソードがカットされていたので、あのエピソードは映画では使われないのでしょうか?
それはちょっとショックでした。


bl.jpgぴかぴか(新しい)そして脇役陣の演技達者は相変わらずなんですが、今回すごく怖かったのは、なんといってもBellatrix Lestrangeを演じた、ヘレナ・ボナム=カーター!! 

その迫力はさすがとしかいいようがありません。
後半しか出てこないのですが、彼女が出たおかげで、Death Eaterの怖さが10倍になりましたね〜

美しい人なのに、完全に狂気と邪悪さを演じきっていて、作品の質を上げてました!
出演料がかかっても、いい役者さんをつかう価値ってすごいあると感じました。


ぴかぴか(新しい)それはUmbridge先生を演じたイメルダ・ストーンにもいえること。
彼女の演技のよさがあってこそ、Umbridgeの邪悪さがリアルに伝わってきて、Harry Potterたちの苦悩に共感できると思います。Umbridge先生については、次回もっとゆっくり書きたいと思います。



ただし、あれだけ長い原作を1本の映画にするのですから、脚本は大変だったと思います。
多分「これだけのベストセラーだから、観客は原作を読んでいるだろう」ということを前提に書かれた脚本かな、と思いました。
だから、原作を読んでいないと、話が分りにくいかもしれません。


その辺を含めて、肝心のストーリーについてもまだまだ書きたいことがたくさんあって、 続く・・・であります。(殴パンチパンチ



posted by jester at 08:55| Comment(14) | TrackBack(9) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。