2007年08月29日

レッスン! TAKE THE LEAD

アメリカの荒れた高校で、居残りクラスの生徒に社交ダンスを教え、子供たちは賞金が出るコンテストを目指す・・・・という実話ベースの映画。

というと、前回書いた「フリーダム・ライターズ」に似てると思われるかもしれませんが、それよりは「サルサ!」とか「ダンシング・ハバナ」とか「Shall we dance?」、「セイブ・ザ・ラストダンス」などなどをミキサーに入れて、が〜〜っと回して造った映画、という感じで、最初からどこかで見たようなお話。
先が読め、そのとおりに話が展開します。


でも、終わった後、単純なjesterは、家の中で歩いていたら家族Bに「なに? その歩き方。Shall we dance?でも見たの?」と聞かれました。(くそ、読まれておる!)

ぴかぴか(新しい)主人公を演じるアントニオ・バンデラスがとにかく素敵でした♪

相変わらずラテン野郎なんだけど、フランスの血が入っているという設定で、かなり優しくてジェントルマン。
ダンスも上手だし〜〜(その割に踊るシーンがないけど)
一人で夕ご飯作って食べているところなんかも、きちんと食べてるところがなんか妙に素敵なんですよ。
女性が通ると、必ず立ってドアを開けてあげるしね。またそれがとても似合ってます。


ぴかぴか(新しい)それと、「小説家を見つけたら」「コーチ・カーター」で印象的なロブ・ブラウンが光ってました。

ま、彼が演じると、
「今は荒れてるけど、きっと頭がいいんだろうな」という風にどうしても見えてしまいます。
きっと現実にも頭のいい子なんでしょうね。



ぴかぴか(新しい)それから、ヤヤ・ダコスタも綺麗だった。
彼女、いつもノートを広げて何かを一生懸命書いているんですよ。
ま、そこが「読み書きお絵かき変態」のつぼだったわけで・・・(殴


雨ただし・・・映画としての出来はいまひとつ・・・。
「フリーダム・ライターズ」と比べると、作り手の愛情が感じられませんでした。

ピエール・デュレインという人間に焦点があるのかと思うと、描き方がたりない。
彼がなんで高校生にダンスを教えたくなったのか、あれじゃ全然つたわりません。

道で車を壊している高校生を見て、「この荒れた心を、社交ダンスで癒してやろう!」(?)と突然思いついた、という設定なんですが、説得力がないんですよね。
変わり者に見えるだけ・・・・
彼自身の生活も妻に先立たれて、ダンス教室の受付の人といい感じ、ぐらいで、特に内部には踏み込んでないし。


かといって、荒れる生徒たち一人ひとりの心の動きに焦点があっているのかというと・・・・、これも細やかな描写がなくて、生徒たちに共感が出来ない、とてもありがちで幼稚な脚本です。

実話といっても、ピエール・デュレインさんが本当に教えたのは小学生だそうです。
それじゃあ映画にならないから無理やり高校に設定したのでしょうね。

小学生に社交ダンスを教えたい、というのなら、ピエール・デュレインさんの気持ち(社交ダンスを広めたい)もわかるのですが。
そしてそれが、子供たちがお互いを思いやる気持ちにつながった、と考えるととても自然です。



それじゃあ、作り手には社交ダンスに愛情があるのか、というと、それもないんですよ。
タンゴのセクシーな踊りを見て、あれほど荒れていた生徒が素直に急にダンスをやりたくなるというのもちょっと説得力がないしなあ・・・。
そしてあのラスト、社交ダンスのコンテストがヒップホップのクラブ状態・・・・
真面目に社交ダンスをやっている人は怒るでしょう・・・。


というわけで、作り手が何を伝えたいのか、焦点が絞れていない脚本だという気がしました。
ストーリーにちゃんとした人間観察の深まりを期待してしまうjesterには期待はずれ。


ただ、ハッピーエンドですし、ダンスシーンは楽しいので、普通に「ヒップホップとかダンスが好き」な人にはいいかもしれませんね。


とにかく、ワルツステップで歩きたくなることは請け合いですだ黒ハート


posted by jester at 09:36| Comment(11) | TrackBack(2) | ら行、わ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。