2007年09月02日

天然コケッコー

原作のくらもちふさこさんの漫画が大好きなもんで(ん?最近のこのパターンが多いなあ??)見てまいりました。


原作の、今の日本の美しい農村風景と、そこでのんびり暮らす中学生たちの生活は、ちゃんと映像化されてました。

美しい田んぼやら人気のない海の美しさに堪能しました。
特に皆が泳ぎに行く海。
上のほうから取った映像がエメラルドグリーンでとても綺麗でした。


スゥエーデン映画の「やかまし村の子供たち」を思い出すような、全員が家族みたいな小さな村のお話。

(でももっともっと青い空が撮れなかったのかな?
向日葵のバックの空が、いまいち青くなくて、欲求不満。
海だってもっともっとその美しさを一杯撮って欲しかった!)


ストーリーは「そよちゃん」が中学を卒業するまでの話で、流れはほとんど漫画そのままですが、・・・いかんせんテンポが遅く、長い暗転が多すぎで、すこしいらいらした部分も。
それから村と町の距離感もわかり辛いのでは?


演技がまた、間をすごくとっているのですけれど、一部の俳優さんたちの演技力がついていってないので、みんな下向いてるというようなシーンが多くて、間延びしちゃってます。

あまりアップを使わず、遠くからカメラを回してるのが多いのですが、それもちょっと失敗かな。


ぴかぴか(新しい)右田そよを演じた夏帆というひと。(有名な人ですか?)
ミツアミが似合うし、素朴な感じが出ててなかなかかわいかったです。

でもね、そよちゃんは、単にかわいいだけじゃなくて、いろいろ考えてる賢い子なんだよね。
その辺が・・・あせあせ(飛び散る汗)


原作に思い入れが大きいだけに、キャスティングにも不満が出てしまいました・・・。

そのなかで、「おお!イメージそのまま!」だったのは、「さっちゃん」。黒ハート
かわいかったです!


天然コケッコー (1) (集英社文庫―コミック版)

「都会に生まれて都会にしか住めないネズミ」のjesterは、原作の「田舎のスローライフ」というのにあこがれちゃうんです。

そして、日常の細かい喜びや驚きや悲しみをとても細かくひろって、なんでもない少女の毎日だけれど、実はとてもファンタジーで冒険なんだよ、というのを丁寧に描いているものですから・・・

それを期待してしまったjesterは、どうしても原作とくらべてしまって、映画ではその辺がささっと流されちゃうのが、ちょっと期待はずれだったんですよね〜


でもいっしょに見た友人は、鳥取の米子出身で、撮影された場所に近いところに住んでいたせいもあって、
「とってもなつかしかった!癒された!」と申しておりました。

「でもね〜〜、ああいう狭い社会って、息つまるのよね〜」という本音もちらり。
ふむふむ。


映画だけみてがっかりした方は、ぜひ原作を読んでみてください。
ちょっと絵にくせがあるので、好き嫌いがあると思いますが、なんかしみじみ「少女の頃の自分」を思い出してしまう、切ない漫画です♪


posted by jester at 10:07| Comment(6) | TrackBack(0) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。