2007年11月10日

グッド・シェパード THE GOOD SHEPHERD

この映画、もう終わっちゃうんですね〜
いい映画だったのに、人気なかったのかしら?

というわけで「THE GOOD SHEPHERD(グッド・シェパード)」ですが、これ、公開されてすぐに見ました。
(レビューが遅い! 1つ書くのにすごく時間がかかってしまいます。(汗))

CIAの前身から活躍し、CIAの中枢になっていった男。
しかし、家族からは孤立し、友人との信頼関係もない『誰も信じられない男』になっていく苦悩・・・・

時間軸ががんがん飛ぶのに、ずっと主人公のエドワード(マット・デイモン)が同じ服装・同じ顔・同じ表情、に見えるもんで、時々画面の左下に出る日時をしっかり頭に入れていないと、今の話がどこの時代なのかわからなくなります。

それを踏まえていれば、アメリカの支配階級に君臨するエリートの秘密結社や、第二次世界大戦前後やその後の東西冷戦、キューバ危機・ピッグス湾事件等のころのアメリカの内情などがよくわかって、すごく面白い!!

情報の操作や漏洩が現実にこういう形だったのかはわかりませんが、ありえる話で、ぞっとしました。

なんか教科書で習ったのと違う、生きている人間が動いている歴史模様がたまらなく知的刺激になりました。

派手なアクションもなく、心理描写とドキュメンタリーのような事実の羅列なのに飽きずにみられるところは、脚本がどれだけ優れているかの証明だと思います。


耳の不自由なローラと出会う図書館のシーン、謎のVTRを少しずつ解明していくシーン、浮気した女がスパイと見破るシーン、二重スパイだとばれた男にヴァイオリンを弾かせて、それに聞き入るシーン、などなど、印象的なシーンがたくさんあり、3時間あまりの長尺ながら、飽きずに最後まで見られました♪


国家に忠実にあろうとしつつ、その陰謀の一端を担ぐことになり、次第にねじれていく、無口で頭はいいけどオタクっぽい(?)青年に、マット・デイモンがぴったり。

ラストシーンの小さな後姿。
背中が苦悩に満ち溢れておりました。決して幸せではないが、あそこまで来たらNo returnなんですね〜
せっかくフレデリック教授(マイケル・ガンボン)が命をかけて「早く足を洗わないとこうなるぞ」と教えてくれたのにねえ・・・


ぴかぴか(新しい)あとね、妻のクローバー役のアンジェリーナ・ジョリーがすごく綺麗だった・・・黒ハート
今までみた中で一番綺麗に見えました。

役柄としては共感できない女性で、初対面の男性をあんなふうに誘惑して強引に結婚に持ち込んだりしなくても、あれほど美しいのだからほかにいくらでも口はあるし、あんな強引な方法では幸せになれるはずがないとなぜ分からないのだ!!と思いました。

つまりはクローバーはおバカなんですね、はっきりいって。
自分で考える力がないの。
自分中心にしか回りのものを見られないから、自分の思い通りにならないと理解できない。

結婚してからも、仮にも諜報部員の奥さんともあろう人があんなに教育されていないってことはありえないと思う。
こういう関係の妻になった友人が何人かいますが、彼女たちは間違っても夫の職業に関しての失言なんてありえません。
というか、海外に赴任する夫についていく普通の会社員の妻だって、もうちょっとわきまえてますよ。

夫が情報の仕事につくとは思っていなかったとはいえ、結婚って愛情だけじゃなくて、一種の契約ですからねえ・・・

もし何も知らないから「私の夫はCIAよ」なんて友達にいっていたとしたら、それはそういうことを教えなかった夫の責任だと思いますが、とにかくありえないでしょう・・・・と思いました。
ま、夫も妻と相互理解しようという気が無かったのだから仕方ないか。

それにしても、アンジー、ファッションもメイクも綺麗でした。
見とれちゃいました・・・・


耳の聞こえないローラ役のTammy Blanchardも知的で素敵でしたけどね。


ぴかぴか(新しい)監督のロバート・デ・ニーロは、出演もしていて「スター・ダスト」での女装好きの海賊とは全然違う、糖尿病の男。
にこやかに「誰も信じるな」と繰り返して言う姿が、いかにも暗いイメージでした。


ぴかぴか(新しい)Michael Gambonさんがよかった!
Harry PotterのDumbledore校長先生よりこっちのほうがよかったわ〜
ゲイの(?)大学教授でスパイ・・・・というと、サー・イアン・マッケランがやったらどうなのよ、って感じですが、ガンボンさんがぴったりなんですよ〜


それから息子役のEddie Redmayneがコーラスで歌う声が美しかったです。
演技も、寂しさから父を激しく求めつつ、その陰で実は激しく憎んでもいる愛憎裏表一体の表情が良かったです。

そのほかの脇役もみんな良かったですが、アーチとか友人たちはもうちょっと個性的な人がいると、人間の見分けがわかりやすかったと思う。



実はこれを見たあと、dimさんとこで、「ボーン・アルティメイタム」のジャパプレでみたマット・ディモンがすごくかわいかった、という記事を読みました。

そのときはね、「ふ〜〜ん・・・」と思ったんですよ。正直申し上げて。

でも、そのさらにあと、テレビで「学校に行こう」とか言う番組にマットが出ているのを偶然見て、「ええ〜マットってこんなに爽やかだったの???」と驚きました。

なんか口笛を吹く少女と青年と一緒に、一生懸命口笛吹いているのが可愛らしくて。
日本人のタレントのほうが、出演者を馬鹿にしているような態度に見えたのに・・・疲れているだろうに、馬鹿にしたりせずに真摯に受け答えしてるのが、好印象でした。
(まあこの番組ではジョニデとかHarry Potterのダニエル・ラドクリフとか、どの人も素顔はとても真面目で真摯な感じで素敵なんですけどね。日本のタレントってなんであんなに擦れた感じなんでしょう・・・)

ですっかり、マット感を改めた私なんで、今日から公開の「The Bourne Ultimatum 」は心を入れ替えて鑑賞いたします。はい。

しかし・・・・
「THE GOOD SHEPHERD」を見てたときは、やっぱりいつものマットだわ、と思ってみてたんです。
マット、ごめん。

暗くて、表情がなくて、お宅っぽいヤツ。
「リプリー」のときとおなじじゃん・・・
そんな感想しかもてなかったのでした。



posted by jester at 12:36| Comment(11) | TrackBack(2) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。