2007年11月21日

潜水服は蝶の夢を見る マチュー・アマルリック♪

「ミュンヘン」からずっと気になっているマチュー・アマルリックが主演する「"Le Scaphandre et le papillon"(潜水服は蝶の夢を見る)」のトレーラーを劇場で見ました!

「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」を今日、有楽町シネカノン2丁目で見てきたのですが、(こちらのレビューはまた後日・・・)その前にこの映画のトレーラーが流れて興奮。

nouilles-sauteesさんところでレビューを読まさせていただいて、いつ日本に来るのかしら・・・と思っていたら、突然トレーラーが始まったので「おお!来た!!」とびっくりしました。


突然脳梗塞で倒れ、左目以外は動かせなくなってしまった男性が、20万回の瞬きで書き上げた自伝を元にして作られた映画・・・・

瞬きだけで本を書くというのもすごいし、それを手伝った人もすごいです。

映像にしたら一体どんなになるのだろうと思っていましたが、マチューの演技、トレーラーで見ただけで素晴らしかったですわ〜〜

ジョニー・デップも切望した役だそうですが、それもうなずけます。

来春公開ということで、とても楽しみです!

The Diving-bell and the Butterfly


ところで原作も読みたいと思っていたのですが、フランス語で読むとなると1年ぐらいかかりそうなので、(いや、1年ではすまないでしょう、きっと・・・・)英語訳で読もうかなと思っていたのでした。

英語版はいろいろな会社から出ています。

潜水服は蝶の夢を見る

でも和訳も再版が12月に出る模様です。
映画館でもらったフライヤーに書いてありましたし、トレーラーでも宣伝されていました。

映画がヒットしたので、なんでしょうかね?





posted by jester at 16:40| Comment(6) | TrackBack(1) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。