2008年03月05日

KAMATAKI -窯焚-

k4.jpgやっと「KAMATAKI -窯焚-」が日本公開になり、再見してまいりました。

日系カナダ人の青年が日本の窯元に住み込み、異文化のなかで傷ついた繊細(せんさい)な心をゆっくりと解放していくドラマ。
モントリオール国際映画祭で最優秀監督賞などを受賞した作品です。

思い起こせばもうおととしなんですね〜
クロード・ガニオン監督にインタビューさせていただいたのは。

その様子は
「KAMATAKI -窯焚-」その1
「KAMATAKI -窯焚-」その2
「KAMATAKI -窯焚-」その3、インタビュー壱
「KAMATAKI -窯焚-」その4、インタビュー弐
「KAMATAKI -窯焚-」その5、インタビュー参
「KAMATAKI -窯焚-」その6、インタビュー四
に以前にアップいたしました。

もうこのときに語りつくした感があるので、映画についてはもう書くことがありませんが、再見してみると、監督の言われていたことをいろいろ思い出し、味わい深かったです。

日本での公開がかなって、きっと監督も喜ばれていると思います。


posted by jester at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。