2008年03月27日

L change the WorLd

Lのファンのお友だちに誘ってもらって、映画自体よりどちらかというとその前後のおしゃべり目当てで見た映画(殴)ですが、もう見てからずいぶん経ってしまいました。(ふと気がつくと1ヶ月以上もだ・・・)
忘れないうちにレビューをアップしなくちゃ(汗)

「デスノート」原作は貸してもらって読んだし、映画のほうも見ました。

今回はそのスピンオフということで、Lが主役です。
「デスノート」を見て、Lというキャラクターが気に入った方が見る映画ですね。


子役の福田麻由子ちゃんがとても上手で可愛かった!

いろいろテレビドラマなどにもでているらしいので、jesterは今頃認識して遅すぎなんですけど、これから妙に早く色っぽくなったりしないで、自然に育っていって欲しいなあ〜

それと、タイ人の子どもの役だった福田響志くんという男の子も可愛かった。

子供が登場する映画で子役が下手だと救われませんから、この辺のキャスティングは成功してたと思います。


猫ストーリーについては、元が少年漫画ですから(といってもこれは原作が小説らしいけど)それなりの展開でして、ネタバレしてもなんだしここではあまり書きません。
しかも低予算で作られているので、ハリウッドみたいに巨額のドルをかけた画像で驚かすとかできませんからね。

まあそういう中では一生懸命つくっていた感じです。

タイでロケとかしたらしいし。
タイ人の村人の演技には笑いましたが。(だってこんなすっくり立ってて、なにか重要な役なのか?と思ったら、ぜんぜんただの通行人だったり(笑))


このタイロケで、生き残りの男の子を助ける役だった人(KかF?? 終わった後友人に見せてもらったパンフレットには名前が載っていたのに、忘れてしまった・・・)が英語が結構上手で、日本人じゃないのかと思っていたら日本の方でしたわ〜〜
なんていう人だったかしら。いま調べてみたけどわからん。


犬あとは、Lが背筋を伸ばして歩いたり、苦手な子供とどう仲良くしようかと悩んで、お菓子を串刺しにして人にあげたりするのをみてファンが「かわい〜〜!」って喜んでたって感じですかね。
(jesterも喜んでましたけど)


クリスマスそれと、私、工藤由紀が苦手だったんですよ。

だから映画が始まって彼女が出ているのを見たときは「ああ〜〜この人がでてるの〜」とちょっと引いたんですね。

「お湯をかける少女」のCMのとき(何年前??)は「可愛い」と思って、そののち井沢八郎の娘と聞いて驚愕しましたが、その後、映画などに出ているのを見るとあまりにヘタクソで・・・・

はっきりいって、避けてました。

英語のインタビュー見たときも、英語はあまりお上手じゃないし、話している内容も感心しませんでした。

私の好きな「世界ふれあい街歩き」というBS−hiの番組があるのですが、これのナレーターを彼女がやっていた時も、音声だけ消したいぐらい、日本語の発音が悪い。無駄な感情表現がはいりすぎて気持ち悪い。

でも今回、改めてみてみると昔よりずいぶんよくなりましたね。
演技もまあまあだし、とても綺麗に見えました。

すこし苦手意識が減った感じです。


クリスマスしかしこうして振り返ってみるとなぜか「デスノート」より好きかも知れない気がしてきました。

比較すると全体的にこじんまり地味ですが、まとまっていた気がします。
「デスノート」は筋を追うのに必死、という感じだったけど、こちらは人間描写にも時間を割いていたし。


ただし、ウッチャンナンチャンの南原くんは余計でした。
演技は下手だし、彼のことをよく知らないわたくしは、なんなの?この人は、という感じで・・・


猫え〜〜まあ日本映画ですし、jesterの守備範囲外の映画なので、評価するのもなんなんですが・・・・

もう公開も終了に近づいてるし、ここは素直にいってしまうと、映画自体のできは客観的に見て
☆☆(お暇なら)、ぐらいでしょうか・・・・

ま、それなりに楽しんでは見られました。



posted by jester at 09:50| Comment(4) | TrackBack(2) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。