2008年04月05日

ノーカントリー NO COUNTRY FOR OLD MEN

country5.jpg

凍てついたノースダコタの一面の雪景色と、荒涼としたテキサスの草原、と舞台は違うとはいえ、コーエン兄弟の「ファーゴ」のセルフリメイクのように感じました。

お金に目がくらみ、人生を狂わせる男たち。
それを醒めた視点で見ている地元の警察官。

「ファーゴ」の味付けがコメディであったのに対し、こちらは「サスペンス」の味付け。

同じ視点から見て、12年経ったアメリカはどう変化しているのか。

コーエン兄弟とはあまり相性が良くないかもと思っているjesterですが、今回の作品はそれにしてはわかりやすかった気がします。
「サスペンス」の作りがしっかりしていて、引き込まれます。

また、丁寧な画面作りは一貫していて、緊張感もあり、作品としての完成度は高く、突き放されたように感じるラストと後味の悪さを差し引いても ☆☆☆3/4 の価値はあったと思います。

でも重すぎて、jesterはまた見たいとは今のところ思いませんけれど。

(ああ〜〜レビューが難しいです。
書いては消し書いては消ししてしまう。)


ところどころに登場する、純朴そうで気のいいアメリカの片田舎の「Old Man」たち。
彼らは、殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)の前に、まるでちっぽけな虫けらのように命をとられていく。

「ファーゴ」ではピーター・ストーメアが演じたグリムスラッドという犯罪者と同じに、シガーも人間の命をとることをなんとも思っていない。
うるさいハエを殺すのと同じ。

そんな犯罪者を追う、「Old Man」の一人がトミー・リー・ジョーンズ。

原題、「NO COUNTRY FOR OLD MEN」はいまや善良なOld Manが住むべき場所はこの国の中にはなくなってきているのだという意味で、この映画のテーマにもなっているといえるでしょう。

コーエン兄弟は「ほら、これが人間の本質の中に存在するものだよ。そしてそれが良心に抑えられることがない人間が、じわじわとウィルスのように増殖しているだろう?」と指摘する。

彼らのように、何も感じずに他人の命を奪えるものは、例えば戦争中なら英雄になれたのかもしれない。

しかしそういう感覚を持ったものが平和な小さな町の片隅にもじわじわと侵入してきているという事実は、こういう形のアルマゲドンもありなのか、なんて思わせます。

他者とのコミュニケーションのなさが、他の人間を人間と知覚せずに危害を加えても、何も感じないことの原因になっているのかもしれません。

何でもパソコンとかテレビゲームのせいにする気はないのですが・・・
それにしても、人間同士のコミュニケーションの不足がこういうものの原因であるとすれば、その一端に、画面を通じてしか人とコミュニケーションをとれなかったり、痛みを伴わず敵を倒すようなゲームを子供のころから好んですることがないとはいえない気がします。

今、現在日本で起こっている犯罪でも似たような感覚を持つ犯人はざらにいますよね。
『誰でもいい、人を殺したかった』『人を殺せと声がした』なんていう動機をニュースで聞くたびに、底知れない恐怖を感じます。

「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記 (文春文庫)

先日、神戸児童殺傷事件の親が書いた手記を読んだのですが、ごく普通の家庭環境で、ごく普通に育てたはずの子供でも、まるで悪魔が憑いたように、命を奪っても何も感じないものにそだってしまうことがある。
彼が、逮捕された後も、面会に来た母親に向かって「人間の命もゴキブリの命も同じなんだ」と発言するシーンが恐ろしかったです。

結局どうしてこういう「殺人に無感覚」な人間が育ってしまうのかは、実は親にもわからないのですね。

・・・・と、映画の話とずれてきてしまいましたが、そんな『病んだ現代』(といっても舞台は1980年代ですが)の恐ろしさを見せ付けられた気分がして、見終わったあとはずし〜〜んと重くなりました。


猫殺し屋シガーを演じたハビエル・バルデムは、アカデミー賞の助演男優賞をとりましたが、あれって主演じゃなくて、助演だったの?(爆)
ボンベで至近距離からバス!って死んだ本人も死んだことが判らないような方法も斬新ですごかったけど、なんといってもシガーの存在感が巨大で、確かに得体の知れない不気味さが良く出てました。
「酷い髪型をさせられた」と受賞後のスピーチで文句を言ってましたね。本人も嫌だったんですね、あの髪型。(爆)


リゾートトミー・リー・ジョーンズは、若い頃は信念をもって任務についていたけれど、今は年老いて諦観を持ってきた保安官ベルの役で、ちょっと「逃亡者」の時の刑事が年とったような感じでしたが、彼が主演ということなんでしょうね〜
よろよろしながらも大活躍を最後に見せてくれるのかと思ってましたが・・・・
でも確かに彼のセリフに、いろいろ考えさせられるものがありました。
最後の彼のセリフに救いがあったと見る方もいるみたいですが・・・・、私は救われませんでした。

善良な年寄りが安心して暮らせる国への強い憧憬と希求がテーマにあるのかもしれませんが、それよりも動かしがたい諦観を感じ、カタルシスさえ感じられず、ただ現実の重さがのしかかってきてしまいました。


いろいろ印象的なシーンがありました。
例えば、保安官ベルが、シガーの後を追っていて、シガーの飲み残したミルクを飲むシーンなど。
しかし犯人が飲みかけのミルクを飲んでしまうって、そこにCSI科学捜査班はいないのか?? ・・・という問題じゃないんですけれど。

同じ椅子に座り、ついていないテレビに彼らの影が映りこんでいる画像とか、無機質で冷たい感じがして、とても上手だな〜と思いました。


犬jesterが一番共感したのはルウェリン(ジョシュ・ブローリン)で、まあ臆病なわたくしのことですから、同じ立場になっても、とてもじゃないけどあんなお金を持ち逃げなんかできませんけど、
「早く発信機を窓から投げ捨てて!!」と叫びたくなるし、
「もしあたしだったらお金をどこに隠すだろう」なんて低次元な事をかなり真剣に考えちゃいました。(殴)

どこにでもいそうなおっさん、でも実は「ナム帰りでサバイバル系」というキャスティングが、つい応援したくなるんですね。


コーエン兄弟はアカデミー賞のコメントで「好きなことをやってこれて評価されて嬉しい」みたいなことを言ってましたね。
確かに二人とも、映画作りが好きなんでしょうね。

無駄な音楽を省き、風の音や発信機の音、足音などで緊迫感を守り立てる辺にも彼らの実力を感じました。

jester好みの作品とはいえないけど、それなりにメッセージが伝わってきて、監督は映画作りの愛情があるな〜とは感じました。


posted by jester at 12:59| Comment(12) | TrackBack(8) | な行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。