2008年06月09日

スパイダーウィックの謎 THE SPIDERWICK CHRONICLES

「カスピアン王子の角笛」のレビューで、エドマンド役のスキャンダー・ケインズ君が成長が早くて
「うんま〜 人様んちの子はふんとに大きくなるのが早いわね〜」
なんてびっくらしたのですが、それとくらべて、フレディ・ハイモア君って、なんかいつまでも変わらないイメージがあるのですが・・・・

これって登場率が高いからそう感じるだけなんでしょうか・・・・

でも今回は性格の違う双子の兄弟を演じ分け、少し声変わりも始まった感じで、フレディ君も微妙に(殴)成長しているのね、なんて思いました。


あらすじ: 両親が離婚して母親と森の奥にひっそりとたたずむ屋敷に引っ越してきた3人の姉弟マロリー(サラ・ボルジャー)、ジャレッド(フレディ・ハイモア)、サイモン(フレディ・ハイモア)たちは屋根裏部屋から謎の書を発見する。そこには大叔父アーサー・スパイダーウィックの“決して読んではならない”という警告のメモが記されていた。(シネマトゥデイより)

という感じで、まさにファンタジーの王道です。

LotR以降「壮大さ」が売りのファンタジー映画が多い中、家の周りで起きた出来事を中心にしていて、その小粒さも悪くありません。

ファンタジー好きのjesterは大いに楽しみましたし、本好きにはたまらない、素敵な「妖精図鑑」が出てきますので、☆☆☆☆−でした♪


****以下、ネタバレないですけど、映画の内容には触れてます。未見の方、ご注意ください!****


ぴかぴか(新しい)フレディ・ハイモア君の演技上手はいまさら書くまでもありませんが、今回も見事でした。

『アーサーとミニモイ』も楽しかったけど、今回は途中から人形アニメになることもなく、ずっと実写のままで頑張ってます。

子役の演技のよしあしって、映画に入り込めるかどうかの重要なポイントなので、フレディ君が引っ張りだこなのも納得です。

もうすぐジョナサン・リス・マイヤーズが彼のお父さん役というため息もの(ジョナサンもそういう歳なんだ)の「奇跡のシンフォニー」も公開ですね♪ 楽しみです。
(もちろんこの邦題には物言いありですが・・・)

(しかし「スパイダーウィック」も見たのがやはり1ヶ月ぐらい前なので、レビューを書こうとしたらなんだか話がミニモイと混ざってしまい、
「おばあちゃんはミア・ファローだったな」
などと混乱しております・・・ううう・・・・)パンチ


犬脇役も演技達者が占めてます。

『マイ・ブルーベリーナイツ』で印象的だった、アーサー叔父さん役のデビッド・ストラザーン、そして、どのCGより本物の妖精っぽく見えたルシンダ叔母さん役のジョーン・プロウライト(爆)などなど、実写で出てくる俳優さんも安定した演技を見せてくれて、安心してみていられます。

CGの妖精たちも、蜂蜜を食べれば幸せになる本の番人のシンブルタックをはじめとして、楽しいキャラクターがそろっています。



ストーリー展開はわかりやすくて、お子さんが見てもよくわかる作りです。

また、サイドストーリーとして、親の離婚を受け入れられなかった子どもが母親との軋轢を乗り越えて成長していく様子なども描かれて、心理描写もちゃんとあり、大人が見ても見ごたえがあると思いました。


猫ただ、最後の戦いのシーンはかなり激しくて、妖精たちが襲ってくるシーンはまるで「アイ・アム・レジェンド」か!という感じで、子供向けにしては恐すぎじゃないの?と思いました。

最近の映画ではこういうのが『お約束』なんでしょうか・・・

今どきの子どもは、テレビやゲームなどでバトルシーンには慣れているのかもと思いますが、あまり小さい子が、暴力的な刺激に慣れてしまうのは良くないと思いますので・・・

悲惨な事件が起こるたびに、目撃者の証言で
「まるで映画みたいだった」
っていうコメントが出ますけど、あれがjesterは苦手です。

現実のようではなかった、という驚きからの発言だとおもうのですが、その中に、傍観者である自分と、すごいものを見てしまったという興奮の表情がどこかに読み取れることが多くて、被害者やそのご家族にとっては、「まるで映画みたいだった」どころではないのに、なんて感じてしまうんですね。

だからというわけでもないのですが、映画の暴力シーンやらバトルシーン、テロリズムのシーンなどには、
「見慣れたくないな〜。こういうものに鈍感になりたくない。」
と常日頃から思っているjesterでございます。


閑話休題。


しかし最近、ファンタジーなどはどこでもすぐに吹き替え版だけになってしまう・・・
六本木まで行かないと、字幕でやってくれないの。たらーっ(汗)
なんとかならんかのお。
子どもは字幕を読むのが大変? 
それと、字幕って誤訳が多くて当てになりませんからねえ・・・
(吹き替えが誤訳がないかどうか、見たことがないのでよくわかりませんが)

六本木も遠くないからいいんですけど・・・ぶつぶつ。


posted by jester at 22:12| Comment(6) | TrackBack(7) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。