2008年07月13日

奇跡のシンフォニー AUGUST RUSH

とにかくジョナサン・リス・マイヤーズがでるっていうので、噂の段階からとってもとっても期待していた『AUGUST RUSH』。

しかもフレディ・ハイモア君の父親役?? なんて盛り上がっておりました。

まあ、なんか邦題がすごいことになっているので、やな予感もしてたのですが・・・・

公開されて5日目に早速見てきました。(相変わらず今はむかし・・・です・・・あせあせ(飛び散る汗)

august2.jpg

うむむ〜 

これはジョナサンのプロモーションビデオですか? というほど、ジョナサンファンには嬉しいアップの連続で、目が釘付け。
歌も演技も、ファンの方には嬉しい作品でしたでしょう。


でもお話はちょっとご都合主義。パンチ(殴
というか、リアリティがない『奇跡の』ファンタジーなんですね。
そこに酔えるかどうかがこの映画にひたれるかどうかのポイントだと思うのですが・・・

ファンタジーならもっと思いっきりファンタジーの作りにしてくれないと、乗りそこないます・・・


出だしの麦畑シーンで「歓びを歌に載せて」的な展開を予測したjesterのお好み度は ☆☆+ ぐらいでした。(涙


なので、辛口です。
この映画がお好きな方はどうぞスルーしてくださいませ。


****以下、ネタバレあります。映画の内容に触れてます。未見の方、ご注意ください!****



クリスマス   クリスマス   クリスマス    クリスマス 

  

俳優さんたちは、良かったんですわ。
ジョナサンは歌も演技も○で、もちろんのこと、ハイモアくんも上手いし、ケリー・ラッセルも「ウエイトレス」の時より綺麗に見えました。
(入院シーンの顔は怖かったけど・・・・)

(あ、ロビン・ウィリアムズは今回jester的にはだめでした。
だって彼が出てきた時点で、ある程度話の先が予測できちゃうんだもん。)


出だしの辺の、周囲のすべてに音楽を聴くハイモア君のシーンはよかったんですけどね〜
すべてのものに音楽があるって本当だと思います。
純粋そのものっていう感じのハイモア君の演技も素晴らしかった。

アーサーやホープが歌うシーンも、声が綺麗でうっとり。
歌が上手いっていいな♪と思いました。

あとね、ジョナサンとケリー・ラッセルが恋に落ちるシーンもなかなかでした。


こ、これはいけそうだ!と思って見ていて、・・・だんだんに見ていて恥ずかしい展開に・・・。

ギターも最初はたたいてるだけだけど、それで弾き方までわかるか?とか、パイプオルガンの操作が見ただけでわかってひきこなしちゃうとか、いっくら音楽の天才でもあれは絶対ないだろう・・・というエピソードが次々とでてきて、どんなにジョナサンにうっとりしていても現実に引き戻されてしまう。
自分がその楽器を楽器を本当にやっている人なら「ありえね〜〜!」と頭をかきむしるのではないでしょうか・・・
(jesterもギター弾きの端くれなので、納得できませんでした。)

しかも、仮にも自分の孫なのに「死んだ」といって孤児院送り・・・いくら娘可愛さでも、そんな爺さんいるだろうか?? 
普通の学校も出ていないのに、ジュリアードに突然入って、書いた曲がコンサートで?? などなど、細かい突っ込みどころは満載過ぎて、まあ〜 いちいち書きませんけれど・・・

天才話は好きなjesterなんですが、あまりにキャラクター作りが荒くて・・・ちょっと酔えませんでした。


猫映画が進むと、まさか最後に偶然関係者があつまってばったり会って・・・・めでたしめでたしじゃないでしょうね!!
とまた嫌な予感が・・・(爆)

こういうパターンって、中国映画によくありますがね。


犬まあこの映画を見たのが、リアリティにあふれた『Eastern Promises』と、すぐれた脚本の『Juno』を見た直後で、しかも一緒に見にいったのが、『Eastern Promises』を一緒に(試写会&初日)みたどっぶりヴィゴ道の先輩だったこともあり、ふたりでぶつぶつ文句を垂れながらそのあとご飯を食べて帰ってきましたとさ。

(大体あの曲はシンフォニーではありませんし・・・。あせあせ(飛び散る汗)




posted by jester at 11:22| Comment(19) | TrackBack(6) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。