2008年07月28日

西の魔女が死んだ

鑑賞してからまたまた1ヶ月以上経ってしまいましたが、「西の魔女が死んだ」でございます。

梨木香歩さんの原作『西の魔女が死んだ』は愛読書でした。

家族Bにも読ませて一緒に長年『魔女修行』に励んでいたぐらい大好きな本だったです。

だからもちろんわくわくして映画の公開を待っておりました。

映画は本当に原作に忠実に作られていました。
セリフも展開もほぼ同じに進みます。
静かでゆっくりしたテンポで。
みどりが滴るような画像も綺麗。日本の美しい自然に癒される。
ラストはそれなりにしんみり。

友人たちと4人で鑑賞したのですが、私以外の3人は泣いていて、そのうち2人は爆泣きしてました。
(後記;その時は3人とも爆泣きしてると思いましたが、お一人はそれほどでもなかったということです)
(また、爆泣きしてた中の一人は、前夜『The Road』を読んだのでそれもあってより泣いてしまった!といってましたが・・・・)
(ヴィゴが主演する映画『The Road』の原作本のレビューはこちらです♪)

なのにjesterは泣けなかったのです・・・。

帰ってきてから原作を読み返したりして、その辺を探ってたのですが・・・・・

おばあちゃんの家とか、日本の山の美しい風景とか見られたし、雰囲気も良かったので、落ち着いて考えるとjesterのお好み度は ☆☆☆ ぐらいだったかなあ・・・?

でもまた「原作大好きだったからシンドローム」が出てしまった感じで、しかも映画を見たあとなんだか大好きだった原作まで安っぽくなってしまった感じがしてしまいました。

(なのでこの映画大好きなかたは以下、読み飛ばしてください〜)

クリスマス   クリスマス   クリスマス   クリスマス   クリスマス


梨木香歩さんは文学の修行をイギリスでなさった方で、作風に外人が見た日本のような独特の切り口があって好きなのです。

この「西の魔女」に出てくる「おばあちゃん」も白人で、日本の学校で、友人たちとうまく行かなくなった孫娘に「魔女修行」をさせるというお話です。

「魔女修行」といっても、結局は「生活を大切にし、意思を強く持って生きる」ということに尽きるのですが。


猫多分わたしの中に、見る前からサチ・パーカーという女優に対するあまり良くない印象があったのであります。

いつもはネタバレを避けて、映画を見る前にその関係の番組を見たりはしないのですが、ムービープラスかなんかで公開前のインタビュー番組が偶然かかっていて、サチ・パーカーがしゃべっておりそれを見てしまったのですね。

7.jpg最初は「西の魔女が死んだ」の番組とは知らず、
「だれ、このやけに派手なおばさんは」と思いつつ見ていて、気がついて「あ!!やば!!」という感じですぐに消したのですが、一瞬で「この人は『西の魔女』じゃない・・・・」という印象が深く焼きついてしまいました。

まだ「おばあちゃん」の役をやるには若い彼女だし、インタビューの時には本来の女優さんの姿に戻ってますから、「おばあちゃん」に見えなくても当然なんですけどね。

なんというか、この女優さん、本質的に『西の魔女が死んだ』で語られる「魔女っぽい」ものが全くない感じがしてしまい・・・。

(↑確かこの画像の衣装と化粧で番組の中でしゃべってました。
彼女の気持ちは分かるのですが、目いっぱい派手な若作りがjesterには違和感ありました・・・)


実は予告を見たときも、無駄な色気を感じて
「あれ? この人で大丈夫かなあ?」
と彼女が演じる「おばあちゃん」に不安があったんですよね・・・

このインタビューを見てそれが強まりました。
自分が『おばあちゃんの役』をやるのに実は納得がいかなくて、どうにか『まだ美しい私』をアピールしたがっている感じとでも申しましょうか。

しかしそこは女優なら、いっくら老け役が嫌でも、映画の中なら違うかも・・・?とその不安を打ち消してました。

でも映画を見ても、それを克服するだけの女優魂とか演技力がサチ・パーカーに感じられず、彼女の湿っぽ〜い目つきと、綺麗に膨らませた髪型やらつるぴかの手に、
「ちがうじゃん・・・」と違和感を持ったまま最後まで見てしまいました。
(『西の魔女』は湿っぽい目つきで演じちゃだめなんです!!)


猫原作を読んだ時は特に人種の優越などを意識することなく、日本の社会で馴染めなくなった人が、異文化から日本の中にやってきてしっかりした意志の力で自分を保ちながらも回りに適応して生きている人に教えられること、という感じで素直に受け取っていたのです。
が、映画を見たらなんだか・・・

「おばあちゃん」の人間的魅力が伝わってこないので、その分、日本人の「白人への憧れ(劣等感?)」みたいなものがそこはかとなく感じ取られて、それはそれでちゃんと理性を満足させてくれるものがあれば多分jesterも納得がいくのに、映画を見ているだけではどうも素直に納得できませんでした。

それもこれも、やっぱり「サチ・パーカーの演じるおばあちゃん」がjesterには駄目だったからみたいです。パンチ


ちなみに、この役、始めはサチ・パーカーの母、シャーリー・マックレーンにオファーがいったそうですね。
ぜひぜひシャリー・マックレーンにやって欲しかったです!!!!(jester心の叫び!)
ああ、シャーリー・マックレーンで脳内変換してみるだけで泣けるかも。

どんなに日本語がたどたどしくても、シャーリー・マックレーンならドライで哀愁を帯びた瞳で、心が痺れるような『西の魔女』を演じてくれたと思う。たらーっ(汗)


しかし原作未読2人、既読2人という構成で見に行った中で、他の人たちは感動して泣いていて、しらけていたのは私だけだったみたいなので、あのサチ・パーカーおばあちゃんもOKな人にはOKなんだろうなあ・・・・

「みんな感動してるみたいだし、ここのところはひとまず、私の意見はいわずにおこう」
と、映画後のお茶では静かに人の話を聞いていたjesterなんですが、その中の一人があとで映画にいけなかった友人に送ったメールで

「みんな泣いていたのに、jesterだけは腹の虫が鳴いていた」とあったらしく(爆)

いや〜〜 確かにそうでした!(しっかりばれてる!)(汗)

しーんとした中でjesterのハラの虫だけが無常にキュルキュル鳴いて感動に打ち震える映画館に響いてしまったのであります。(横にいたひと、ごめんなさい!)


その上、このロケ地が早くも観光地化して、「おばあちゃんの家を訪ねるツアー」があるとかないとか・・・(汗)
うむむむ。
(シャイアに行きたくてニュージーランドまでいってしまったあたしにいわれたくないでしょうから強制終了。)



とまあ、ひとり拗ねてしまったわたくし、その後も原作を読み直しても昔の感動がよみがえらず、途方にくれております・・・・たらーっ(汗)



posted by jester at 09:17| Comment(6) | TrackBack(1) | な行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。