2010年02月15日

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(MAN SOM HATAR KVINNOR/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/MILLENNIUM: PART 1 - MEN WHO HATE WOMEN)

jesterは活字中毒なんで、たいてい原作→映画という順序で鑑賞することが多いのですが、これはになりました。

内容的には、前回酷評した「ラブリー・ボーン」と重なる部分が多いのですが、それなのに、か、だからこそ、か、コチラは ☆☆☆☆− ぐらいあげてもいいと思いました。

映画館の帰りに、原作の3部作を買い込み、ぐおおおおお〜〜と読んでいる最中です。

でもこれ、原作を読んでから映画をみていたら、きっと星が一個ぐらい減っていたと思います。

原作のほうが面白いもん!(殴

読んでから見たら、きっと
「映画だけみた方は、わかったのでしょうか?」
なんてさかしげにコメントしていたかも。

(今までにも原作→映画の順に鑑賞したものは、こういうコメントが多かったな〜と反省しておりまする。)

でも映画だけみたら面白かったので、やっぱり今のところ、 ☆☆☆☆−あげてもいいかな。

原作と比較しない、というスタンスで。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上『このミス』なんかで入賞し、ミステリー好きからは高く評価されていた原作ですが、原題、MAN SOM HATAR KVINNOR = MEN WHO HATE WOMEN = 女たちを憎む男たち から感じるイメージが悪く、ぱらぱらと書店で見て、なんとなく食指が動かず、読まないでいた本でした。

英語訳で読もうかと思っていたので、英語の本をパラパラしたのですが、しょっぱなからスウェーデン経済&ジャーナリズムの難しい話しと、なれないスウェーデンの名前やらコングロマリットやら会社名やら地名がいっぱい出てくるなあ〜 どうやって読むのかわからなくて、音に出来ないから、おぼえられなくてわからなくなりそうだな〜 しかもなんか込み入った話らしいなあ〜 描写が細かい分テンポが遅そうだし、長いし疲れそうだな〜 という感じで、英語力の乏しさゆえに、書棚に戻してしまったのでした。

しかし、この原作は、ミステリーとしては上出来です。
テーマは好きな部類ではないけれど、著者の確かな知性も感じられます。

ま、原作については読書ブログのゆきてかえりしひびのほうでまたゆっくり語るとして、ここでは映画について。
(本の感想は こちらにあります)

20091005007fl00007viewrsz150x.jpgこの映画でまず惹かれるのは、ノオミ・ラパス演じる天才ハッカーの主人公、リスベットの魅力です。

ニューヒーロー(ヒロインだけど)の登場といっていいでしょう。
そのぐらいかっこいい。

しかも例えば、アンジェリーナ・ジュリーが演じるアクションヒロインのカッコよさと違うの。

子供のころからあらゆる痛みと戦い、本意でなくとも鍛え抜かれてしまった鎧と武器で、残酷な現実を生きていく女性・・・・

ニコリともせず、男性に媚びるところは全くなく、人を頼ることもなく、高い知性と洞察力と才能で、自分に出来ることを淡々としていくカッコよさ。

孤独を怖れず、自分だけを信じて、殻に閉じこもっているけれど、その奥に秘められた真実探求への強い気持ちは、正しいものへの愛にあふれている。

社会的には異端とされ、差別されながら、とりまくブタ野郎(失礼しました)をがしがしやっつけるバネのようなしなやかなフィジカルな強さもしびれます!

猫行け行け! リスベット! ぶっ飛ばせ!!!

と応援したくなるのでございます。


335133view005.jpgそして、その相手がなんとあなた、ミカエル・ニュクヴィストさんですもの。

「歓びを歌に載せて」で役柄に惚れちゃったのですが、なにせあの作品でしか彼を見てなかったもんで、他の作品でも好きかしら?と不安でしたが、やっぱり良かったです!

この人、アップになるとお肌がとってもきちゃないんですが、顔だちはいいんですよね。

リスビットがつくったファイルの中に、この方の若い頃の写真が挟まっているのですが、一瞬見えたそれが 「ガエル・ガルシア・ベルナルに似てる!!!」 のでした。

・・・つまり、ガエルも年取って、シワが増えて、太ると、こうなると。
(いやそれはわかりませんが)

優しそうで、暖かそうで、正義感にあふれ、不器用なほど真面目なかんじの役柄にピッタリでした。


内容についてはミステリーなので触れないほうがいいと思いますが、かなりバイオレンスな描写は満載で、そういうのが苦手なjesterはつらかったです。
(この辺が☆☆☆☆に−をつけた理由です)

それでも尚、見終わった後、「この映画はおもしろかった〜」
といえる映画でございました。


またもやスウェーデン映画のjester的評価がぐぐっとあがった本作です!

ちなみに映画だけご覧になった方は、原作をお読みになることをお勧め致します。

映画ではしょられていて、疑問に思ったことがかなり解決致します。



・・・しかし、ラストのリスベットのカッコ。
あれって男性観客へのサービスのつもりかしら?

最初のパンクなカッコのままのリスベットでバイクをすっ飛ばしていてほしかったなあ〜


posted by jester at 11:25| Comment(6) | TrackBack(1) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。