2010年02月18日

インビクタス/負けざる者たち INVICTUS

I am the master of my fate.

I am the captain of my soul.

 

ネルソン・マンデラさんをモーガン・フリーマンがやって、監督がクリント・イーストウッドで、助演にラグビーのキャプテン役でマット・デイモン・・・・・

と、こう聞いただけで、大体どんな映画かわかります。(きっぱり)

そして、その通りの映画でした。(きっぱり)

それでも感動しました。(きっぱり)

作り手の伝えたいことがはっきりしていて、それが見る人にストレートに伝わるように作られ、ズ〜ンとくる、意図が成功している映画でした。


以前、『マンデラの名もなき看守』で24のデニス・ヘイスバードがマンデラをやったとき、
「デニスも良かったけど、モーガン・フリーマンを出せ!」
とわめきましたが、まさにそのとおりになったわけで、ま、ちょっと背が高めだけど、やっぱりマンデラを演じさせるならモーガン・フリーマンだな〜 と思ってみておりました。


I am the master of my fate
I am the captain of my soul

というのは、William Ernest Henley の詩ですが、マンデラさんは27年間の刑務所暮らしで、この詩によって、勇気付けられ、頑張ってきたのだそうです。(全文を一番下に引用しておきますね)

これをモーガン・フリーマンが、あの声で、あの口調で、ゆっくりと朗読するのですから、それだけでもう心にしみてきちゃうのですわ。


ストーリーは実話ベースで、95年のワールドカップでのお話なんですが、『スポ根物』ではありません。

テーマは 赦しと始まり とでもいえるかな。

つまりはマンデラさんの生き方に感動しちゃうのですね。
すごい人だなあ・・・・

自分の主張が通って選挙に勝ったとき、今まで圧制に苦しみ、差別と戦ってきた人たちに、

「今までの恨みをあげつらって仕返ししても、なにも始まらない。今は被差別者も差別者もない。国民として心を合わせて、新しい自分たちの国を作っていこう」
と説いていくシーンにはいろいろ考えさせられました。

(日本にはこういう政治家はいないのか??? 国会中継をみていると憂鬱になりまする・・・・)

マンデラさんの日常のエピソードや、それに感動して変わっていく人間関係なども盛り込まれて、あれがリアルだとすれば、まことにマンデラさんは尊敬に値する人物です。


というわけで、マンデラさんに敬意を表して ☆☆☆☆− です。


映画の後半はほとんどラグビーの試合で、満員のスタンド、プレイしている選手、喜んでるマンデラさんや国民たちが映るだけなんですが、そこまでで感情移入しているので、試合の経過には気合が入ってしまいます。


スポーツをツールとして人の心をまとめるというのは、マンデラさんだけじゃなくて、ヒットラーなど歴史の中で為政者たちがやってきたこと。

国対国の試合になれば、愛国心が涌き、いがみ合っていた人たちも心を一つにし、和解することができる。

それは確かなんだけど、その時の高揚感はひと時の事。
その後にどう舵取りするのかが、政治家としての手腕なんじゃないか。


コミュニケーションが薄くなっている現代で、サポーターといわれる人たちがチームの勝敗で盛り上がれるのも確かに楽しいだろうし、集団への帰属意識が味わえて、幸せになるかもしれない。

けれど、自分は苦しいトレーニングを経るわけでもなく、比較的簡単にハッピーになれる分、現実逃避の部分もあって、その帰属意識は冷静になって現実を見つめれば、結構もろいものかもしれない。

フーリガンまで行かないにしても、熱烈なサポーターの言動を見ていると、jesterは少々懐疑的なスタンスなんでございます。

まあ、マンデラさんだってそんなことは充分承知で、それでも、あの歴史的選挙の後の分裂した国をまとめるのに、一つの手がかりとしてスポーツを使い、それに成功したということなのでしょう。


その後の南アフリカを見ていると、まだまだ問題は山積しているようですが、非力なわたくしは、なんとかあの国の人たちが問題を乗り越えて、幸せになってくれるように祈るのみです。


(あと、個人的にはNZのハカが好きなので、試合前のハカのシーンで喜んでました。)




OUT of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll,
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

(Invictus by William Ernest Henley)






posted by jester at 11:26| Comment(14) | TrackBack(6) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。