2010年03月12日

Born of Hope (ボーン・オブ・ホープ)

Ringers(The Lord of the Rings の映画ファンのこと)の力はいまだ衰えず・・・・と思わされたのが、Born of Hope でございます。

The Lord of the Ringsの一ファンが、Aragornの生まれる前後の話を原作の小さなエピソードから膨らませて、自主制作で作ってしまった映像なのですが、これが自主制作とは思えないほどの素晴らしい出来。

PJが作った、といわれても、私は納得してしまう。

まずは You Tube で見られるトレイラーからどうぞ。




オークのメイク、小道具、野伏たちの扮装、すべて愛がこもっておりまする。

作ったのは女優のケイト・マディソンさんというかた。
自分の私財を投げ打って、その上、募金も募って作ったというこの作品、プロ顔負けでございます。

Aragornのお父さんなんか、後ろから見ると、まるでAragornみたいなんですよね〜〜


本編は50分以上ありますが、 こちら から見られます。
字幕もついてます。

jesterは去年指輪仲間、Ringersの一人から教えてもらい、今年に入ってやっと終わりまで全部見たのですが、なんか指輪熱が再燃した感じでした。

ファンサイトなどでもかなり盛り上がってましたね〜〜

そしてたまたま今日、Ringersの仲間たちとあっておしゃべりしてきたのですが、中に何人か、まだ見てないという人がいたのでした。

なので、じゃあブログにアップしとくから、見に行ってみて〜といって帰ってまいりました。

これは、Ringersは必見、元Ringersの皆様にもぜひぜひ見て欲しい作品です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。